40代の転職が上手くいかない原因と成功させるための方法







歳を重ねるごとに難しくなる転職活動ですが、40代の方はまだまだ気力も体力も高く20代、30代に負けない行動力がある。と自負している方から、正直若手に比べると腰が重たくなってきた。という方まで様々でしょう。

これは採用する企業側でも同様で前者であれば期待が出来るものの、後者であった場合は今後の活躍に期待が持てない場合もあるので選考も慎重になってしまうでしょう。

そこで今回は、40代が転職する際に上手くいかない原因と成功させる方法についてお伝えしたいと思います。

40代の転職事情

まずは、40代の転職事情ですが周知の通り、現実は厳しいと言えるでしょう。企業は採用後に一人あたりからどの程度の収益が生まれるのか?短期的な影響だけでなく中長期的な視点で物事を考えているでしょう。

従って、同じ能力の20代が選考テーブルにいる場合は、高い確率で40代は不採用になってしまうでしょう。

ただし、40代は転職が決まらないか。というと決して不可能という訳ではありません。企業が40代を採用するメリットは「即戦力」の採用です。教育にかけるコストが不要になり、入社月から活躍頂けるならば十分に転職市場でも戦っていけます。

40代で転職が上手くいかない原因

とは言え、依然として40代の転職市場は厳しい状況であることは変わりません。ここでは、40代の方が転職する際に上手くいかない原因についてお伝えしたいと思います。

年齢のせいにして諦めている

40代の方が転職活動を行うと多くの企業から「お祈りメール」が届くことでしょう。この時に歳のせいにして諦めてしまう方が多くいるのが実情ですが、根気よく転職活動を行うことを推奨します。

40代の転職活動期間は一般的には2ヶ月から3ヶ月程度と言われていますが、最後の転職と心に決めている方も少なくはないでしょう。

そのため、早く決まれば良い。という訳ではなくじっくり活動を行えるように6ヶ月程度の時間をかけて転職活動を行いましょう。

過去の経験や実績にとらわれている

40代の転職が厳しいからと言って、過去の経験や実績に固執するのは良い判断とは言えません。

もちろんどのような課題に取り組み解決したのか?など自己PRは必須となりますが、いくらの給与をもらっていた。何十人という部下を従えていた。など聞こえ方によってはプライドが高いだけの人。というレッテルが貼られないように注意しましょう。

これまでの経験をアピールしながらも謙虚な姿勢で一から始めるという部分をしっかりと伝えられると良いでしょう。

高額年収を希望している

上記に紐づきますが、40代になると希望する年収も高くなることでしょう。

ただ、ここで現職以上の給与を求めることは転職が上手く行かない原因になります。最低でも現状維持をベースに多少年収が下がることは覚悟した方が転職自体は上手くいくことでしょう。

仮に一時的に年収が下がってもスキルの高い方であれば転職後に昇給・昇格するチャンスはあります。そのため、しっかりと実績を出して認めてもらうことを優先した方が双方のミスマッチも起こりにくいと言えます。

自分中心の転職活動を行なっている

「〇〇がやりたい」と自分がやりたいことを全面に出し過ぎるのも注意が必要です。企業の求める人材像とフィットする場合は問題ありませんが、真逆になる可能性もあります。

例えば、一般的に40代になると現場での活躍というよりは管理職としてマネージメント能力を問われるケースが多々あります。この時に現場として活躍したい旨を主張してしまっては転職活動も上手くいかないでしょう。

とは言え、過去にマネージメント業務を担当されていない方もいるでしょうから、チームやプロジェクト単位で一丸となって取り組みなど事前にエピソードを用意し面接には取り組みましょう。

また、現場での陣頭指揮を期待される場合もありますが、これは事前に向き不向きを判断した上で面接に望むのか検討した方が良いでしょう。

自我が強く許容範囲が狭い

企業とはやはり人で成り立っているものであることから、採用する人材が企業文化に馴染めるかも人事担当者としては見極めたいポイントの1つです。

そのため、自我が強く許容範囲が狭い方だと企業文化に馴染めない可能性があるとして転職活動が上手くいかない場合があります。

例えば、「人間関係で苦労したことはあるか?」など人に関する質問は、その企業での適応力を判断したいという意図が隠されているケースがあります。

この時に、実際のエピソードを踏まえながら暗い話ではなくどのように困難を乗り越えたのか話せるようにしましょう。

40代でも転職が成功する方法

それでは、40代で転職を成功させるためには、どのようなことに気を付けるべきなのかお伝えしたいと思います。

汎用性の高いスキルを武器にする

同業種への転職であれば専門的なスキルを転職後も活用することが出来ますが、異業種への挑戦を検討されている方も多いでしょう。このような時に役に立つのが「汎用性の高いスキル」です。

