老後の趣味に巡りたい東京のおすすめ美術館7選







歳を取ったからこそ、これまでとは異なる視点で芸術に触れることが出来るようになるものです。芸術とは縁が遠い方も老後の生活が始まってから美術館に行くことで新しい世界に出会うきっかけになるでしょう。そこで、今回は老後の趣味として美術館を巡る際におすすめしたい東京の美術館とメリットをご紹介したいと思います。

老後の趣味に美術館を巡るメリット

老後の趣味に美術館を巡るメリットには、静かな美術館でじっくりと美術品を観賞することでストレスから解放されると共に自分自身の教養を広げる機会になります。夫婦で美術館に訪れることで共通の話題を作ることもできますし、人それぞれ感じ方が異なることから他人の価値観を受け入れるきっかけになるでしょう。

おすすめの美術館①:国立西洋美術館

国立西洋美術館は、1959年4月に西洋美術に関する作品を広く観覧してもらうことを目的に設立された美術館です。また国立西洋美術館は世界文化遺産にも登録されているのも特徴で建物を見るだけでも十分に価値のある美術館でしょう。館内は迷惑にならない程度であれば写真撮影もできますので東京都で西洋美術に触れるなら鉄板の美術館と言えます。

国立西洋美術館の概要

住所
  • 東京都台東区上野公園7番7号
営業時間
  • 常設展9:30-17:30、金曜・土曜日 9:30-20:00
  • 企画展 9:30-17:30、金曜日 9:30-20:00
定休日
  • 月曜日休館 ※祝休日の場合は翌火曜
入館料
  •  一般500円
  • 大学生250円

※高校生以下及び18歳未満、65歳以上、心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館の際に学生証または年齢の確認できるもの、障害者手帳をご提示ください)

おすすめの美術館②:東京都現代美術館

東京都現代美術館は現在大規模改修中で休館となっていますが、現代美術を中心に、建築、ファッション、デザインなどの幅広いジャンルを展示している美術館です。およそ4500点のもの展示を行なっている一方で落ち着いて鑑賞できる施設が魅力です。リニューアル後にどう変わるのか楽しみにしたい美術館です。

東京都現代美術館の概要

住所
  • 東京都江東区三好4-1-1
営業時間
  • 10:00-18:00
定休日
  • 月曜日休館 ※現在大規模改修中で休館となっています
入館料
  • 常設展 一般:500円(400円)
  • 学生:400円(320円)
  • 高校生・65歳以上:250円(200円)
  • 中学生以下無料 

おすすめの美術館③:サントリー美術館

東京ミッドタウンにあるサントリー美術館はスマートフォンで音声ガイドの解説が聞けるため、誰でも気軽に楽しめる美術館と言えます。加えて、ショップやカフェが併設されておりこちらも非常に人気になっています。六本木という立地ではあるものの入館者の年齢は高めで落ち着いて美術品を鑑賞できるのが特徴です。

サントリー美術館の概要

住所
  • 東京都港区赤坂9-7-4東京ミッドタウン ガレリア3階
営業時間
  • 10:00-18:00※金・土は20:00まで開館
定休日
  • 火曜日、展示替期間、年末年始
入館料
  • 一般、学生(高校生・大学生)料金は展覧会により異なる
  • 中学生以下は無料

おすすめの美術館④:上野の森美術館

上野公園からほど近い美術館で昭和47年に開館した伝統的な美術館です。常設展示は行なっておりませんが、国内外問わず様々なジャンルの展示を行なっていることが特徴です。展示のクオリティが非常に高く人気の展示は非常に混雑しますので早めに来場することをおすすめします。

上野の森美術館の概要

住所
  • 東京都台東区上野公園 1-2
営業時間
  • 10:00-17:00※金・土は20:00まで開館
定休日
  • 不定休
入館料
  • 展覧内容により異なる

おすすめの美術館⑤:東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリーは東京駅から直結している美術館で東京駅の歴史を体現する煉瓦壁などを展示し有名になりました。駅構内にある美術館ですので東京観光帰りの新幹線の待ち時間などちょっとした隙間時間などで鑑賞できる点も魅了ですので東京に立ち寄った際は一度は訪れたい美術館です。

東京ステーションギャラリーの概要

住所
  • 東京都千代田区丸の内1-9-1(東京駅直結)
営業時間
  • 10:00-18:00※金は20:00まで開館
定休日
  • 月曜日(祝日の場合は火曜日)、年末年始、展示替期間
入館料
  • 展覧内容により異なる

おすすめの美術館⑥:根津美術館

根津美術館は東武鉄道の社長などを勤めた根津嘉一郎氏が収集した日本や東洋の美術品を二代根津嘉一郎が、昭和15年(1940)に財団を創立し翌年根津美術館が開館しました。東京都表参道にある閑静な美術館として都心の中の静けさを感じることができる美術館です。

根津美術館の概要

住所
  • 東京都港区南青山6-5-1
営業時間
  • 10:00-17:00※金は20:00まで開館
定休日
  • 月曜日(祝日の場合は火曜日)、年末年始、展示替期間
入館料
  • 特別展一般1300円、学生【高校生以上】1000円
  • コレクション展1100円、学生【高校生以上】800円

おすすめの美術館⑦:目黒区美術館

目黒区美術館は1987年に目黒区民センターの一角に開館した美術館です。決してメジャーな美術館ではありませんが、地域に根ざした穴場的な美術館のため入館者はそこまで多くありません。そのため、じっくりと観賞したい方には目黒美術館は非常に向いていると言えます。

目黒区美術館の概要

住所
  • 東京都目黒区目黒2-4-36
営業時間
  • 10:00-18:00
定休日
  • 月曜日(祝日の場合は火曜日)、年末年始、展示替期間
入館料
  • 展示内容により異なる

まとめ

老後の趣味の1つとしておすすめしたい東京のおすすめ美術館を紹介しました。美術館は心を癒し、教養を広げてくれる趣味ですので、定年退職後だからこそ落ち着いて芸術に触れる時間を作り、芸術を通じて老後の生活をより豊かにするのも老後だからこそ出来る楽しみのひとつでしょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。