20代の平均年収を男女・企業規模・業種別に解説







20代は社会人としてはまだまだ半人前扱いをされる年齢でもありますが、それでも20代前半と20代後半では与えられる仕事の責任なども大きく異なります。

それ故に、20代の前半と後半でどの程度年収の差が開くのか?気になるところです。また、自分自身の年収が他人と比べて高いのか?低いのか?頻繁に気にしてしまう年齢でもあるでしょう。

そこで、今回は、20代の平均年収がいくらなのか男女・企業規模・業種別に「平成28年度民間給与実態統計調査」を参照し解説を行いたいと思います。

男女・全体別|20代の平均年収

まずは、20代の平均年収を全体と男女別で確認してみましょう。 

項目20歳〜24歳25歳〜29歳
男女込み258万円351万円
男性275万円383万円
女性241万円309万円

20歳〜24歳までの平均年収は258万円となり、男性で275万円、女性で241万円となります。また、25歳〜29歳までの平均年収は351万円となり、男性で383万円、女性で309万円となります。

男性は20代前半から後半にかけて平均年収は+100万円近くまで収入が増加し、女性も+60万円程度増加しますので、順調に給与は上がるということがわかります。

また、20代前半では男女の平均年収には大きな差はありませんが、20代後半の男女では80万円近くも年収に差が生まれます。これは、20代後半では結婚や出産をする方が増え、非正規雇用の方も増加するためと考えられます。

企業規模別|20代の平均年収

次に企業規模別の20代の平均年収を確認してみましょう。

資本金性別20歳〜24歳25歳〜29歳
2000万円未満男性241万円330万円
女性197万円264万円
全体221万円304万円
2000万円以上男性284万円351万円
女性221万円275万円
全体257万円323万円
5000万円男性281万円364万円
女性236万円285万円
全体261万円333万円
1億円以上男性279万円390万円
女性230万円320万円
全体256万円358万円
10億円以上男性314万円469万円
女性237万円358万円
全体285万円434万円

企業規模別に20代の平均年収を確認すると、20代前半では企業規模による年収差はあまりないことが分かります。一方で20代後半になると資本金が10億円以上の企業は男性で314万円から469万円、女性で237万円から358万円と平均年収が飛躍的に増加することが分かります。

一方で資本金が2000万円未満の中小企業の20代後半の平均年収は、男女込みで221万から304万円、男性で241万円から330万円、女性で197万円から264万円と大きな増額は期待できないようです。

20代の平均年収の差は、大企業の方が賞与の支給額が大きい点が全体の平均を底上げしていると言えます。また、中小企業の場合は出世が早く20代で部長など役職に就く方もいることから実力次第で年収は大きく変わるでしょう。

業種別|20代の平均年収

最後に業種別の20代の平均年収を確認してみましょう。

業種20歳〜24歳25歳〜29歳
建設業325万円390万円
製造業317万円390万円
卸売業・小売業209万円308万円
宿泊業・飲食サービス業138万円250万円
金融業・保険業353万円453万円
不動産業・物品賃貸業307万円404万円
運輸業・郵便業323万円387万円
電気・ガス・熱供給・水道業410万円500万円
情報通信業318万円407万円
学術研究・専門技術サビス・教育・学習支援業282万円365万円
医療・福祉296万円340万円
複合サービス業265万円323万円
サービス業226万円301万円
農林水産・鉱業245万円259万円

業種別の20代の平均年収を確認すると、「電気・ガス・熱供給・水道業」が20代前半の平均年収で410万円、20代後半で500万円と業種全体で最も高いことが分かります。

また、業種における最低水準は「宿泊業・飲食サービス業」となり20代前半の平均年収は138万円、30代後半では250万円となります。宿泊業・飲食サービス業の20代の平均年収を月額に換算すると毎月11.5万円となりますので、おそらく非正規雇用の方が多いと想定できるでしょう。

とは言え、20代での業種による平均年収の違いは一部の業種を除けばだいたい同程度と言えます。

今の仕事が違うと思えばすぐに転職もあり

石の上にも三年という言葉がありますが、一般的には新卒で入社した会社には最低でも3年は務めた方が良い。という話を聞きます。もちろん、3年程度働かなければ業務全般を身につけることが出来ない。という話も一理ありますが、自分に合わない仕事だと感じたならば早期の転職もありでしょう。

特に、専門性の低い業種や職種の場合は、年を取るほど転職市場は厳しくなります。

そのため、最低でも3年は働くべきという言葉に惑わされることなく、本来自分は何がしたいのか?をよく考えた方が良いでしょう。

また、転職活動をする場合、20代の方では転職エージェントを活用してもあまり求人を紹介されないケースも多いでしょう。そのため、求人サイトに登録し、複数の企業の話を聞きながら自分のやりたいことにマッチするか検討した方が良いと言えます。

大手の求人サイトでも規模が大きいリクナビNEXTなどは良い求人も多いので登録してみてもよいかもしれません。

まとめ

20代の平均年収を男女・企業規模・業種別に解説を行いました。

20代は転職市場としても多くの企業が獲得したい年代でもあるので、1つの会社にこだわるのではなく柔軟に転職活動を行っても良いでしょう。

社会に出ることで学生時代とは異なる視点で物事を見ることもできるでしょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。