アクティブシニアの今|インスタグラムやfacebookを使いこなすEx (エクス)インフルエンサーとは







アクティブシニアという言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。もはや、広く一般的な言葉であり、定年後に趣味などの活動に意欲的に取り組む元気なシニア世代のことを指した言葉です。現在は65歳で定年を迎える方が増えていると多いますが、仕事は終わりを迎えても体はまだまだ元気。というシニアの中で、Ex(エクス)イフルエンサーと呼ばれるインスタグラムやfacebookなどを使いこなす新しいシニア世代が話題を呼んでいます。

Ex(エクス)イフルエンサーとは何か?

LIDDELL株式会社のプレスリリースより発表がありましたが、近年、影響力の高い人物を指した言葉に「インフルエンサー」という言葉を使います。これは、若いモデルさんなどが中心に呼ばれていたのですが、近年、シニアでもインフルエンサーとして活躍する方が増えているとのことです。そこで、趣味などを意欲的に取り組み、老後の生活をより豊かに楽しむ50代以上の影響力のある(インフルエンサー)アクティブシニアを“人生を楽しむ匠”の意味を込めて“Expert”、“Experience”などの頭文字から「Ex (エクス)インフルエンサー」と呼ばれるようになりました。

インスタグラムやfacebookなどのSNSを使いこなす

この影響力のあるアクティブシニアであるEx (エクス)インフルエンサーはインスタグラムやfacebookを巧みに使いこなします。若者では、なかなか行けないような味のある飲食店や旅行などこれまでの長い人生経験だからこそ発信できる世界観をSNSを通じて発信しているのです。

50代はSNSの利用が当たり前!?

このような話を聞き、「そうそう私も使っている」という人もいれば「それは本当に一部の人間」と思う方もいるかと思います。実際に50代以上はSNSのサービスを活用しているのでしょうか?2017年5月に各種SNSの利用状況をまとめた情報が掲載されていましたのでこちらを参照してみましょう。

利用者数50代60代
facebook5,025,0005,160,000
インスタグラム1,082,000921,000

なんと、facebookに至っては50代、60代を合わせると1000万人近くの方が活用しているようです。加えて、インスタグラムも200万近くのユーザー数がいるのは驚きです。確かに50代であればまだまだ現役世代でfacebookを積極的に活用している方もよく見かけます。それでもインスタグラムと聞くとやはり20代から30代のサービスという印象を受けますが、それでも200万近くのユーザー数がいることは、シニアもwebをよく利用していることがわかります。

アクティブシニアがSNSを活用するメリット

アクティブシニアがSNSを積極的に活用している理由の多くは、充実した生活を発信することや思い出の記録であったり、生活をより豊かにするためであると想像がつきます。実際、SNSをシニアが活用するとどのようなメリットがあるのか解説します。

アクティブシニアがSNSを活用するメリット①:ビジネスに繋がる

Ex (エクス)インフルエンサーと呼ばれるように、周囲に影響力の高いシニアになることは、実はビジネスチャンスがあります。あなたが使った物を欲しいと共感してくれるシニアが現れたり、あなたの実績を知った企業が再雇用したいと申し出があったり。食べ歩きが趣味で全国の美味しいお店を紹介していたら書籍化される可能性もあります。超高齢化社会に突入する中で、シニアを顧客とするビジネスが増えているので、Ex (エクス)インフルエンサーのような宣伝効果の高い方に仕事が来る可能性が高まるのです。

アクティブシニアがSNSを活用するメリット②:生活の刺激になる

ただ、Ex (エクス)インフルエンサーは、簡単にはなれないでしょう。そこに至るにはたくさんの投稿やオリジナルな情報や体験を発信する必要があることから、まずは、自分のことを少しずつ発信することが良いかもしれません。これは、一度発信をしていただくことで分かるかもしれませんが、繋がりのある方からのリアクションが日々の生活に刺激を与えてくれるでしょう。

アクティブシニアがSNSを活用するメリット③:交流が増える

上記のように情報を発信していくと交流が増えてきます。老後には社会的孤立という言葉あるほど、孤独とは真剣に向き合う必要があります。孤独になると誰とも話をしない日が続くため、認知症や老後のうつ病などを発症してしまう危険性もあります。SNSを通じて交流を作ることで、老後の孤独から脱却し充実した老後の生活が送れることになるでしょう。

せっかくの老後の生活は楽しまなければ”損”

老後の生活はやはり時間にゆとりが生まれますので、趣味などを通じて様々な活動に力を入れたいものです。充実した時間を過ごすことは、いつまでの若々しく元気でいる一番の秘訣でもあります。一方で充実はさせたいが、資金面が不安で趣味などにお金を使う余裕がない。という方も多いのが昨今の老後の実態と言えるでしょう。

このような場合に活用できる制度としてリバースモーゲージがあります。金融機関が提供するリバースモーゲージは老後の生活にゆとりをもたらすことを目的にしていることから資金用途が原則自由という金融機関が多いのが特徴です。

リバースモーゲージは住宅を担保に借り入れを行う制度

リバースモーゲージは、金融機関から借り入れをしますが、通常の借り入れと異なるのが、住宅を担保にし、その担保で返済を行うという特徴があります。また、返済は債務者が亡くなった後になりますので、生きている間は金利の支払いのみになります。そのため、アクティブシニアとしてもっと老後の生活を楽しみたいという方は、リバースモーゲージで借り入れをすることも一つの選択肢と言えるでしょう。

SNSがきっかけで生活が豊かになる

老後の生活がSNSをきっかけでより豊かになる可能性があります。特に趣味や様々な活動を積極的に取り組むアクティブシニアの方は、現在の活動をSNSで伝えるだけですのでハードルは高くないでしょう。加えて、老後の趣味がなく模索中の方は、このようなアクティブシニアやEx (エクス)インフルエンサーから情報を集めることも一つの手と言えます。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。