老後資金が1億円必要はウソ?ホント?多くの人はそこまで必要ない訳







老後資金が1億円必要という声を聞いて不安に感じる方も多いのではないでしょうか。普通にサラリーマンをしている方にとっては老後資金を1億円貯めるというのは非現実的かもしれません。

ただ、実際のところそこまで老後資金は必要ないでしょう。

では、なぜ老後資金が1億円必要と言われるのか?その根拠を計算すると共に、実際いくらの老後資金を準備すれば良いのか解説をしたいと思います。

老後資金が1億円必要な根拠

それでは早速老後資金が1億円必要と言われる根拠を計算したいと思います。

多くは公共財団法人生命保険文化センターと厚生労働省の家計調査から老後資金の必要額を算出しているケースが大半です。その際、参照する数字は以下のようになります。

老後資金1億円が必要と言われる数字的根拠

  1. 老後に最低限度の生活を送るための生活費:22万円(生命保険文化センター)
  2. 老後にゆとりある生活を送るための生活費:34.9万円(生命保険文化センター)
  3. 夫婦二人暮らしの老後の平均生活費:27.7万円(家計調査)

さて、この数字をベースに65歳に仕事を定年退職し老後の生活をスタート、90歳で亡くなると仮定しましょう。老後の期間は25年になります。

毎月の生活費老後の期間老後資金の必要額
¥220,00025年間¥66,000,000
¥277,00025年間¥104,700,000
¥349,00025年間¥104,700,000

老後に最低限度の生活を送る場合は6600万円となり1億円以下となりますが、平均的な支出、ゆとりある生活に至っては共に1億円を超える計算になります。

老後資金が1億円必要と言われるのは上記の計算に基づいていると言えます。

ただし、上記は支出のみとなりますので、厳密には65歳から90歳までの老後の生活費と呼ぶのが正しいでしょう。老後資金の必要額ではありません。

老後資金の必要額は貯蓄から支出を引いた金額

本来、老後資金の必要額を算出するならば上記の支出だけでなく、年金や貯金などを含めた貯蓄から支出を引く必要があります。

老後資金の必要額の計算式

老後資金の必要額=貯蓄ー支出

そのため、貯蓄がいくらなのかを知る必要があります。貯蓄に含まれるのは、貯金、退職金、年金、その他の収入として株など投資商品などが含まれるでしょう。

老後の収入と貯蓄

それでは老後にどの程度の貯蓄が作れているのか平均を参照したいと思います。

まず、貯金からですが、「老後の貯金は平均2363万円の罠|いつからいくら蓄えれば大丈夫?」にて解説をしましたが、平均ですと実態の数字が把握できませんので中央値にて算出をすると1567万円となります。

そして年金の収入は「2017年最新|年金支給額の平均は国民年金5.5万円・厚生年金14.7万円」にて解説したように、夫婦世帯であれば19万3000円となり、その他の収入も加えると約22万円となりますので、65歳から90歳までで6600万円の年金を受給することが可能になります。

従って、1567万円と6600万円を足すと8167万円となります。

老後資金の必要額

8167万円(貯蓄)ー1億円(支出)=1833万円

実際に必要な老後資金は1833万円であることが分かりました。

60歳から老後の生活を始める場合

ただし、上記の計算は65歳から老後の生活を始めた場合になりますので60歳から老後の生活を始める場合は、追加で5年分の生活費を加える必要があります

65歳までは年金が支給されませんので、生活費だけが純増することになります。

毎月の生活費老後の期間老後資金の必要額
¥220,0005年¥13,200,000
¥277,0005年¥16,620,000
¥349,0005年¥20,940,000

この金額を先ほどの65歳から90歳までの老後資金の必要額である1833万円に加えると以下のようになります。

生活水準老後資金の必要額
老後に最低限度の生活を送るための生活費¥31,530,000
夫婦二人暮らしの老後の平均生活費¥34,950,000
老後にゆとりある生活を送るための生活費¥39,270,000

