老後の貯金が1500万円の場合|65歳からの生活費をシミュレーション







65歳を向かえ長かった会社員人生が終わりを向かえ、定年後の人生を楽しみにしている方も多くいるでしょう。一方で、老後資金が十分に用意が出来ておらず楽しみたいと思いつつも不安が残る高齢者の方は非常に多い状況です。 実際、老後資金の必要額は5000万円は必要であると言われていますが、平均的な65歳以上の貯蓄額は2000万円程度と大きく乖離しています。また、この平均値は資産家が全体の数値を大きく引き上げている背景があります。そこで、今回は、1500万円の貯金で65歳を迎えた場合に90歳までにどのような生活を送れるのかシミュレーションをしたいと思います。

老後の貯金が1500万の場合85歳で老後破産の危機

一般的な老後の生活費は月あたり28万円と言われており、年金収入は22万円が平均値です。従って毎月6万円の赤字になりますので、6万円×12ヶ月×25年間ですと1800万円の老後資金が最低でも必要になる計算です。そのため、老後の貯金が1500万円しか用意が出来なかった場合、85歳程度で老後資金が枯渇し老後破産になってしまうことが予想されます。

また、この計算には介護費、病気、怪我の費用が個人によって大きく異なることや住宅のリフォームや葬式代、子供結婚資金など老後に想定される大きな支出が平均値としていることで見えづらくなっている問題があります。そのため、このあたりの支出も加味すると老後資金は3000万円程度必要と言われています。また、60歳から老後の生活を始めた場合は、無収入期間を含めますので老後資金が5000万円必要になるでしょう。

65歳から90歳までを生き抜くための老後の生活費

それでは、貯金1500万円の場合は、毎月いくらの生活費が使えるのか計算してみましょう。

 貯金1500万円で65歳から90歳までの老後の生活費をシミュレーション
1500万円÷300ヶ月(25年間)=5万円の赤字まで許容可能

1500万円で65歳から90歳まで老後の生活を営む場合、年金収入が22万ある前提で、毎月の老後の生活費を27万円にすることで90歳まで貯金を切り崩しながら生活ができそうです。ただ、この計算には、介護等の支出が含まれていないことから、貯金1500万円のうち500万円は特別支出として別途確保するのが良いでしょう。この場合のシミュレーションを計算したいと思います。

 貯金1000万円で65歳から90歳までの老後の生活費をシミュレーション
1000万円÷300ヶ月(25年間)=3.3万円の赤字まで許容可能
従って、老後の生活費は25万円程度に納める必要が出てくるでしょう。これが実現できれば90歳までに1000万円の貯金を使用し、残る500万円の貯金は万が一のため蓄えておくことが可能です。

老後の生活費を25万円で納めた場合の支出内訳

それでは、老後の貯金1500万円(内500万円を貯金として保管)で生活する場合どのような内訳になるのかシミュレーションしてみましょう。比較対象として、一般家庭の老後の生活費である28万円の場合から25万円になるように計算を行います。

項目一般家庭25万で生活する場合削減額
食費80,00080,0000
住居15,00015,0000
光熱・水道20,00020,0000
家具・家事用品10,00010,0000
被服及び履物10,00010,0000
保険医療15,00015,0000
交通・通信35,00020,000-15,000
教養娯楽30,00025,000-5,000
雑費・日用品・小遣い30,00020,000-10,000
税金35,00035,0000
合計280,000250,000-30,000