汎用性の高いスキルとは、どの会社でも共通して必要となるスキルという意味ですが、例えば経理関係であればどの企業でも一定の共通用語が存在するでしょう。また、マネージメントにおいても業績管理や目標管理の方法など知見を活かすことが可能になります。

このような汎用性の高いスキルはどのようなものがあるのか。一度、箇条書きで書き出して見ることをお勧めします。

課題を解決できるスキルを保有している

課題の無い企業など存在しないに等しいと言えるでしょう。あたながその課題を解決できる可能性がある。と、その企業が想像することが出来れば転職活動の成功も一歩近くことになります。

この時に企業がどのような課題を抱えているかは、面接時の質問を駆使することをおすすめします。

今回、募集する職種はなぜ採用が必要なのか?どのようなKPIを任せるのか?など質問を通じて課題を把握し、適切に自己PRできると良いでしょう。

また、転職エージェントを活用することで、そのような課題を事前にインプットが出来ますので、求人の紹介だけでなくその企業の理解にエージェントを活用することもおすすめします。

素直であり熱量が高くストレス耐性を有している

40代で転職が上手く行かない原因の1つに企業文化に馴染めない可能性があることはお伝えしました、そのように人事にレッテルを貼られてしまっては転職活動もなかなか上手く行きません。

そこで、素直であることや熱量が高いことは率直にアピールするようにしましょう。また、40代の方を採用する場合は、少なからず20代よりも高待遇の準備をしていることでしょう。

その際、企業としては20代以上の活躍を期待している訳ですので、高いハードルを乗り越えられる粘り強さやストレス耐性を身につけている方を人選する可能性が高いと言えます。

そのため、過去にどのようなハードな仕事を乗り越えたのかしっかりとアピールするようにしましょう。

40代での転職活動方法

40代での転職活動は冒頭お伝えした通り、困難を極めることになりますが、実際にどのような活動を行えば良いのかお伝えしたいと思います。

自分の市場価値を把握するところから始める

まずは、自分自身が転職市場においてどの程度の価値がある人材なのか正しく知る必要があります。これは、転職未経験者によくある話ですが、1社のみだとその企業の色に染まり応用が効かない人材になっているケースがあります。

そのため2つの方法で市場価値を把握しましょう。

1つ目は、応募資格をどの程度満たしているかをチェックしてください。同業種でチェックがあまり当てはまらない場合は非常に危険ですので無理な転職は避ける方がよいでしょう。逆に異業種でも複数チェックが入る場合は市場価値が一定以上あると考えても良いかもしれません。

2つ目は、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職エージェントは複数の企業を担当しており、その企業や業界に精通している方が多いので、客観的に自分自身の市場価値を確認するにはちょうど良い存在と言えるでしょう。

多様な情報源を持つ

次に40代の転職活動で必要なことは、求人を仕入れる情報源を複数持つ。ということです。

そのため、先ほどお伝えした転職エージェントであれば複数のサービスに登録することをおすすめします。また、人脈を活用した情報の仕入れも効果的です。

人脈であれば自分自身の人柄なども分かっている事でしょうから双方のマッチング精度も高まるでしょう。逆に、求人情報誌や求人サイトは双方のニーズを確かめる手段が書類のみとなりますのであまりお勧めができません

40代の転職にはあなた自身の魅力を企業にしっかりと伝える必要があることから、転職エージェントや人脈などであなたの人柄を仲介人を通じて事前に伝えてもらった方が成功確率は高まるでしょう。

40代の転職におすすめな転職エージェント

人脈はご紹介できませんが、ここでは40代の転職におすすめな転職エージェントをご紹介します。

先ほどお伝えしたように複数のエージェントに登録し仕入れる情報量を増やした方が得策となりますので、以下のエージェントは必ず登録をしておきましょう。

必ず登録しておくべ転職エージェント

まとめ

40代の転職が上手くいかない原因と成功させるための方法について解説を行いました。

40代は転職市場において非常に厳しい立ち位置でもありますが、自分自身のスキルしっかりとアピールできれば可能性があるでしょう。

その際は素直であり情熱を持って一から始める心構えが必要になります。その点を抑えながら自分に合う企業をじっくりと選定し「焦らず諦めず」に転職活動を行うことが成功への一歩となります。

必ず登録しておくべ転職エージェント









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。