相続税の早見表|制度改正後の最新版から税額を一発チェック







相続税の計算方法は「相続税の計算方法|財産評価・控除の種類を分かりやすく解説」にて解説を行いましたが、やはり非常に複雑であり一般の方では計算するのも困難でしょう。

そのため、相続税の早見表を作成することで誰でも簡単に税額をチェックできるようにしたいと思います。今回の早見表は制度改正後の最新版となっております。

また、早見表は配偶者がいる場合といない場合の2種類ありますので該当するほうを確認してください。それでは、早見表を確認してみましょう。

相続税の早見表|配偶者がいる場合(制度改正後)

課税価格配偶者がいる場合
配偶者
子ども1人
配偶者
子ども2人
配偶者
子ども3人
配偶者
子ども4人
5000万円40万円10万円0万円0万円
6000万円90万円60万円30万円0万円
7000万円160万円113万円80万円50万円
8000万円235万円175万円138万円100万円
9000万円310万円240万円200万円163万円
1億円385万円315万円263万円225万円
1.5億円920万円748万円665万円588万円
2億円1,670万円1,350万円1,218万円1,125万円
2.5億円2,460万円1,985万円1,800万円1,688万円
3億円3,460万円2,860万円2,540万円2,350万円
3.5億円4,460万円3,735万円3,290万円3,100万円
4億円5,460万円4,610万円4,155万円3,850万円
4.5億円6,480万円5,493万円5,030万円4,600万円
5億円7,605万円6,555万円5,963万円5,500万円
5.5億円8,730万円7,618万円6,900万円6,438万円
6億円9,855万円8,680万円7,838万円7,375万円
6.5億円11,000万円9,745万円8,775万円8,313万円
7億円12,250万円10,870万円9,885万円9,300万円
7.5億円13,500万円11,995万円11,010万円10,300万円
8億円14,750万円13,120万円12,135万円11,300万円
8.5億円16,000万円14,248万円13,260万円12,300万円
9億円17,250万円15,435万円14,385万円13,400万円
9.5億円18,500万円16,623万円15,510万円14,525万円
10億円19,750万円17,810万円16,635万円15,650万円
11億円22,250万円20,185万円18,885万円17,900万円
12億円24,750万円22,560万円21,135万円20,150万円
13億円27,395万円25,065万円23,500万円22,450万円
14億円30,145万円27,690万円26,000万円24,825万円
15億円32,895万円30,315万円28,500万円27,200万円
20億円46,645万円43,440万円41,183万円39,500万円
30億円74,145万円70,380万円67,433万円65,175万円
40億円101,645万円97,880万円94,115万円91,425万円
50億円129,145万円125,380万円121,615万円117,850万円

相続税の早見表|配偶者がいない場合(制度改正後)

課税価格配偶者がいない場合
子供1人子供2人子供3人子供4人
5000万円160万円80万円20万円0万円
6000万円310万円180万円120万円60万円
7000万円480万円320万円220万円160万円
8000万円680万円470万円330万円260万円
9000万円920万円620万円480万円360万円
1億円1,220万円770万円630万円490万円
1.5億円2,860万円1,840万円1,440万円1,240万円
2億円4,860万円3,340万円2,460万円2,120万円
2.5億円6,930万円4,920万円3,960万円3,120万円
3億円9,180万円6,920万円5,460万円4,580万円
3.5億円11,500万円8,920万円6,980万円6,080万円
4億円14,000万円10,920万円8,980万円7,580万円
4.5億円16,500万円12,960万円10,980万円9,080万円
5億円19,000万円15,210万円12,980万円11,040万円
5.5億円21,500万円17,460万円14,980万円13,040万円
6億円24,000万円19,710万円16,980万円15,040万円
6.5億円26,570万円22,000万円18,990万円17,040万円
7億円29,320万円24,500万円21,240万円19,040万円
7.5億円32,070万円27,000万円23,490万円21,040万円
8億円34,820万円29,500万円25,740万円23,040万円
8.5億円37,570万円32,000万円27,990万円25,040万円
9億円40,320万円34,500万円30,240万円27,270万円
9.5億円43,070万円37,000万円32,500万円29,520万円
10億円45,820万円39,500万円35,000万円31,770万円
11億円51,320万円44,500万円40,000万円36,270万円
12億円56,820万円49,500万円45,000万円40,770万円
13億円62,320万円54,790万円50,000万円45,500万円
14億円67,820万円60,290万円55,000万円50,500万円
15億円73,320万円65,790万円60,000万円55,500万円
20億円100,820万円93,290万円85,760万円80,500万円
30億円155,820万円148,290万円140,760万円133,230万円
40億円210,820万円203,290万円195,760万円188,230万円
50億円265,820万円258,290万円250,760万円243,230万円
  • 課税価格は基礎控除前の金額を記載しております。
  • 配偶者の軽減税率を適用させ算出しております。
  • 万円未満は四捨五入しておりますので実際の相続税とは若干の相違が発生します。

相続税の早見表の見方

相続税の早見表の見方を解説します。

まず、左側の「課税価格」と記載された金額は将来相続すると想定される金額が記載されております。この記載されている金額は相続人全員の相続財産の合計を記載しております。

その際、以下の点に注意して下さい。

早見表の注意点

  • 被相続人に負債(借金など)がある場合は課税価格から差し引いてください
  • 不動産(土地・建物)は購入金額ではなく実勢の価格で評価してください。
  • 相続開始前3年以内の贈与については相続財産に加算してください。評価額は贈与時点の金額で加算してください。
  • ただし、贈与税を支払っているものは控除可能になります。

基礎控除は法定相続人の数により変動

上記の課税価格は基礎控除前の金額を掲載しております。

従って、課税対象となる金額を算出するには上記の金額から基礎控除を差し引くことになりますが、この基礎控除は法定相続人の数によって変動します。

基礎控除の計算式は「3000万円 + 600万円 × 法定相続人の数」によって算出が可能になります。要は、想定相続人が多ければ多いほど控除額が増加することになります。

法定相続人を増やすために養子を増やすのは有効?

法定相続人を増やし基礎控除額を増額させるために養子を迎え入れるという方も中にはいるようですが、養子の場合は基礎控除の対象になる人数に制限があります。

  • 実子がいる場合:法定相続人に養子を含められる数1名まで
  • 実子がいない場合:法定相続人に養子を含められる数2名まで

となりますので、闇雲に養子を増やしても法定相続人の数は増えませんので注意しましょう。

まとめ

相続税の早見表について解説を行いました。

相続税は計算が複雑であり、申告漏れがあると延滞税を加算して追徴課税をされてしまうことからミスなく対処したいところです。そのためには、相続税の申告に強い税理士に委託することが懸命な判断と言えますので、早見表をご覧になり相続税の申告が必要な場合は税理士を探すようにしましょう。

その際、税理士にも専門分野が分かれておりますので「相続税の相談や申告に強い税理士の選び方と目安費用を解説」を参照いただき相続税の申告に強い税理士を探しましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。