老後の楽しみ方|ピアノを趣味にするメリット・練習方法・費用を紹介







老後の生活の楽しみ方は人それぞれですが、いざ趣味を持とうとすると以外に決まらなかったりもします。そこで、今回は老後の趣味としてピアノを始めるメリット・練習方法・費用について解説したいと思います。女性だけでなく男性にもぜひ挑戦をしてもらいたいですね。

老後の楽しみ方を見つけよう!老後におすすめな趣味26選

2017.04.16

ピアノを趣味にするメリット

老後の楽しみ方上手な人は、「なぜこの趣味をやっているのか?」という目的まで持っている人が多いように思います。そこで、老後の生活をもっと楽しみたいと考えている方にピアノを行うメリットをご紹介します。

老後にピアノを趣味にするメリット

  • 指先を動かすので認知症防止に繋がる可能性がある
  • 初心者でも必ず音が出るのでやる気が湧く
  • ほかの楽器に比べると簡単ななので達成感を感じられる

指先を動かすので認知症予防に繋がる

ピアノは指先を活用するだけでなく、左右の指がバラバラに動かす必要があります。加えて、手、耳、目を同時に活用しますので脳への刺激は非常に強いであろうと言われています。これによって認知症の予防に繋がったり、ストレス発散やリラックス効果があるようです。

初心者でも必ず音が出る

通常の楽器では音を出すまでが一苦労ですがピアノは誰でも音を出すことが可能です。そのため、最初は楽譜を見ながら拙い演奏にはなってしまいますが、小さな成長を実感しやすいので長続きしやすいと言えます。老後の趣味としてじっくりと楽しみたい方にはおすすめな趣味と言えます。

達成感を感じやすい

成長を実感しやすいことに加えて、スキルに合った学習内容が用意されている教材が多いため小さな壁を乗り越えた時の達成感は感じやすいと言えるでしょう。老後の楽しみ方の秘訣に成長や達成感など刺激を与えてくれることが活力に繋がりますで習熟度が分かりやすいピアノはおすすめと言えます。

ピアノの学習はモチベーションが続く方法を選択

ピアノやっても良いかもしれない。と思った時にどこで学習したら良いのか?と疑問に思う方も多いでしょう。ピアノは大きく3つの方法で学習することが可能です。

ピアノの学習方法

  • ピアノ教室やスクールに通う
  • 通信教育でピアノを練習する
  • 独学でピアノを練習する

ピアノ教室やスクールに通う

一番メジャーな方法でしょう。最近は「シニアのピアノ教室」なども開講されていますので、近くにピアノ教室がある場合は先生や仲間と一緒に練習するのも良いでしょう。ピアノ教室の費用はおおよそ7000円/月程度である場合が多いようですので家計に余裕がある場合は、飽きずに続けられるのでおすすめと言えます。

通信教育でピアノを練習する

通信教育でピアノの学習が出来るのか?と疑問に思う方も多いかもしれませんが、実は結構人気なのです。ピアノ教室は費用も高くなりますし、準備や移動などレッスン以外でも案外無駄な時間も多かったり、男性だと教室に通うことに抵抗があったりなど。そのようなシニアが通信教育を活用しています。30日でマスターするピアノ教本という通信教育はプロ講師が一定水準まで短期間で成長できるプログラムなので飽きる前に成長を実感するには非常におすすめです。

独学でピアノの練習をする

もっとも費用が掛からない方法ですし、ピアノ場合はそれでも成長を実感できる可能性はありますが初心者の方は最初のうちだけでもピアノ教室か通信教育を活用してピアノのある生活に馴染む方が良いかもしれません。若い頃にピアノを経験した方などは最初から独学でも問題ありません。最近は欲しい楽譜を1曲から簡単購入できるサービスなどを活用すると簡単にピアノを始めることができます。

習得の秘訣は毎日コツコツ

ピアノの学習には週に1回2時間よりも1日15分の方が向いていると言えます。これは指がスムーズに動くようになるまでピアノに触れる頻度を増やす必要があるためです。先ほど、ピアノ教室に通う方法を紹介しましたが、練習がピアノ教室だけになってしまうようであればオススメはできません。それではあれば通信教育で毎日練習を重ねた方が良い結果が出るでしょう。

ピアノを始めるための費用

ピアノは初期費用が高くなりがちですが、スクールに通わなければ月額の費用が掛からないのがポイントと言えます。それではピアノを始めるために費用をご紹介します。

ピアノを始めるための費用

  • ピアノ購入費用:10万円〜200万円
  • 楽譜:数千円
  • 教室代:7000円〜1万円/月
  • 通信教育:3万円/初回のみ

ピアノでかかる費用の大半はピアノの購入資金です。さすがに始めからグランドピアノを購入する方はいないと思いますのでまずは電子ピアノから始めるのが良いでしょう。電子ピアノであれば10万円から20万円程度で購入ができます。楽器屋さんも減っていますので最近はインターネットから注文する方も増えているようです。楽器の販売として有名な石橋楽器さんなどでも電子ピアノを取り扱っています。来店しても結局は配送ですのでインターネットから少しでも安いピアノを見つけるのが良い選択でしょう。

ピアノ初心者はお手軽な電子ピアノを購入するのがおすすめ 電子ピアノ相場は10万円から20万円程度とお伝えしましたが、楽天市場などの大型ECモールを活用すれば1万円台でもこ購入が可能です。そのため、初心者の方はお手軽な電子ピアノから購入しても良いでしょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】【送料無料】 電子キーボード SunRuck(サンルック) PlayT…
価格:11700円(税込、送料無料) (2017/7/2時点)

老後のゆとり資金が不足する場合はリバースモーゲージ

ただ、初期の購入費用が10万円と言っても安い買い物ではありません。また、スクールに通う場合は毎月1万円ですので支出としても少なくはないでしょう。そのような場合はリバースモーゲージを活用し老後資金を借り入れする方法があります。ピアノの学習以外にも資金使途が自由なケースも多いので旅行やそれ以外の趣味にも活用することが可能です。

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージとは、住宅を担保に金融機関から借り入れを行いますが、元本の返済方法は契約者が死亡後に担保にした住宅を売却し返済とします。そのため、借り入れ中は、金利の支払いのみか金利を貸越元金に含めてしまい毎月の返済を0円にする商品もあります。これによって毎月の支出を最小限に抑え、老後の生活をより楽しむことができる制度です。詳しい解説は以下をご確認ください。

リバースモーゲージとは?よく分かる15項目のQ&Aを解説

2017.06.04

まとめ

今回は老後の楽しみ方のひとつとしてピアノを趣味にする方法をお伝えさせていただきました。ピアノは老後の認知症予防にも繋がることから非常におすすめと言えます。費用も高額になりすぎる訳ではないのもおすすめと言えますね。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。