60代の平均年収を男女・企業規模・業種別に解説







60代は「社会人として定年を控える方」、「定年退職し年金生活を送る方」、「再就職し年金と給与を得る方」など家庭の事情によって様々な働き方をしている方も多いでしょう。

では、実際のところ60代はいくらの給与を得ているのか?

今回は、60代の平均年収を男女、企業規模、業種別に「平成28年度民間給与実態統計調査」を参照し解説を行いたいと思います。

男女・全体別|60代の平均年収

まずは、60代の平均年収を全体と男女別で確認してみましょう。

項目60歳〜64歳65歳〜69歳
男女込み378万円306万円
男性479万円387万円
女性228万円195万円

60歳〜64歳までの平均年収は378万円となり、男性で479万円、女性で228万円となります。また、64歳〜69歳までの平均年収は306万円となり、男性で387万円、女性で195万円となります。

60代は50代よりも急激に年収が減少してしまいます。これは「定年退職の前に必ずチェックしたい老後の生活に役に立つ全知識まとめ」にて解説を行いましたが、多くの企業が60歳を定年退職に設定しており、以降は再雇用制度により65歳まで雇用する会社が多いのです。

この際、再雇用制度にて同じ会社に雇用される場合、年収が5割〜7割も減少するケースがありますので、60代前半の年収が総じて減少していると言えます。

また、60代後半については、多くの方が仕事を辞め年金生活を送っていることから年収が下がるのは納得の結果とも言えます。

企業規模別|60代の平均年収

次に企業規模別の60代の平均年収を確認してみましょう。

資本金性別60歳〜64歳65歳〜69歳
2000万円未満男性420万円369万円
女性233万円198万円
全体351万円301万円
2000万円以上男性478万円371万円
女性214万円187万円
全体406万円316万円
5000万円男性460万円403万円
女性195万円173万円
全体364万円323万円
1億円以上男性499万円375万円
女性179万円140万円
全体386万円282万円
10億円以上男性583万円553万円
女性177万円134万円
全体451万円389万円

企業別の60代の平均年収を確認すると、資本金2000万円以上〜5000万円未満と資本金1億円以上〜10億円未満の企業規模が60代前半から60代後半にかけて年収が100万円近く減少していることが分かります。

一方で、資本金2000万円以下、資本金10億円以上の企業規模の場合は、年収の減額が50万円程度と減少額が少ない結果となりました。

資本金2000万円以下の中小企業の場合は、60歳以降で給与が減額するような仕組みを用意していない会社も多いと想定できます。また、資本金10億円以上の大企業は安定した収益基盤から長年働いた従業員を保全するだけの資本力があると言えるでしょう、

業種別|60代の平均年収

最後に業種別の60代の平均年収を確認してみましょう。

業種60歳〜64歳65歳〜69歳
建設業462万円365万円
製造業419万円347万円
卸売業・小売業315万円284万円
宿泊業・飲食サービス業228万円191万円
金融業・保険業491万円391万円
不動産業・物品賃貸業402万円343万円
運輸業・郵便業359万円289万円
電気・ガス・熱供給・水道業544万円869万円
情報通信業503万円442万円
学術研究・専門技術サービス・教育・学習支援業587万円444万円
医療・福祉401万円365万円
複合サービス業321万円202万円
サービス業296万円234万円
農林水産・鉱業279万円231万円

業種別の60代の平均年収を確認してみましょう。

まず、注目すべき点は、「電気・ガス・熱供給・水道業」が60代前半から後半にかけて300万円も年収が増加しているのです。これは、給与所得者数が854人に対して74億円の給与を支払っていることになりますので、各企業の取締役などの重役に支払ったと考えるのが自然でしょう。

そのほかの業種については、60代前半から後半にかけて総じて年収が減少します。中でも一番平均年収の減少額が大きいのが「学術研究・専門技術サビス・教育・学習支援業」になり124万円も減少する結果になりました。

それでも専門業種は65歳以降でも比較的高年収をキープできると言えます。

一方で、サービス業関連の平均年収は60代以降も総じて200万円代と60歳以下から低年収が続くこととなりますので少々厳しい老後が待っていると言えるかもしれません。

まとめ

60代の平均年収について解説を行いました。

多くの方は定年退職する年代ですが、平均寿命が伸びる昨今は少しでも長く働いた方が良いとも言えます。以前、「シニアの仕事におすすめな職種と求人情報10選」でも紹介しましたが、アルバイトでも良いので無理のない範囲で収入を得ることができると老後の生活も変わるでしょう。

また、年金収入とのバランスともなりますので参考に「2017年最新|年金支給額の平均は国民年金5.5万円・厚生年金14.7万円」をご確認頂き、ご自身が実際にいくらの年金が貰えるのか想定しておきましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。