離婚後に苗字は変える?変えない?子供はどうする?気になる疑問を解説







離婚後に自分自身の苗字を「旧姓に戻すのか?」「それとも婚姻中の苗字を続けて使用するのか?」決めることになります。

離婚するだけあり婚姻中の苗字を名乗るのことに抵抗を感じる人も多いことだと思いますが、一方で苗字を変えると印鑑を始め様々な変更が必要になります。また、子供がいるかいないかでも苗字を変えるか否かの判断が変わると言えます。

そこで今回は、離婚後に苗字を「変える」か「変えない」かをメリットデメリット別に解説すると共に苗字を変えない場合の手続き方法について解説を行います。

離婚後は自動的に苗字が変わる

民法上は離婚をすると旧姓戻すことが原則となっていることから、特別な手続きの必要なく離婚をするだけで旧姓に戻ることになります。

実際、離婚をきっかけに旧姓戻す人の方が多いと言えます。

もし、離婚後も旧姓に戻らず婚姻中の姓を名乗る場合は、3ヶ月以内に家庭裁判所に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出する必要があります。

もし、3ヶ月を過ぎてしまった場合は「氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に提出することになります。

離婚後に苗字を変えない手続き方法

では、離婚後に苗字を変えない場合の手続き方法について具体的に解説をしたいと思います。

先ほどお伝えしたように離婚から3ヶ月以内であれば「離婚の際に称していた氏を称する届」を離婚届と一緒に市区町村役場に提出することで完了となります。

一方で、離婚後は旧姓を名乗っていたが、やはり婚姻中の姓の方が良い場合は「氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に提出することになります。

その際、必要書類も合わせて準備を行なってください。

離婚後3ヶ月が経過してから苗字を変更する場合の必要書類

  • 氏の変更許可の申立て:1通
  • 申立人の戸籍謄本:1通
  • 収入印紙:800円分
  • 郵便切手:管轄する家庭裁判所により異なる

子供の苗字は変わらない

子供の苗字に関しては、離婚をしても婚姻中の姓を名乗ることになりますので、親権を獲得した親と苗字が異なる場合があります。

一般的には妻が夫の姓を名乗るケースが多いと思いますが、このような場合は、「母親と子供の姓が異なるが一緒に暮らしている」というケースが存在します。

一緒に暮らす親と苗字が異なることは何かと不便があるため、「親が婚姻中の苗字を名乗る」か「子供の苗字を変える手続き」が必要になります。

子供の苗字を変える手続き

  1. 子の住所を管轄する家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」を提出する
  2. 家庭裁判所からの許可を得る
  3. 子の現在の本籍地(親権者の居住地)の市区町村役場に「入籍届け」を提出する

上記の手続きを行うことで子供の苗字を変更することが可能になりますが、厳密には子供を親権者の戸籍に入籍させる手続きを行なっていることになります。

詳しくは「離婚すると戸籍はどうなる?親と子の戸籍の変更について解説」にて解説をしておりますのでご参照ください。

離婚後に苗字を変えるメリット・デメリット

それでは、離婚後に苗字を変えるメリットやデメリットはどのようなことが考えられるのか解説を行いたいと思います。

離婚後に苗字を変えるメリット

離婚後に苗字を変えるメリットは、気持ちをリセットし際スタートがしやすいという点が挙げられるでしょう。また、第三者からは苗字が変わらないので離婚したことが分からないと言えます。

そのため、離婚をしたことが周囲に知られたくない場合は苗字を変えないのも1つの選択と言えます。

離婚後に苗字を変えるデメリット

一方で、離婚後に苗字を変えるデメリットとしては、銀行口座やクレジットカードから生命保険や健康保険証などの名前の変更手続きが必要になります。

また、他人に知られたくない場合も苗字が変われば離婚したことを知られてしまうでしょう。

子供が学校に通っている場合は、離婚がイジメられる原因になる場合もありますし、子供の友達の親や学校にも離婚した事実を知られてしまうことになります。

離婚後に苗字を変えないメリット・デメリット

離婚後に苗字を変えないメリットとデメリットについてもお伝えしたいと思います。

離婚後に苗字を変えないメリット

離婚後に苗字を変えないメリットは、先ほどお伝えしたように銀行口座などの名前変更の手続きを行う必要がないので楽であると言えます。

ただし、契約内容によっては住所変更の届出が必要なものありますのでケースバイケースと言えます。また、離婚した事実を知られたくない間柄の人に離婚の事実を知られずに済むという点もメリットであると言えます。

子供への影響も少なくて済みますので、年齢によっては子供の意思を確認しても良いでしょう。

離婚後に苗字を変えないデメリット

離婚後に苗字を変えないデメリットは、やはり離婚した相手方の姓をいつまでも名乗ることは気持ちの面で再スタートがしづらい点と言えるでしょう。

また、離婚後に再婚したが再び離婚してしまった場合は、二度と旧姓に戻ることが出来なくなりますので、苗字を変えない選択もよく検討した方が良いでしょう。

まとめ

離婚後の苗字変更について解説を行いました。

苗字を変えるも変えないも双方にメリットもデメリットも介在していますが、子供がいないのであれば旧姓に戻す方が自然と言えるでしょう。

子供がいる場合は、子供の環境変化を第一に考え選択するようにしてください。その際、離婚後に子供への影響は「離婚すると子供にどのような影響がある?知っておくべき知識を解説」にて詳しく解説をしておりますのでご参照ください。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。