探偵に住所特定を依頼する場合の費用と違法となる調査方法を解説







住所特定とは、行方が分からない人の住所を調査し特定することになります。

例えば、「お金を貸した相手が音信不通になり訴状を送るためにも住所を知りたい」など、住所を知らなければ訴状を送付することも出来ず裁判を行うことが出来ないような場合に活用します。

ただし、探偵も犯罪行為に協力することは出来ませんので、「アイドルの住所を特定して欲しい」など犯罪行為を助長するような調査は断っていると言えます。

また、仮にお金を貸した相手だとしても調査方法によっては違法になる場合もありますので、今回は、探偵に住所特定を依頼した場合に、合法な調査方法と違法な調査方法をご紹介したいと思います。

探偵が住所特定をする方法

探偵に住所特定を依頼する場合に「合法」の範囲で出来る調査方法は「聞き込み、尾行、張り込む」となります。原則、この調査方法以外は認められていないと考えて良いでしょう。

ではなぜ、探偵の調査方法に制限があるのか?という点ですが、探偵には「探偵業法」と呼ばれる法律が存在しており、この法律に定められた調査しか実施することが出来ないとなっているのです。

「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として、面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいいます。」

引用:警察庁「探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要」

警視庁の公式サイトを見ると、「面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査」と記載があるように、探偵に認められた調査は、探偵自らが足を使い調査を行う方法のみになります。

では、「携帯番号からでも調査可能」と宣伝する探偵事務所は、「実地調査」をしていると言えるのか?と疑問感じる事でしょうが、これは「実地調査していない」ので違法調査となる場合があります。

携帯番号から住所特定するのは違法

そもそも、携帯番号から個人の住所を特定することは出来るのか?という点ですが、これは可能と言えるでしょう。

携帯電話を契約する時は「住所を記載する」ことになりますし、「携帯番号とセットに住所を記載する」ケースも多々あります。要は、この情報を仕入れてしまえば「住所特定が可能」という訳です。

携帯番号から住所を特定する代表的な方法は以下になります。(全て違法調査になります)

携帯番号から住所特定する方法

  • 電調と呼ばれる方法で本人から直接住所を聞き出す
  • 名簿屋から個人情報を買い取り照会する
  • 携帯ショップの店員を買収する

などの調査を行うことで、以外にも携帯番号から個人の住所が特定されてしまうケースがあります。特に、名簿屋や情報屋と非常に多くの情報を保有していることから実際に活用しているケースが多いと言えます。

携帯番号から合法の範囲で住所特定する方法

上記のように、困っていたとしても違法な調査を依頼することは出来ないですし法令を遵守する探偵事務所からは断られると言えます。

それでも、携帯番号しか手掛かりが無いような場合はどうするべきか?この答えについては、刑事事件の場合は「警察」に相談し、民事事件の場合は「弁護士」に相談するようにしましょう。

民事事件の場合は、弁護士が弁護士会を通じて「電話番号からの名義人特定」を行ってくれますので調査が可能と言えます。ただし、費用は発生してしまいますので、弁護士に見積もりを取得するようにしましょう。

また、刑事事件の場合は、電話番号から知り得た情報を被害者に報告するようなことはありませんが、相応な対応は行ってくれるでしょう。

探偵に住所特定を依頼する場合の料金相場

さて、探偵に住所特定の調査を依頼した場合の料金は「10万円〜20万円」が相場と言えます。ただし、探偵の費用は「1時間1人あたりの単価 × 調査日数」により変動しますので、事前情報が多いほど料金が安くなる傾向があります。

その際、以下に該当する情報を知って入れば出来る限り事前に伝えるようにしましょう。

探偵に住所特定を依頼する場合に提供する情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 出身地
  • 実家の住所や前に住んでいた住所
  • 携帯番号
  • 交友関係
  • 頻繁に出入りしていた場所
  • 銀行口座の番号
  • 勤務先住所

上記に記載した情報を手掛かりに探偵は「聞き込み、尾行、張り込み」の調査から住所を特定するように行動をしてくれます。

まとめ

探偵に住所特定を依頼した場合の「料金相場」と「調査方法における合法と違法の範囲」について解説を行いました。

違法な調査依頼は、「優良探偵事務所は基本的に断る。」と言えますが、中には対応をしてくれるケースもあります。ただし、法令を遵守しない探偵事務所に仕事を依頼した場合は、後々トラブルになる可能性もありますので避けるべきと言えます。

知らなかったでは済まされないトラブルに発展しないように「探偵の選び方|依頼する前に必ず知っておくべき本当に良い探偵の基準」にて、良い探偵の選び方を解説しておりますのでご参照頂ければと思います。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。