40代の平均年収を男女・企業規模・業種別に解説







40代はまだまだ働き盛りで子供も小学生から高校生くらいの年齢の世帯が多く存在していることでしょう。

子供の進学のため、親の介護のため、自分たちのためと何かとお金を使う時期でもあり、貯蓄もしなければならない時期であることから相当なプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

実際、他の家庭はどの程度の収入をもらっているのだろうか。と気になる方も多いと思いますが、もし自分の年収が平均よりも大きく乖離しているなら転職も検討する最後のチャンスかもしれません。

そこで今回は、40代の平均年収を男女、企業規模、業種別に「平成28年度民間給与実態統計調査」を参照し解説を行いたいと思います。

男女・全体別|40代の平均年収

まずは、40代の平均年収を全体と男女別で確認してみましょう。 

項目40歳〜44歳45歳〜49歳
男女込み460万円494万円
男性563万円633万円
女性302万円299万円

40歳〜44歳までの平均年収は460万円となり、男性で563万円、女性で302万円となります。また、45歳〜49歳までの平均年収は494万円となり、男性で633万円、女性で299万円となります。

男性は40代前半から後半にかけて平均年収は+70万円近くまで収入が増加しますが、女性はやや微減となります。男性の場合は昇格する方が増加する年齢でもあるので平均年収は増加傾向と言えますが、昇格しなければ40代前半とあまり大きく年収が上がらないというリスクもあるでしょう。

女性の場合は、非正規雇用の平均年収も含まれておりますので、時勢によって多少の変動があったと考えるのが自然でしょう。

企業規模別|40代の平均年収

次に企業規模別の40代の平均年収を確認してみましょう。

資本金性別40歳〜44歳45歳〜49歳
2000万円未満男性482万円527万円
女性250万円249万円
全体395万円414万円
2000万円以上男性500万円533万円
女性267万円261万円
全体427万円444万円
5000万円以上男性528万円567万円
女性274万円278万円
全体444万円461万円
1億円以上男性600万円670万円
女性321万円295万円
全体505万円529万円
10億円以上男性739万円845万円
女性373万円361万円
全体627万円700万円

企業規模別の40代の平均年収を確認するとやはり規模が大きい大企業の方が平均年収は高い傾向にあります。

大企業(資本金10億円以上)にお勤めの40歳〜44歳の平均年収は男性で739万円、女性で373万円となり、45歳〜49歳の平均年収は男性で845万円、女性で361万円となります。上場企業が多いので福利厚生なども充実していると考えられるでしょう。

一方で、資本金1億円以下の中小企業は大企業よりも平均年収は劣り、資本金5000万円以上1億円未満の40歳〜44歳の平均年収は男性で528万円、女性で274万円となり、45歳〜49歳の平均年収は男性で567万円、女性で278万円となります。

大企業と中小企業を比較すると平均年収が200万円以上の差があることが分かります。

業種別|40代の平均年収

最後に業種別の40代の平均年収を確認してみましょう。

業種40歳〜44歳45歳〜49歳
建設業
507万円561万円
製造業
522万円569万円
卸売業・小売業
416万円426万円
宿泊業・飲食サービス業
291万円267万円
金融業・保険業
655万円749万円
不動産業・物品賃貸業
491万円522万円
運輸業・郵便業
443万円476万円
電気・ガス・熱供給・水道業
774万円906万円
情報通信業
623万円687万円
学術研究・専門技術サビス・教育・学習支援業
509万円597万円
医療・福祉
387万円411万円
複合サービス業
477万円470万円
サービス業
398万円399万円
農林水産・鉱業
377万円333万円

業種別の40代の平均年収を確認すると、「電気・ガス・熱供給・水道業」が40代前半の平均年収で774万円と業種全体で最も高いことが分かりますが、それ以上に注目すべき点は、40代後半の平均年収が906万円まで跳ね上がるということでしょう。

また、業種における最低水準は「宿泊業・飲食サービス業」となり40代前半の平均年収は291万円、40代後半では267万円まで下がってしまいます。

稼ぎ時のこの年代においては少々厳しい実態かもしれません。

40代は転職は厳しい

自分の年収が平均年収よりも低い方や上昇があまり見込めない業種・企業にお勤めの方は、転職を視野に入れた方が良いかもしれません。とは言え、20代、30代に比べるとなかなか転職先が見つからないでしょう。

実際、インテリジェンスが調査した「みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2017年上半期)」を参照すると年齢が上がるほど転職が難しくなることが分かります。

転職に成功した年齢割合

40代以上は1つにまとめられていますが、それでも15%代という結果となります。40代、50代の転職希望者は一般応募では書類審査を通過しないケースも多いことから転職を諦めている方も多いかもしれません。

ただ、1つ可能性があるとすると転職エージェントに相談をする方法があります。

これまでのキャリア、人脈、専門知識をエージェントに伝えマッチングする機会を淡々と待つというのも1つ手でしょう。「50代の転職で成功する人と失敗する人|エージェントが救世主になる」にて50代でも利用できる転職エージェントを紹介しておりますので興味のある方はご参照ください。

まとめ

40代の平均年収を男女・企業規模・業種別に解説を行いました。

50代になると転職活動もさらに難しくなることから、平均年収が大きく乖離している方は、「転職エージェントに登録を行う」、「資産運用を行う」など収入を上げる対応が必要になるでしょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。