生涯未婚率の推移と予測|男性23%・女性14%は結婚しない時代に







生涯一度も結婚しない人の割合を示した指標が「生涯未婚率」と呼ばれておりますが、2015年の国税調査によると男性で23.37%、女性で14.06%の方が生涯未婚であると報告されました。

実に男性の4人1人は生涯未婚である結果となりますが、確かに周囲を見渡せば独身の方も少なくないでしょう。この生涯未婚率については、1990年から急激に増加している背景がありますが、なぜ未婚の男女が増加しているのか?

今回は、生涯未婚率の推移と今後の予測について解説を行いたいと思います。

生涯未婚率とは

生涯未婚率とは、50歳まで一度も結婚をしたことがない方の割合を調査したデータになります。

従って、一度でも結婚をしたことがある方は仮に50歳時点で独身であっても未婚にはカウントされません。生涯未婚率と聞くとその方が一生で一度も結婚をしたことがない。と考える人も多いと思いますが、あくまで50歳時点で未婚の方が対象になります。

50歳を超えると結婚する確率が急激に減少しますので、生涯未婚率の数値を算出するための基準として活用しているようです。

生涯未婚率の推移をグラフ化

年代男性女性
1965年1.50%2.53%
1970年1.70%3.34%
1975年2.12%4.32%
1980年2.60%4.45%
1985年3.89%4.32%
1990年5.57%4.33%
1995年8.99%5.10%
2000年12.57%5.82%
2005年15.96%7.25%
2010年20.14%10.61%
2015年23.37%14.06%

上記のグラフを確認してみると、1990年から急速に生涯未婚率が増加しております。2015年では男性の23%、女性の14%が生涯未婚であることが分かります。

では、一体なぜ生涯未婚率が増加しているのか理由を確認してみましょう。

生涯未婚率が増加している理由

政府が方針で掲げている男女雇用機会均等法が1986年施行されたことをきっかけに女性の社会進出が飛躍的に向上している点が挙げられます。

これまで男性に養ってもらうという考えが減り、女性一人でも生きていくことができるようになった結果、生涯未婚率が上昇している背景があるでしょう。

雇用形態別の配偶者のいる割合

また、拍車をかけているのはバブル崩壊によって雇用が不安定になり収入も歳を追うことに上がる。という考えが無くなったこともあります

上記のデータのように正社員であれば30代前半で50%の方が結婚しているのに対し、非正規雇用ですと半分まで婚姻率が下がっていることが分かります。

結婚したくない訳ではなく出来ない現状

結婚したくない男女が増えているのか?と聞けば実はそうではありません。

国立社会保障・人口問題研究所の出生動向基本調査にて18歳から34歳までの男女に結婚の意志を確認したところ、「いずれは結婚したい」と考える男性が85.7%、女性で89.3%という結果になりました。

上記の通り、決して結婚をしたくない。という訳ではないようですが、やはり経済的な理由によって先延ばしになっている現状があると言えるでしょう。

再婚も珍しくなくなった

厚生労働省政策統括官による「我が国の人口動体」の報告では、再婚する方の割合も年々増加していることが分かります。赤色の線が「全婚姻件数に占める夫妻とも再婚又はどちらか一方が再婚の割合」を示しておりますが、年々増加傾向にあります。

人口が減少している昨今において再婚数が増加する。ということはその分だけ結婚できない方が増えるということになりますので、今後は生涯結婚しない方と生涯で複数回結婚する方で二極化することも考えられるでしょう。

生涯未婚率の予測

それでは、これから先に生涯未婚率がどのような推移で増加するのか厚生労働省の「平成27年度版厚生労働白書」から予測を確認してみましょう。

年代男性女性
2020年26.60%17.80%
2025年27.40%18.90%
2030年27.60%18.80%
2035年29.00%19.20%

今から12年後の2030年では男性が27.6%、女性が18.8%が生涯未婚であると予測されています。そこから5年経った2035年では男性が29.0%、女性が19.2%と男性の3人1人程度は生涯未婚になると予測されています。

生涯未婚率は出生率の低下に関連してきますので、国力の低下や社会保障制度の維持にも影響を及ぼすことになるでしょう。そのため政府としても「結婚はしたいけど出来ない」男女を支援する仕組みが必要になると言えます。

生涯未婚率の都道府県ランキング

最後に付録として生涯未婚率の高い都道府県ランキングを国立社会保障・人口問題研究所の出生動向基本調査を参照し作成しましたのでご確認ください。

全国1番の生涯未婚率の高い都道府県は男性で沖縄県の26.2%、女性では東京都19.2%という結果になりました。東京都縛りでは男性も26.6%が未婚であることから結婚しない男女が多いと言えるでしょう。

一方で福井県や滋賀県は共に生涯未婚率が低い県となっているようです。

順位男性女性
全国23.37%全国14.06%
1沖縄26.20%東京19.20%
2岩手26.16%北海道17.22%
3東京26.06%大阪16.50%
4新潟25.15%高知16.48%
5秋田25.10%沖縄16.36%
6青森25.03%福岡16.08%
7神奈川24.93%京都15.81%
8埼玉24.83%長崎15.38%
9高知24.82%鹿児島14.69%
10福島24.69%愛媛14.58%
11茨城24.29%熊本14.42%
12栃木24.25%兵庫14.26%
13静岡24.13%大分14.21%
14千葉24.09%青森13.87%
15鳥取23.90%神奈川13.77%
16群馬23.56%宮崎13.68%
17北海道23.48%山口13.56%
18島根23.21%広島13.30%
19見た気23.11%宮城13.23%
20山梨23.05%徳島13.23%
21山口23.05%岩手13.07%
22長野22.88%佐賀13.07%
23山形22.81%千葉13.01%
24京都22.71%埼玉12.99%
25鹿児島22.60%和歌山12.85%
26長崎22.57%岡山12.67%
27大阪22.54%静岡12.48%
28愛媛22.46%新潟12.41%
29愛知22.27%秋田12.37%
30徳島22.10%奈良12.35%
31福岡22.04%鳥取12.20%
32佐賀22.03%香川12.03%
33富山21.94%群馬11.85%
34大分21.87%福島11.63%
35熊本21.70%愛知11.39%
36広島21.66%長野11.21%
37岡山21.60%島根11.11%
38宮崎21.51%石川11.10%
39香川20.93%山梨10.99%
40石川20.64%栃木10.98%
41和歌山20.63%茨城10.69%
42兵庫20.53%富山10.41%
43三重20.41%三重10.26%
44岐阜20.12%山形10.08%
45福井19.19%岐阜10.00%
46滋賀18.25%滋賀9.21%
47奈良18.24%福井8.66%

まとめ

生涯未婚率の実情と予測について解説を行いました。

生涯未婚率は現在、男性で23.37%、女性で14.06%と4人1人程度まで未婚率が拡大しております。ただし、結婚願望自体はあるため、経済的な事情が障壁となっております。

この障壁は生涯未婚率の増加を加速させる原因になると想定され、2035年には男性が29.0%、女性が19.2%と男性の3人1人程度は生涯未婚になると予測されています。

すでに東京都では男性で26.6%、女性で19.2%が未婚状態であることから2035年にさらに増加しているとことが予測されます。

結婚することが良いこと。という訳ではありませんが、柔軟な夫婦関係を築く仕組みや障壁の排除など取り組むべき課題は多いのが実態と言えるでしょう。









ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。