老後の趣味にDIY(日曜大工)を始めるために揃えたい5つの道具







DIYや日曜大工を老後の趣味にすることは、自作した物が完成した時の喜びや物への愛着が生まれる素晴らしい趣味と言えます。加えて自分の好きなデザインを量販店よりも安く手に入れることができるなどメリットがあります。そこで、今回はシニアがDIY(日曜大工)を始めるために揃えておきたい道具をご紹介します。

DIY(日曜大工)を始める前に

DIYや日曜大工をこれから始めようという方に向けて事前に知っておくべきことをお伝えしたいと思います。当たり前の内容ではありますが、DIY・日曜大工を楽しむために一読頂ければと思います。

DIY・日曜大工を楽しむために知っておきたいこと

  • 安全の確保
  • 初心者の道具は活用頻度が高い物を選ぶ
  • 理想と現実のギャップを想像しておく

安全の確保

まず、第一に安全です。DIYや日曜大工の場合ノコギリなど危険のある工具を使用するでしょう。そのため、作業場所の確保は必須事項です。周囲に人がおらず安全に作業できる程度のスペースを確保しましょう。加えて、粉塵や騒音などにより近所迷惑にならないように配慮することや工具の使い方や保管にも気を使うようにしましょう。管理が甘く幼い子供がいたずらをして大怪我をしてしまうなど何があるかは分からないものです。

初心者の道具は活用頻度が高い物を選ぶ

DIYや日曜大工をやろう。と決意しても何から作るべきか?というのは案外悩むものです。そこで、とりあえず道具一式揃えることや、活用頻度が少ない工具を購入してしまうことは無駄な物ばかりが増え支出が増えてしまうので注意が必要です。本記事の後半でよく使う道具をご紹介しますのでまずはそちらから購入しましょう。

理想と現実のギャップを想像しておく

これもとても重要なことで、DIYや日曜大工は、お店で販売されているような物を作るには余程の力量がないと実現しないでしょう。そのため、理想の姿をイメージしながらもここまで出来れば上出来というラインを決めておくことも重要です。綺麗に作ることを目的とせず、自分らしく愛着が持てることが重要です。

DIY・日曜大工の初心者が揃えておきたい必須道具

それでは、DIY・日曜大工初心者の方が始めに揃えておきたい道具をお伝えします。先ほどお伝えした通り、なるべく使用頻度の高い物を中心にご紹介しますので作りたいものがあり、不足する道具があれば少しずつ買い足しを行いましょう。

ノコギリ

まずは木材の切断に使用するノコギリですが、ノコギリ選びのポイントは刃が収納できる折りたたみ式の物を選ぶと良いでしょう。ノコギリにも複数の種類や刃のサイズがあるのですが、初心者の方は「替刃ノコのヨコ挽き」で十分に活躍してくれるでしょう。

シルキー ゴムボーイ 万能目 210mm 121-21

新品価格:¥1,691から(2017/7/15 13:11時点)

電動ドリルドライバー

電動ドリルドライバーは通常のネジを回転させるだけの「ドリルドライバー」とネジの回転に加えて衝撃を加えながら打ち込む「インパクトドライバー」に分かれます。後者は硬い木材に打ち込みをする際に便利なのですが、初心者の方は「ドリルドライバー」の購入で十分かと思います。その際はコードレスを選ぶことで作業が捗ります。こちらの商品は穴あけにも利用できます。

BOSCH(ボッシュ) 18Vバッテリードライバードリル PSR1800LI-2

新品価格:¥15,656から(2017/7/15 13:16時点)

ハンマー

ハンマーも実は様々な種類があります。一般的な金属製のハンマーからゴム製など材質の違いやネイルハンマーや八角など形が違うものまで様々です。そこでおすすめのハンマーを紹介するならばシニアでも負担になりにくい軽量なハンマーがおすすめと言えます。加えてゴム製であれば部材を痛めないので初心者でも扱いがしやすいと言えます。

GREATTOOL ショックレスハンマー 0.5ポンド

新品価格:¥687から(2017/7/15 13:23時点)

キリ

1箇所、2箇所程度の穴あけの場合に電動ドライバーをわざわざ用意するのも少々面倒なものです。そこで、キリがあるとサクッと穴あけができますので非常に作業が捗ります。キリにも複数の種類がありますが、まずは「四つ目錐」と呼ばれるものを購入すれば多頻度で使用できるので便利です。

角利 四つ目錐 小 キャップ付

新品価格:¥562から(2017/7/15 13:28時点)

差し金

差し金は長さを測るだけの物ではありません。非常に多頻度で使用しますので必ず用意したいですね。例えば、L字型だからこそ直角に線を引く場合に使用したり、3等分に分割するための線を引いたりなど活用の幅は非常に広いのです。こちらは価格も安いので複数種類まとめて購入しても良いかもしれません。

シンワ測定 サンデーカーペンター 15×30 12416

新品価格:¥189から(2017/7/15 13:35時点)

その他あったら便利なグッズ

  • 作業台
  • メジャー
  • カッター
  • ドライバー
  • 電動サンダー(小さい物を作る方は手で出来ますので不要ですね)
  • クランプ(作るものによる)
  • 塗料用バケツ(色を塗る際に便利です)

道具を増やしたい時におすすめのお店

上記の必要用具を揃えながらも細かい道具などを買い足す場合が多いでしょう。その場合におすすめしたいショップがDIY FACTORY ONLINE SHOPという楽天市場で店舗を構えているサイトです。こちらはDIYや日曜大工に必要な道具や部品がほぼ全て揃うと言っても過言ではない程様々な商品を取り扱っています。

取り扱い商品ジャンル

非常に様々なジャンルの商品を取り扱っていることがわかると思います。ホームセンターで購入しても良いのですが、持ち運びや探す手間などを考えるとECサイトで気軽に購入できるのは嬉しいポイントでしょう。

まとめ

シニアが老後の趣味にDIYや日曜大工を始める際の重要事項とおすすめの道具をご紹介しました。自分で作る喜びはDIYや日曜大工だからこその楽しみと言えますので、安全面に配慮しながら取り組みましょう。また、作るものが決まらない場合は、カインズホームが運営するメディア「CAINZ DIY STYLE」など参考にするとDIYのレシピや必要な道具・木材をチェック出来ますのでおすすめです。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。