探偵の選び方|依頼する前に必ず知っておくべき本当に良い探偵の基準







本当に良い探偵を選ぶ方法を知っている人は、おそらくほとんどいないと言っても過言ではないでしょう。それほど、日常生活での接点は薄いと言えます。

とは言え、「浮気の証拠を掴み離婚を有利に進めたい」「浮気しているかはっきりさせたい」など探偵への依頼を考えている人も少なくありません。

その際、しっかりと比較検討しないまま探偵に依頼したばかりに、法外な調査費用を請求されたり裁判で活用できない証拠しか集められなかった。というトラブルが発生しています。

そこで今回は、探偵選びに失敗しないためにどのような基準で選ぶべきなのか?悪徳な探偵事務所の特徴も踏まえながら解説を行いたいと思います。

本当に良い探偵を選ぶための基準

探偵に調査を依頼するということは、自分の大切なパートナーのプライバシーを第三者に開示することと同義とも言えるでしょう。そのため、しっかりと信頼ができる探偵を選びたいものです。

また、警察庁が調査している探偵業の概況(平成28年度)を参照すると、日本には現在5600以上の探偵事務所が届出を出しており無許可営業も含めればその数はさらに増えると言えます。

さらに、個人営業の探偵事務所が7割もあることからしっかりと良い探偵事務所を選ばなければ、悪徳な業者に捕まってしまう可能性が高いと言えます。

そこで、本当に良い探偵を選ぶ7つの基準をお伝えしたいと思います。

探偵の選び方1.誇大広告ではない

探偵事務所をインターネットで検索すると多くの事務所を見つけることが出来るでしょう。その際、「成功確率100%」「必ず成功させます」などのキャッチコピーを掲げる探偵事務所も少なくありません。

一見、実績が豊富で安心感を与えると思いますが、この世の中に100%ということはほぼありえないと言えます。要は、誇大広告の一種であり100%の数字を作る為に曖昧な成功基準で無理矢理100%にしているかもしれません。

そのため、成功確率の定義が明確であるか」を確認することや「顧客満足度の調査データ」などを参照する方が良いと言えます。

探偵の選び方2.安さだけでなく実績がある

探偵事務所のサイトを確認していると「業界最安値」など安さを強調している探偵事務所も多くあります。安いことは利用者にとっても良いことだとは言えますが、価格を下げる為に調査員を1名体制など少ない人数で調査を行なっている場合があります。

探偵に浮気調査を依頼するメリット・調査方法・費用相場を解説」にて解説したように浮気調査であれば、通常2名〜3名体制でないとしっかりと調査することが難しいと言えます。

従って、料金だけを見るのではなく調査員の数や実績についてしっかりと確認するようにしましょう。

探偵の選び方3.直接面談が可能な探偵事務所

良い探偵事務所を選ぶためにも直接会って面談することは非常に大切と言えます。その際、お住いの地域から探偵事務所が遠い場合は出張対応を行なっている事務所を選択するようにしましょう。

間違っても、電話だけで契約してしまうのは非常に危険ですので避けるようにして下さい。

電話だけで契約してしまうと探偵事務所が実際に存在しているのか?どのような人が調査をしてくれるのか?など事前に把握出来ないことが多数発生してしまいますので、悪徳業者を見抜くことが難しくなってしまいます。

そのため、ご自宅から探偵事務所に通える範囲または出張対応をしている探偵事務所に依頼することが重要になります。

探偵の選び方4.探偵業届出証明書を取得している

探偵業届出証明書とは、探偵事務所が探偵業を営むことを公安委員会に届け出している証明となります。

2007年以前は探偵に関する法律はなかったのですが、2007年6月より探偵業法が施行されたことで探偵業を営むためには「探偵業届出証明書」の取得が必要となりました。

探偵業届出証明書を取得している探偵事務所は、基本的に公式サイトなどに「探偵業届出番号」を掲載していることが一般的になりますので必ずチェックするようにしましょう。

逆に「探偵業届出番号」を掲載していない探偵事務所は、法律を守らない悪徳業者である可能性が高いことから絶対に相談してはいけません。

探偵の選び方5.行政処分を受けていない

④で説明したように探偵業は法律を遵守する必要があります。

ただし、悪徳業者は法律に反した調査を行う場合もあり「営業停止命令」や「営業廃止命令」などの行政処分を受けている事務所があります。

上記のような行政処分を受けている探偵事務所はトラブルを引き起こす可能性も高いことから依頼は避けるべきと言えます。行政処分を受けている探偵事務所は「警察庁の探偵業法に基づく行政処分」より確認が可能になります。

探偵の選び方6.調査書のサンプルが裁判で利用できるか確認する

探偵事務所と面談する際は、調査報告書のサンプルを必ず貰うようにしてください。なぜなら、浮気調査の場合「肉体関係を証明する写真」でなければ証拠として裁判所が認めてくれないのです。

要は、「デートやキスの写真」では証拠として認められず、せっかく費用を支払って調査したにも関わらず慰謝料が請求できない。というケースが出てくるのです。

ただし、この問題は探偵事務所だけでなく依頼人の責任もあります。

「浮気しているかの確認がしたい」など曖昧な依頼をしてしまうと、浮気の事実として「デートやキスの写真」など裁判では利用できない調査でも成功となってしまうからです。

そのため、裁判所で証拠として活用した場合は、事前に証拠となる調査報告書を作成出来るのか?サンプルを貰い確かめる必要があるのです。

探偵の選び方7.探偵との相性が良い

最後に、実際に調査をしてくれる探偵と相性が良いかどうかの判断も行いましょう。調査は短期で終了する場合もありますが、長期化する場合もあります。

その際、探偵と意思疎通が上手く取れないと要望や希望を汲み取ってもらえず満足のいく調査結果とならない場合があります。従って、探偵と円滑なコミュニケーションが取れるか相性の確認も重要という訳です。

探偵を決める場合は複数社を比較する

本当に良い探偵を選ぶための7つの基準についてお伝えさせて頂きました。

7つの基準を満たしている探偵事務所であればしっかりと調査を行なってくれ満足のいく結果になりやすいと言えますが、その際も、1つの探偵事務所だけでなく複数の探偵事務所を比較することが重要です。

ただし、探偵事務所を複数比較するのも非常に骨の折れる作業と言えます。

そこで活用したいのが「探偵さがしのタントくん」になります。

探偵さがしのタントくん」は、これまで1万人以上が利用している探偵検索サービスですが、「年間実績500件以上」、「在籍探偵人数15名以上」、「警察署公安委員会への探偵業の届出を提出している」など複数の基準をクリアした全国の探偵事務所をまとめて検索できるサービスです。

探偵探しにお困りの場合はぜひ活用してみましょう。

まとめ

優良探偵事務所を見つけるための7つの基準について解説を行いました。改めて、7つの基準について整理をしたいと思います。

本当に良い探偵事務所を見つけるための7つの基準

  1. 誇大広告ではない
  2. 安さだけでなく実績がある
  3. 直接面談が可能な探偵事務所
  4. 探偵業届出証明書を取得している
  5. 行政処分を受けていない
  6. 調査報告書のサンプルが裁判で利用できるか確認する
  7. 探偵との相性が良い

上記を参考に良い探偵事務所を見つけるようにしましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。