10代の平均年収を男女・企業規模・業種別に解説







10代の多くは学生の方が多いでしょうが、中学、高校卒業者は早くから社会に出て活躍している方も一定数おります。

雇用形態としては正社員4割、非正規雇用6割程度になるようで、歳が若いことも合間って平均年収は低くなると想定されます。

今回は、10代の平均年収を男女、企業規模、業種別に「平成28年度民間給与実態統計調査」を参照し解説を行いたいと思います。

男女・全体別|10代の平均年収

まずは、10代の平均年収を全体と男女別で確認してみましょう。

項目19歳以下
男女込み131万円
男性157万円
女性106万円

19歳以下の平均年収は全体で131万円、男性で157万円、女性で106万円と全世代と比較しても大幅に低い年収となっております。月収ベースで10万円程度になりますので最低水準で労働していることが分かります。

先ほどお伝えしたように10代の6割は非正規雇用になりますので基本的には収入が上がりづらい構図になっていることが影響していると言えるでしょう。

企業規模別|10代の平均年収

次に企業規模別の10代の平均年収を確認してみましょう。

資本金性別19歳以下
2000万円未満男性142万円
女性95万円
全体120万円
2000万円以上男性180万円
女性143万円
全体161万円
5000万円以上男性177万円
女性125万円
全体150万円
1億円以上男性171万円
女性119万円
全体146万円
10億円以上男性170万円
女性93万円
全体127万円

企業規模別の10代の平均年収を確認すると、資本金2000万円以上5000万円未満の企業規模の平均年収が全体で161万円、男性で180万円、女性で143万円と最も高い水準になることが分かります。

これは雇用形態によるバラつきが考えられ、資本金が1億円以上の企業規模になると大卒者以上を選考対象としていることが多く、入社できても非正規雇用になってしまうというのが一般的でしょう。

その点、中小企業の方が中卒、高卒者を正社員として採用している比率が高まっていると考えられます。

業種別|10代の平均年収

業種別の10代の平均年収を確認してみましょう。

業種19歳以下
建設業240万円
製造業247万円
卸売業・小売業94万円
宿泊業・飲食サービス業84万円
金融業・保険業276万円
不動産業・物品賃貸業300万円
運輸業・郵便業221万円
電気・ガス・熱供給・水道業244万円
情報通信業205万円
学術研究・専門技術サビス・教育・学習支援業137万円
医療・福祉237万円
複合サービス業218万円
サービス業129万円
農林水産・鉱業165万円

業種別の10代の平均年収を確認すると「不動産業・物品賃貸業」が平均年収300万円で最も高い水準になります。これは、営業勝負の企業文化であり、結果さえ出せば10代でも一定の年収を手に入れることができるという点が挙げられるでしょう。

そのため、「金融業や保険業」も平均年収276万円と比較的高くなっております。

中卒・高卒の生涯賃金

10代は総じて平均年収が低い結果となりました。

実際、早く社会に出ている分多く稼げるかと言うと実態は難しいようです。ユースフル労働統計2016を参照すると2014年の学歴別の生涯賃金(60歳定年)は以下のようになっております。

学歴性別生涯賃金
中学卒業男性1億8800万円
女性1億3100万円
高校卒業男性2億600万円
女性1億4600万円
高専・短大卒業男性2億1200万円
女性1億7400万円
大学・大学院卒業男性2億6600万円
女性2億1800万円

10代が将来いくらの賃金を得ることができるか生涯賃金を確認すると、中学卒業者の場合は、男性1億8800万円、女性1億3100万円となり、高校卒業者の場合は、男性2億600万円、女性1億4600万円となりますので、大卒者に比べると非常に低いことが分かります。

上記のように10代から社会に出る方は、非常に不利な状況になることが分かります。

会社に依存する必要はない

中学・高校卒業者の生涯賃金は大卒者と比較すると非常に低いことが分かりましたが、何も会社に依存する必要はないのです。今は、会社以外でも収入を得ることができます。むしろ、大卒でも会社以外から収入を得ないと老後に破産をしてしまうことがあります。

そのため、会社以外の収入源を作る努力が必要になりますが、限られた時間で出来るのが資産運用でしょう。

投資の知識があまり無い方も多いと思いますが、これも10代に限った話ではなく日本人は世界的に見ても金融リテラシーの低い国です。逆に言えば、しっかりと投資の勉強をすることで逆転できるチャンスがあるとも言えます。

まずは、少額からでも資産運用を行うことをおすすめしたいと思います。

まとめ

10代の平均年収を男女・企業規模・業種別に解説を行いました。

10代の方は大卒者などに比べると平均年収が低くなり、転職市場でも厳しい環境に晒されることから非常に悩む時期が来るかもしれません。

ただ、会社に依存するのではなく資産運用などを行い自分自身で稼ぐ力を身につけるようにしましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。