老後の生活費は夫婦でいくらになる?65歳貯金500万円の実態







老後資金は夫婦で3000万円から5000万円必要であると言われますが、実際にその金額を貯蓄することは非常に困難であるとも言えます。

そこで今回は、65歳時点で貯金が500万円しか用意ができなかった場合に夫婦二人の生活がどのくらい困窮するのか?その実態についてシミュレーションをしたいと思います。

モデルAさんの収支状況

  • 収入:22万円(年金収入)
  • 貯金:500万円
  • 住所:東京都板橋区
  • 住居:築年数20年の戸建

晩婚だったため、教育資金と住宅ローンの返済でなかなか貯金が作れずにいたAさん。退職金を住宅ローンの残債に充てることでローンは無くなり、子供も一人立ちしたのでこれから老後資金を貯める必要があります。

70歳までは仕事を続ける

Aさんの場合、貯金の500万円だけでは老後資金がすぐに底をついてしまうため、老後の生活費の圧縮する以前に少しでも長く働き収入を増やす努力が必要になります。

そこで70歳まで夫婦二人で働くこと仮定しましょう。

ただ、無理な労働ではなく5年間確実働けるようにするために、時給1000円のアルバイトを1日4時間夫婦で行うこととします。

Aさん夫婦のアルバイト収入

  • 時給1000円 × 4時間 × 22日勤務 × 2人=17.6万円
  • アルバイト収入17.6万円 + 年金収入22万円=39.6万円

65歳から90歳までの老後の生活費は月28万円

夫婦二人の老後の生活費は高齢夫婦無職世帯の家計収支(2016年)の調査によると月額27.7万円になります。

この金額を老後の生活費のベースとして考えた場合、「27.7万円 × 12ヶ月 × 25年=8310万円」の老後の生活費が必要になる計算です。

現状のままでは154万円の老後の生活費が不足する

それでは収入と支出の金額が分かったところで貯金500万円のAさん夫婦の老後資金が足りているのか計算をしてみましょう。

Aさん夫婦の収支計算

  1. 65歳から70歳までの収入:39.6万円 × 12ヶ月 × 5年間 = 2376万円
  2. 70歳から90歳までの収入:22万円 × 12ヶ月 × 20年 = 5280万円
  3. 貯金:500万円

(1)+(2)+(3)=8156万円(65歳から90歳までの総収入)

収入8156万円 – 支出8310万円 = △154万円老後の生活費が不足

老後の余剰資金として500万から1000万円程度は確保したい

現状のAさん夫婦は154万円の老後資金が不足することが想定できます。

また、病気や怪我、そして介護費用に向けて500万円から1000万円程度の余剰資金を作ることが望ましいでしょう。生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」を参照すると平均介護期間は4年11ヶ月、介護費用は毎月7.9万円発生していることが分かります。

従って、1人あたりの介護費用466万円となり、夫婦二人では932万円を見積もっておくべきと言えます。

ここでは1000万円まで貯金を増やすための老後資金の貯め方について考えたいと思います。

5年間で貯金1000万円を用意するために老後の生活費を削減

不足する1000万円をコツコツ貯めることができれば理想ではありますが、そのような余裕は無いと言えますので、短期集中で貯蓄額を増やす方法を考えたいと思います。

まずは、収入を増やす前に支出を削減しましょう。

とは言え、老後の生活費を圧縮することは老後の生活の楽しみが減ってしまう原因にもなりますので、65歳から70歳までの短期間で1000万円の貯金が作れるように考えたいと思います。

ちょっと無理難題では?」と思ってしまう方も多いと思いますが、5年間で1000万円の貯金を作るには、毎月16.8万円の貯金を作れれば可能になります。

65歳から70歳までは毎月22.8万円で生活

65歳から70歳までは、仕事をしているため月収が39.6万円あります。そこから16.8万円の貯金を抜くと老後の生活費は22.8万円になります。

老後の最低限度の日常生活を営むには22万円必要であると生命保険文化センターの「平成28年度生活保障に関する調査」で報告がされています。

そのため、少々ギリギリの生活が予想されますが、どのような老後の生活になるのか確認してみましょう。

22.8万円の老後の生活実態は?