食費、住居費、光熱費などは生活の基盤となるため削減を行うことは避けましょう。一方で、交通費、教養・娯楽費、雑費などは削減がしやすい項目であったりします。

老後の生活費を3万円削減するポイント

老後の生活費を3万円削減しようと思うと食費や光熱費の削減を連想しますが、実はもっと大きく確実に見直せるポイントがあります。

老後の生活費を見直すポイント

  • 第一に、車です。もし、車を保有しており乗る頻度が少ない(もしくは乗らなくても生活できる)場合は、すぐに手放しましょう。自動車は保有しているだけでもお金がどんどん無くなります老後の生活においては要注意です。
  • 第二に、携帯料金です。現在はSIMフリーの携帯にすることで通信料を半額以下に抑えられる携帯電話があります。現役時代の名残で高額なプランに契約したままの方も多いかもしれませんがすぐに見直しを行うようにしましょう。
  • 第三に、無駄使いです。家計の使途不明金とも呼びますが、何に使ったか分からない費用は毎月1万近くになるケースもあります。老後資金の貯め方の基本ともなる家計簿管理は非常に重要でありますのでこちらの記事を参考にしてください。

【FPが教えるVol.1】老後資金の貯め方は家計簿管理が基本

2017.05.27

500万円の貯金では足りない場合の対処法

先ほど、1500万円の貯金のうち500万円は万が一のために残して置くことが理想とお伝えしましたが、残る500万円の貯金だけでは足りなくなってしまうケースもあるでしょう。そこで、500万円の貯金が足りなくなった場合の対処方法をお伝えします。

大きな支出が2つから3つ続くと500万円の貯金は無くなる

  • 老人ホームへの入居金は300万円+月額費用30万円程度の支出は覚悟すべき(おおよそ5年程度入居している方が多い)
  • 住宅リフォームは改修範囲によるが、30万円から100万円程度の支出は発生する
  • 子供の結婚式資金の援助は100万円近くの支出が発生しやすい。
  • 事故車の修理費用、税金(固定資産税の支払い等)の支払いなど負担の重たい支出が発生し続ける

などなど500万円の貯金はすぐ無くなってしまう可能性が高いものです。

老後の貯金が足りない場合の対処法①:終身保険の解約返戻金

終身保険に一定期間加入すると保険の解約返戻金を受け取ることが可能になります。なるべく短い期間で解約返戻率が高い商品を選ぶ必要はありますが、それでも数年から10年近くは保険金を支払う必要が出てくるでしょう。そのため、老後資金に猶予がある方におすすめと言えます。

老後の保険|60歳からでも老後資金が確保できるおすすめの方法

2017.05.07

老後の貯金が足りない場合の対処法②:資産運用(ロボットアドバイザーが良い)

次に資産運用ですが、最近は個人年金と言われるiDeCoなどがブームです。自分自身で資産を運用し60歳以降に受け取ることができる制度ですが、残念ながらすでに老後の生活が始まっている方は対象にはなりません。

そのためiDeCo以外の資産運用を行う必要がありますが、何から始めたら良いのか分からない。という方も多いでしょう。その場合はロボットアドバイザーを活用するのも手です。世界中の銘柄を判断し最適な投資を行ってくれるので投資初心者でも安心と言えます。その中でもウェルスナビは数々の賞を受賞しているサービスなので一度活用してみるのもおすすめです。

老後資金を貯めている時間がない!という方にオススメしたい6つの方法

2017.05.13

老後の貯金が足りない場合の対処法③:リバースモーゲージ

リバースモーゲージとは、住宅を担保に金融機関から借り入れを行う制度ですが、借り入れ期間中は、金利の支払いのみで元本の返済は債務者が死亡後になります。返済方法は担保にした住宅を売却ないし代物弁済することで元金の一括返済を行います。そのため、老後の生活を圧迫することなく条件に合致すれば、確実に老後資金を得ることができるので非常におすすめの制度と言えるでしょう。

リバースモーゲージとは|1から理解し使いこなすための全知識

2017.03.13

老後の貯金1500万円で生活は出来るが老後破産の危険性あり

老後の貯金1500万円で生活するシミュレーションと対策をご紹介しましたが、確かに老後の生活費を圧縮することで生活することは可能でしょう。一方で、万が一の時に老後破産になる危険性がありますので、その時の資金入手方法を予め用意しておくことが望ましいと言えます。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。