ここでもう1つの疑問である、老後資金が3000万円から5000万円は必要と言われる根拠になります。

5000万円の場合は、こちらに介護、インフレ、法改正などのリスクを考慮し1000万円程度の余裕を持たせるほうが安全であるとしています。以前、「老後資金の必要額|夫婦二人で5000万円の貯蓄が必要な理由」でも解説した通りです。

老後資金はどう貯めるべきか

上記のように65歳から老後の生活を始める場合は1800万円、余裕を持たせるならば2500万円程度、60歳から老後の生活を始める場合は3000万円から5000万円程度の老後資金が必要になることが分かりました。

そのため、老後資金が1億円必要というのはウソと言えるでしょう。ホントは65歳から90歳の老後の生活費は1億円程度発生する場合がある。というのが正しい認識となります。

とは言え、老後資金が不足している事実は変わりません。

そこで、老後資金の不足に対して、どのように貯蓄を貯めるべきなのか解説したいと思います。

70歳まで仕事をして年金を繰り下げる

まず一番ダイレクトな方法ですが、70歳まで仕事をしましょう。現役時代並みの所得は不要になりますので夫婦で11万円ずつの合計22万円を目標にしてみましょう。(収支が赤字にならないライン)

65歳から70歳までの5年間で1320万円程度の収入を得ることが可能になります。

加えて、70歳から年金を受給する場合は、最大で受給額が142%増で受け取ることが可能になります。

年金の受給年齢を70歳まで繰下げると140%増で受け取れる」にて解説しましたが、81歳の段階で65歳から年金を受給した場合よりも多く年金を受け取ることが可能になります。

先ほどの夫婦世帯の年金支給額である19.3万円の142%増となりますので27.4万円を受給することが可能です。

81歳から90歳までの9年間の差額分(27.4万円-19.3万=8.1万円×9年)を計算すると875万円程度多く年金を受け取ることが出来ます。

投資商品を購入しインフレ対策を行う

そして、忘れてはいけないのが自分ではなくお金に働いてもらうということです。

現金での貯金はインフレ時に貯蓄が目減りしてしまうリスクがありますので投資商品に貯蓄を分散させておくほうがリスクを軽減できるでしょう。

老後資金を預金のみで貯めるとインフレによって目減りする可能性が大」にて詳しく解説をしておりますが、投資初心者の方は貴重な老後資金を逆に減らしてしまうリスクもありますので、不安な方は投資信託を活用しファンドマネージャーに運用をしてもらいましょう。

また、最近ではAIロボットが投資信託の業務代行することが出来ます。お金を預けるだけで投資先の選定、ポートフォリオの構築、運用、節税まで全てを行なってくれる便利なツールです。

ロボアドバイザーとは?手数料・機能面・運用実績から比較する」にておすすめのサービスを紹介しておりますのでご参照ください。

老後資金は人それぞれだからシミュレーションが重要

これまで、各種平均データを元に老後資金の必要額を計算しましたが、家計によって本当に必要な老後資金は変わります。そのため上記の情報はあくまで参考程度として受け止めましょう。

とは言え、実際に老後資金がいくら必要なのかは気になるポイントだと思います。そこで。老後資金の必要額を簡単にシミュレーションができるシミュレータを作成しましたのでご活用ください。

老後資金の必要額を
簡単シミュレーション

65歳以降に必要となる老後資金の必要額を簡単に計算することが可能になります

あなたと配偶者の現在の年齢を入力してください

収入の金額と収入を得られる期間を入力してください

月額 万円
月額 万円
月額 万円
月額 万円

貯蓄額を入力してください

総額 万円

支出の金額を入力してください

月額 万円
総額 万円
総額 万円

※介護費用966万+葬儀費用400万円を夫婦二人分を自動加算しています

あなたの老後資金の必要額は

万円です。

老後資金の必要額の算出結果は目安となりますので、家庭環境によって変動することにご留意ください

老後資金が不足する場合は以下のような資産運用を活用し老後資金の準備を行うことをおすすめします。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。