Aさん夫婦の老後の生活実態について家計簿を確認してみましょう。

項目老後の生活費
食費68,000
住居15,000
光熱・水道20,000
家具・家事用品10,000
被服及び履物10,000
保険医療15,000
交通・通信15,000
教養娯楽20,000
雑費・日用品・小遣い20,000
税金35,000
合計228,000

老後の生活費22.8万円での生活は十分にできる?

日常生活を営む上で、食費を切り詰め過ぎると味気ない生活になってしまいます。

Aさん夫婦は毎月6.8万円の食費で生活することになりますが、単純計算で1日の食費は2,266円になります。外食はできませんが、巷に溢れる節約レシピを活用すれば高齢な夫婦二人分の食費は足りそうです。

その他の項目を確認しても極端な貧乏生活にはならないと想定できます。

500万円の貯金でも70歳まで働けば乗り切れる

ここまでシミュレーションをしてみましたが、多少の切り詰めは必要ですが平均的な年金が支給され健康で70歳まで仕事ができる場合は老後の生活は可能であると考えられます。

もちろん旅行などの費用が捻出できないので、孫のためにお金を使うなどはなかなか難しいかもしれません。それでも老後破産するような状態にならないのは大きいでしょう。

とは言え、せっかくの老後なのでもう少し余裕をもった生活がしたいと思うものですので、ここからは少しでもお金を増やす方法についてお伝えします

余力資金があれば資産運用を行う

最低限の生活費で暮らしているため、なかなか余力資金を捻出することは難しいと言えますが、それでも退職金が少し余った。など余力資金が用意できるならば資産運用に積極的に投資ができると良いと言えます。

とは言え、リスクの高い金融商品は非常に危険なので比較的安定している投資方法を「退職金の運用で失敗しないおすすめプラン5種を徹底比較」にてご紹介しておりますのでご参照ください。

また、最近はAIが資産運用を完全自動化してくれるツールもあるので興味がある方は「ロボアドバイザーとは?手数料・機能面・運用実績から比較する」も合わせてご参照ください。

介護は在宅介護を活用するべき

有料人ホームへの入居は介護する側もされる側も負担が少なくて済みます。

一方で、入居一時金から月額費用まで多額の支出を伴うことから、介護が必要になった場合は在宅介護を選択し費用を1/3から1/2程度まで圧縮するようにしましょう。

従って、老後資金を想定金額よりも貯めることが出来なかった場合でも、在宅介護を選択することで介護費用の圧縮が可能と言えます。

【老後の相談室Vol.5】老人ホームの入居費が足りない夫婦の選択にて老人ホームと在宅介護をどのように選択すべきなのか解説してますのでご確認ください。

介護費用の目安はいくら?介護施設と在宅介護の相場を比較

2017.05.31

万が一の時にはリバースモーゲージも選択可能

一点、このシミュレーションは70歳まで元気で働けること。年金がこれまで通り支給されることが前提条件になっています。そのため、健康状態や制度改変によっては大きくシミュレーションが崩れてしまう場合があります。

そこで、万が一の場合におすすめした老後資金の対策がリバースモーゲージです。

Aさんのように日々の生活費をギリギリまで切り詰めている状態では資産運用でも大きく投資することは難しいと想定できます。その場合に、お住いの住宅を担保に資金を借り入れできるリバースモーゲージが救世主となるのです。

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージとは、現在のお住いの住宅を担保に金融機関から借り入れをしますが、返済は契約者死亡後に担保にした住宅を売却することで返済完了とする制度です。

契約中は金利の支払いのみが発生する商品や金利自体も元本に組み入れて返済時に一括で返済する商品など取り扱う金融機関で様々です。

中には、住み替え後の住宅を担保に借り入れができるリバースモーゲージもありますので、現在お住いの住宅が担保対象にならなくても住み替え後の住宅を担保に老後資金を借り入れすることもできるでしょう。

そのため、老後資金が不足する高齢者にとってリバースモーゲージは救世主的な役割を果たします。

ただ、リバースモーゲージにはリスクもありますので、しっかりとリスクも把握し、ご家族と相談をする必要があります。

詳しくは「リバースモーゲージとは?全46銀行と社会福祉協議会の制度を徹底解剖」にて解説をしております。加えて、全国の取り扱い金融機関もまとめてありますので便利にご活用頂けることでしょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。