高齢者の健康不安を解消|老後に社交ダンスを趣味にするメリット







高齢者に向けたアンケート調査で特定非営利活動法人「老いの工学研究所」が老後の不安に関するアンケートを発表しました。調査データは上位20位まで掲載がされていますが、今回は10位まで上記の図にまとめています。内容を確認すると、身体的な衰えが72%、認知症が66%、外見の衰えが53%と健康面で不安を抱えていることが分かります。今回は、この高齢者の老後の不安が社交ダンスを趣味にすることで対策できる可能性がある。ということについてお伝えしたいと思います。

社交ダンスを老後の趣味にするメリット

社交ダンスはご存知の方も多いでしょう。日本でも競技人口が150万人以上もいる人気なスポーツです。この社交ダンスを老後の趣味にすることで、高齢者にとってどのようなメリットがあるのかお伝えしたいと思います。

高齢者が社交ダンスを趣味にするメリット

  • 認知症予防になる(研究が進められています)
  • 人の繋がりが増える
  • 健康的に身体を動かすため身体的な衰えの予防になる

認知症の予防になる

国内や海外で認知症予防に社交ダンスが有効である。として様々な機関で研究が進められています。日本では、国立長寿医療研究センターが調査をしています。明確な科学的な根拠が発表がされている訳ではありませんので確証は避けたいと思いますが、実際に効果が出ている事例もあるようです。その際に社交ダンスの何が良いのか?という点では、音楽に合わせてステップを踏むことで脳に刺激を与え認知症予防に繋がっていると考えられています。

ピアノも老後の趣味にはおすすめ

音楽に合わせて動きをする老後の趣味としては、ピアノも代表格です。指先を動かす趣味になりますので脳へ刺激を与えることに加え、初心者でも始めやすいことがポイントです。

老後の楽しみ方|ピアノを趣味にするメリット・練習方法・費用を紹介

2017.06.06

人の繋がりが増える

高齢者のリスクには「孤独」あります。夫婦であれば良いのですが、死別するなどで単身者になってしまった方や生涯独身の方など社会的孤立が問題になっています。社交ダンスは、レッスンを通じて様々な方と繋がりが増えますので社会的な孤立を防ぐことに加え、夫婦の場合は共通の趣味を持つことで会話が増えるきっかけになるでしょう。

社会的孤立は老後破産の危険も

社会的孤立は孤独死などのリスクもありますが、その手間に老後破産の危険性を秘めています。孤独は高齢者のとって大きなリスクとなりますので社交ダンスをなどきっかけに打開する方法を検討しましょう。

【高齢者の社会的孤立】はどのような影響が!?対策しなければ老後破産につながるリスクがある

2017.03.31

健康的に身体を動かすため身体的な衰えの予防になる

高齢者の方はどうしても運動不足になりやすく、身体が衰えることでより出不精になってしまう傾向があります。社交ダンスを始めることで楽しく身体を動かすことができますので、高齢者の不安で一番多い「身体的な衰え」の予防に繋がります。転倒などによる怪我の防止や背筋を伸ばしますので腰痛改善にも効果があるでしょう。最近は社交ダンスの先生が監修した猫背矯正ベルトなども発売されていますので腰痛に悩む方なども良いかもしれません。

老後の不安は健康だけでない

老後の不安は健康だけではなく、その他にも老後資金や住宅など生活面での不安があります。ただ、老後の不安の多くは知識不足が故に不安になっているだけということもよくありますので以下の記事を参考に老後の不安を解消させましょう。

老後の生活は何が不安?すっきり解消させるための4つの方法

2017.05.05

社交ダンスの練習方法

それでは、社交ダンスは何からどのように始めたら良いのかをお伝えしたいと思います。

社交ダンスの始め方

  1. 社交ダンスのスクールを見つける
  2. まずは身体を慣らす(練習着を購入しましょう)
  3. ある程度上達したらドレスの購入も検討
  4. 大会への出場も挑戦可能

社交ダンスの教室を見つける

まずはどの社交ダンスの教室に通うのか複数の教室を比較しましょう。この時のポイントは、「初心者コース」、「上級者との交流」、「初期費用」の3点に重点を置くと良いでしょう。初心者コースは基本的にどの教室も用意されていますが、実際は上級者ばかりに時間を使い、初心者の練習が充実していないなどがあります。また、上級者と交流があるのは練習の励みになりますので継続率が上がります。最後に、初期費用ですが、最初は動きやすい服装からでも始められる教室の方が良いでしょう。長く続くか分からない段階でドレスなどの支出は家計にとって負担になるかもしれません。

まずは身体を慣らす

初心者向けの教室であれば同じレベルで練習が可能ですので近しい方と交流が生まれるでしょう。お互いに社交ダンスをきっかけに会話も生まれますので新しい出会いにつながります。また、先ほどの通り初心者の段階はドレスの購入を控え、動きやすい服装から始められると支出が抑えられますのでおすすめと言えます。

ある程度上達したらドレスの購入も検討

ある程度上達すると、もっと上手になりたい。もっと高いレベルで練習したいと思う方も出てくると思います。このタイミングくらいでドレスを購入するとより練習に身が入るようになります。ドレスは高いものですと数十万円の物もありますが、練習で使う物などは5千円程度で購入が可能ですので、無理に高いドレスを買わないように注意しましょう。

大会への出場も挑戦可能

老後の趣味と言っても目標があった方が練習への取り組み方も変わるでしょう。ネット動画で社交ダンスのステップを確認するなどこのクラスになると本格的に社交ダンスに取り組みしていると言えるレベルではないでしょうか。この時は多少ドレスへの出費を増やしても良いかもしれません。

社交ダンスの費用

社交ダンスは一見非常にお金のかかる老後の趣味に見えます。高齢者の生活を担保するためにも大きな支出は避けたいものです。実際にどのくらいの費用が発生するのかお伝えします。

社交ダンスの費用

  • ドレス購入費用:5,000円から10万円以上(ドレスによって変動)
  • シューズ購入費用:8,000円程度
  • ウェア購入費用:1万円程度
  • レッスン費用:7,000円から15,000円(週1回程度の通った場合の費用)

本格的に取り組みをすれば何十万もするドレスを複数用意するなどお金は非常にかかりますが、老後の趣味として社交ダンスを行う場合は、毎月1万から2万円程度の支出で済むでしょう。大会への出場費はパートナー費用や出場費なども合わせると8万円程度の支出が出ることもあります。ただ、パートーナーが配偶者であればその分の費用は削減できますし、夫婦の良い思い出になるのでせっかくならば大会に挑戦するのも良い取り組みだと思います。

本格的な社交ダンスに取り組むためにお金が必要な場合

社交ダンスだけでなく高齢者になり、老後の趣味で夢中になれることは素晴らしいと言えるでしょう。ただ、本格的に取り組みをすればするほど趣味にかけるお金も増えていきます。もし、老後の趣味に回す老後資金が無く、諦めてしまっている方は一度リバースモーゲージを検討しても良いかもしれません。リバースモーゲージとは、住宅を担保に金融機関から老後資金の借り入れを行いますが、返済は契約者が死亡後に担保にした住宅を引き渡しことで返済を完了させる制度です。

リバースモーゲージを解説

リバースモーゲージは金融機関よって制度が大きく異なりますが、基本的な制度理解をするための情報を以下にまとめてありますので老後資金が不足し老後の趣味にお金を使えない方は一度検討しても良いでしょう。

リバースモーゲージとは?よく分かる15項目のQ&Aを解説

2017.06.04

リバースモーゲージとは|1から理解し使いこなすための全知識

2017.03.13








全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。