50代の転職で成功する人と失敗する人|エージェントが救世主になる







50代は会社員人生の集大成とも言える期間になるでしょう。また、老後まで残り10年から15年と老後資金の貯蓄もラストスパートをかけたい時期です。

その時に転職をすると言うのは一大決心でもあり、失敗できない人生の大きな決断となるでしょう。

そこで今回は、50代の転職で成功する人と失敗する人についてお伝えしたいと思います。

50代の転職環境は非常に厳しい

まず、50代の転職環境は非常に厳しい年齢であることは当事者の方が一番感じていることでしょう。採用する企業側も50代を雇用することにリスクを感じているものです。

50代を雇用するリスク

  • 希望年収が高い一方で売り上げを作ることが難しい場合が多い
  • 教育するコストと収益化できる期間が釣り合わない
  • 企業文化に合わない場合に個人の考えを変えることが難しい

上記のリスクから30代、40代に比べる50代の求人数は激減することになります。結果として転職難易度が非常に高くなると言う訳です。

50代の転職を成功させることができる人

では、上記の雇用リスクを超えて必要とされる人材はどのような方なのか確認してみましょう。企業側が50代に期待することはおおきく2つあります。

高度な専門知意を有している

1つ目は、これまでの経験通じて培った専門知識です。例えば、IPO前の企業にとっては過去にIPOの準備段階を経験した優秀な管理本部長が必要な場合があります。

このような時は、50代でも主要幹部として迎えられるケースがあります

他にも技術職で人に依存する技術などを有している場合は、年収維持からアップが期待できる可能性があります。最近では大手上場企業から専門技術に目を付けられベンチャー企業へ転職するケースもあります。

人脈が豊富

2つ目は人脈が豊富であり企業の課題を解決することができる。ということでしょう。

50代になると昔の知り合いが各企業で主要幹部となっているケースもあるでしょう。大企業で取締役を担っている場合もあります。

人脈が豊富であれば、キーマンへの直接の接点を作ることが出来るので営業戦略で苦労している企業や財務面で金融機関の攻略に苦労している企業などから重宝されるでしょう。

50代の転職が失敗してしまう人

50代で転職を成功させることができる人の特徴をお伝えしましたが、「おい、ちょっと待って。私は営業成績が抜群だ。過去に何度も表彰されている」という方もいるかもしれません。

このような資格や技術職以外でのスキルはあまり重宝されないケースがあるのです。その理由は、先ほどの雇用する企業のリスクである「教育するコストと収益化できる期間が釣り合わない」という理由です。

若い方で実績が豊富であれば、教育し十分に活躍してもらえると思いますが、50代ではその期間が短い上、給与が高いのです。それであれば若い方を採用しようと思うのが一般論でしょう。

その他にも50代の転職を成功させることができない人の特徴を確認してみましょう。

50代で主要な役職がない

50代になると多くの方は課長なり部長なりの役職がついていることでしょう。

この時に平社員の方(専門的な技術職の方を除く)は正直転職は厳しいと思いましょう。そのため、現在の会社でなんとか生き抜くことを考えた方が良いです。(身体的、肉体的な限界は除く)

課長級の方は担当される仕事にもよりますが、大企業であれば課長だけで数百人いるケースも珍しくないのでこちらも転職は厳しいかもしれません。やはり50代の転職ステージに上がれるのは部長以上と言えるでしょう。

専門知識を有していない

50代の部長でも油断は大敵です。先ほどお伝えしたように専門知識を有していない場合や人脈が少ない場合は、依然として転職が決まらないか大幅に年収を下げての転職になってしまうでしょう。

ただ、諦めるのはまだ早いのです。

専門知識を有していない場合は、いかに自分アピールするのか。また、そのアピール内容が企業の課題解決にどう必要であるのか企業に理解させることでまだ勝ち筋があるのです。

そこで活用したいのが「転職エージェント」です。50代の転職における救世主について解説を行います。

50代で転職を成功させるならば転職エージェントを活用すべし

転職エージェントを活用する理由は、企業側と転職者のマッチング精度にあります。

通常の転職エージェントは、企業側に入念なヒアリングを行い、どのような人材を必要としているのか。その人材はなぜ必要なのか?クライアント(企業)の課題を入念にヒアリングし紹介する人を選定します。

そのため、通常の一般応募では書類審査を通過しない場合も転職エージェント経由であれば面接までは行ける確率が高まると言えます。

その他にも転職エージェントを活用するメリットは以下の通りです。

転職エージェントを活用するメリット

  • 履歴書や職務経歴書の作成サポートをしてくれる
  • 50代の転職者に沿った志望動機をアドバイスしてくれる
  • 転職者が気づいていない魅力を見つけてくれる

一番重要なポイントは「転職者が気づいていない魅力を見つけてくれる」という点です。

転職者が当たり前だと思っている場合でも、実は貴重な専門知識がある。という場合があります。さらにはピンポイントであなたの専門知識やスキルを必要としている企業がいる場合があります。

この双方の利害関係を知ることが出来る転職エージェントは50代の強い味方になるでしょう。一般の求人情報誌では実現できないメリットになります。

必ず登録しておくべき転職エージェント

それでは、どの転職エージェントに登録するべきなのか。確かに転職エージェントごとに特色がありますが、50代の転職の場合は正直「運」という側面が大きくなります

したがって、1つの転職エージェントに絞るというよりは複数の転職エージェントに登録してしまいマッチング機会を増やすほうが得策と言えます。

また、どの転職エージェントに担当してもらえるかでも転職成功確率が変わってきます。優秀なエージェントが付くかどうかも運次第になりますので、複数登録しチャンスを増やすようにしましょう。

必ず登録しておくべ転職エージェント

50代でも転職活動をした方が良い人

そもそもなぜ転職するのか?リスクのある50代の転職は一度冷静に考えることも必要でしょう。ただ、以下に該当する方は転職の意思に関わらず行動することを検討した方が良いかもしれません。

50代で転職活動をした方が良い人

  • 退職金が支給されない
  • 待遇面が劣悪であり定年まで体が持たない

1つ目の退職金が支給されない会社にお勤めの場合は、老後資金が十分に足りている場合を除いて、一度転職活動をしてみましょう。

60歳や65歳までと期間は短くなりますが、少しでも退職金が支給され給与維持の待遇であれば、結果として転職成功となる可能性があります。

※老後資金は夫婦で5000万円が目安です。詳しくは「老後資金の必要額|夫婦二人で5000万円の貯蓄が必要な理由」をご参照ください。

2つ目に該当する方は一人で悩むのはやめましょう。

待遇が悪い場合であれば、そもそもの水準が低いので現状維持でより働きやすい環境が手に入る場合や実績がある方であれば給与が少しでも上がる可能性があります。

諦めずに行動することが重要になりますので、まずは、転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

50代で転職が成功する人、失敗する人についてお伝えしました。

基本的には厳しい環境であると認識しつつ、専門的な知識や人脈が豊富な方は積極的に行動しましょう。また、退職金が支給されない場合や待遇が悪い場合も転職活動しても良いと言えます。

その際は以下に該当する転職エージェントを活用しチャンスの機会を広げましょう。

転職エージェントは複数登録することをおすすめします。

必ず登録しておくべ転職エージェント









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。