介護タクシーは介護保険の適用範囲だが家族は同乗できないのはなぜ?







介護状態になると通院や施設への移動だけでも非常に苦労することでしょう。特に公共交通機関が整備されていない地域での車椅子移動はなかなか大変なものです。

そのような時に活躍してくれるのが「介護タクシー」なのですが、どこまでが介護保険適用範囲なのか。料金はどのくらい発生するのか。など疑問が多いのも事実です。

そこで今回は、「介護タクシー」について解説を行いたいと思います。

介護保険タクシー・介護タクシーの定義とは?

介護保険タクシー、介護タクシーとは、高齢者や障害者の移動を手助けするタクシーで介護保険指定業者番号を取得している業者によって運行がされております。

そして、ケアプランに「通院時乗降介助」が含まれている場合は「訪問介護サービス」として「介護保険」が適用されます。もちろん全額自己負担で問題がない場合は、介護保険適用外でも介護タクシーを利用することが可能になります。

また、「介護保険タクシー」と「介護タクシー」では何が違うのか?と疑問に感じると思いますが、高齢者や障害者の手助けをするタクシーとしては同じ意味ですが、介護保険が適用されるされないかで分類をしたいと思います。

介護保険タクシー介護保険が適用される
介護タクシー介護保険が適用されない

介護保険タクシーを利用できる方

では、どのような方が「介護保険適用範囲内」として「介護保険タクシー」が利用できるのか確認をしたいと思います。

介護保険タクシーが利用出来る方

  • 要介護認定にて要介護1以上の認定を受けている方
  • 公共交通機関に1人で乗車が出来ない方
  • ケアマネージャーが介護者において必要と判断しケアプランに盛り込まれた方
  • 自宅、有料老人ホーム、ケアハウス、サービス付き高齢者住宅に入居している方

上記に該当する方が「介護保険タクシー」を利用することが出来ますが、注意点としては、「特別養護老人ホーム」や「老人保健施設」等の介護保険施設に入居している方は、介護保険を適用した介護保険タクシーの利用ができませんので注意しましょう。

介護保険タクシーは家族の同乗が不可

介護保険タクシーの保険適用範囲をお伝えしましたが、家族の方は上記の適用範囲に含まれませんので介護保険タクシーには同乗出来ないのです。

「席が空いて入れば一緒に同乗しても良いではないか。」

と思ってしまうと思いますが、介護保険法を遵守する必要があるヘルパーさんや施設運営者は柔軟な対応が認められていない。というのが実情です。従って、無理を言わずご家族の方はご自身で手配した移動手段によって合流するようにしましょう。

介護保険タクシーの利用方法とサービス内容

介護保険タクシーを利用したい場合は、まずケアマネージャーに相談を行いましょう。先ほどの「利用できる方」でもお伝えしましたが、「ケアプラン」に介護保険タクシーの利用を認める内容が記載されていないと介護保険の適用外となります。

ケアプランに盛り込まれた場合は、ケアマネジャーの方が介護保険タクシー業者に依頼をしてくれます。

介護保険タクシーのサービス内容

介護保険タクシー内では、介護の資格を保有した運転手が乗降介助を行なってくれますが、それだけでなく必要に応じて着替えやおむつの交換なども対応して頂けます。

介護保険タクシーの車両は、車椅子から降りることなく乗車できるタイプが一般的でリフトアップするタイプや手押しタイプなど様々な車両が用意されています。

実際にどのような車両になるかは事業者によって異なることから契約時に確認を行うようにしましょう。

介護保険が適用される用途

ケアプランに盛り込まれたと言っても全ての用途で介護保険タクシーが利用できる訳ではありません。そこで、介護保険適用内になる用途と適用外になる用途を確認したいと思います。

介護保険が適用される用途

  • 通院(リハビリ、透析、整骨院は含むが鍼灸は含まれないので注意)
  • 市町村役場での各種手続きを行う場合の移動
  • 金融機関での各種手続きやお金の振込や引き落とし
  • 選挙の投票
  • 通所介護や介護保険施設の見学

介護保険が適用されない用途

上記以外でも移動することは多々あるでしょうが、以下のような用途では介護保険が適用されませんので注意しましょう。もちろん介護保険を利用しないのであれば介護タクシーとして利用することは可能です。

介護保険が適用されない用途

  • 介護保険施設(特養・老健・療養病床)に入所している方
  • 入院、退院、一時帰宅、転院などの移動
  • 買い物や知人宅への訪問
  • 冠婚葬祭や墓参りなど

介護保険タクシーの料金

介護保険タクシーについて理解が深まったところで、実際に活用した場合の料金を確認したいと思います。

まず、介護保険タクシーは「介護保険の適用範囲」となることから移動費も大きく削減できる。と思った方も多いかもしれませんが、残念ながら運賃(迎車料金や待機料金を含む)は介護保険の適用外になりますので実費負担となります。

従って、介護保険が適用されるのは、移動時に発生する介護サービスのみとなりますので注意しましょう。

介護保険タクシーの料金

タクシーの運賃(事業者により異なる)+介護報酬(単位×単価)

タクシーの運賃は事業者や地域によって定められておりますのでその基準に沿って金額が決定します。そして、介護報酬は「単位×単価」によって決まるのですが、先に単位からご説明します。

参考:障害福祉サービス費等の報酬算定構造

次に単価になりますが、地域によって異なりますので一覧表を確認してみましょう。

参考:地域区分- 東京都福祉保健局

実際に上記をもとに計算を行いたいと思います。

東京都渋谷区にお住いで、身体介助の必要がない方がタクシー料金1000円を利用したとします。30分未満の利用とした場合、「1000円(タクシー料金)+<11.40円(単価)×101(単位)×0.1(介護保険の適用)>=1,115円」となります。

地域によって価格は変動しますので利用前に確認することをおすすめします。

介護保険タクシーのまとめ

介護保険タクシー、介護タクシーについて解説を行いました。

介護保険タクシーを利用するにはケアマネジャーに相談しケアプランに盛り込むことが必須となります。また、移動に関する運賃は介護保険適用外になりますので利用の際は注意しましょう。

利用用途に応じて介護保険が適用される場合とされない場合もありますので費用を抑えるならば保険適用内で利用することをおすすめします。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。