離婚すると戸籍はどうなる?親と子の戸籍の変更について解説







一度目の離婚をした人を「バツ1」、二度目の離婚をした人を「バツ2」と呼ぶことがありますが、以前は、離婚した人の戸籍の名前欄に大きく「×印」が付いていたことからこのように呼ばれていました。

現在は、「×印」が付くことはなく「除籍」と記載されるだけになりますが、実際、離婚をすると自分の戸籍はどのように変更されるのか?また、子供の戸籍はどのような扱いになるのか?疑問が多いものです。

そこで今回は、離婚した場合に戸籍がどうなるのかを、戸籍から抜ける人と子供の扱いについて解説したいと思います。

離婚した場合の戸籍

それでは、離婚した人が戸籍から抜ける場合、どのような扱いになるのか?大きく3つのパターンがありますので順に解説を行いたいと思います。

結婚前の戸籍に戻る場合

戸籍筆頭者は離婚をしても身分事項欄に離婚したことが記載されるだけになります。一方で、戸籍から抜ける人は原則として結婚前の戸籍に戻ることになります。

具体例を解説

  • 戸籍筆頭者が夫の場合:夫の戸籍は変わらずに、身分事項欄に離婚を旨が記載される。
  • 戸籍から抜ける妻の場合:妻は結婚前の戸籍に変わる。

その際、妻が結婚前の戸籍に戻るに当たって戸籍内の全員が亡くなるなどして除籍されている場合は、結婚前の戸籍に戻ることが出来ません。

このような場合は、新規に戸籍を作る必要があります。

離婚後に新たな戸籍を作る場合

上記のように、新しい戸籍を作る必要がある場合は、現在お住いの地域の市区町村役場にて手続きすることが可能になります。

基本的に新しく戸籍を作る場合は、本籍地をどこに置いても問題はないのですが、手続きの簡便性を考慮して離婚後の新住所に設定するケースが多いと言えるでしょう。

本籍地が遠いと戸籍謄本が必要な場合などに入手するのが非常に手間になりますのでおすすめは出来ません。

婚姻中の姓を継続的に使用したい場合

印鑑を変えるなどの手間があることから、「離婚後も婚姻中の姓を使用したい」という方も非常に多いと言えます。このような場合は、離婚後3ヶ月以内に市区町村役場に届出することで継続的に姓を名乗ることが可能になります。

届出は期限内に提出さえすれば良いので、元配偶者の承諾は不要になります。

また、3ヶ月を過ぎてしまった場合は、家庭裁判所に申し立てを行い変更許可を得る必要がありますので少々手間になります。そのため、婚姻中の姓を名乗りたい場合は、早々に手続きを済ませてしまいましょう。

離婚後に子供の戸籍はどうなる?姓は変わる?

離婚後、「子供の戸籍はどうなるのか?姓は変わるのか?」と気にする方も多いと思いますが、実は離婚しても子供の戸籍や姓は手続きをしなければ何も変わらないのです。

何がどう変わらないのか?夫が戸籍筆頭者の場合で具体例をお伝えをしたいと思いますが、妻が戸籍筆頭者の場合は読み替えて頂ければと思います。

離婚後の子供の戸籍と姓の具体例

  • 親権を夫が獲得し子供を監護する場合:子供は夫の戸籍に入っており姓は変わらない
  • 親権を妻が獲得し子供を監護する場合:子供は夫の戸籍に入っており姓は変わらない

上記の通り、子供の戸籍は筆頭者の戸籍に入っていますので、親権者が妻の場合も戸籍や姓は変わらないのです。

そのため、「夫の姓が佐藤」として「妻の旧姓が鈴木」とした場合、妻が親権を獲得すると「鈴木(妻)と佐藤(子)」となるのです。

このように、「親子で同じ屋根の下で暮らしているにも関わらず姓が違うと何かと不便である。」という場合は、子を母親の戸籍に入籍させる手続きを行う必要があります。

離婚後に戸籍筆頭者ではない親の戸籍に子を入籍させる手順と必要書類

では、親権を獲得したが、戸籍筆頭者ではないがために親子で姓が異なる場合の入籍手順と必要書類をお伝えしたいと思います。

子の入籍手順と必要書類

  1. 子の住所を管轄する家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」を提出する
  2. 家庭裁判所からの許可を得る
  3. 子の現在の本籍地(親権者の居住地)の市区町村役場に「入籍届け」を提出する

子供が15歳未満の場合は、親権者が届け人となりますが、15歳以上の場合は、子供本人が自主的に届出する必要がありますので注意してください。

婚姻中の姓を名乗る場合は戸籍の変更手続きは不要?

上記は、親権者と子供の姓が異なる場合とお伝えしましたが、婚姻期間中の姓を継続して名乗るような場合、親権者と子の姓は同じになります。

このような場合は、「戸籍の変更手続きは不要になるのではないか?」と考えてしまうと思いますが、法的には別々の戸籍に属していることになります。

従って、同じ姓を名乗っているだけでなく子の戸籍も変えたい場合は、先ほどと同様に戸籍の変更手続きを行う必要があると覚えておきましょう。

まとめ

離婚後に「戸籍はどのように変わるのか?」「子供へはどのような影響があるのか?」解説を行いました。改めて今回お伝えした要点をまとめておきたいと思います。

離婚と戸籍の要点

  • 戸籍筆頭者は身分事項欄に離婚した旨が記載される
  • 戸籍から抜ける人は結婚前の戸籍に戻る
  • 既に除籍されている場合は新規で戸籍を作る
  • 新規で戸籍を作る場合は本籍地を自由に決めることが出来るが最寄りの市区町村が良い
  • 離婚後も婚姻中の姓を名乗る場合は3ヶ月以内に市区町村役場に申請する
  • 子供の戸籍や姓は離婚をしても変わらない
  • 子供の戸籍や姓を変えたい場合は家庭裁判所に申立が必要
  • 婚姻期間中の姓を継続的に使用しても法的には子供との戸籍は異なるので手続きは必要

上記を踏まえた上で、離婚後にどのような戸籍にし、どの姓を名乗るかは事前に決めておくと良いでしょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。