遺族年金の所得制限とは?|年収850万円以上は受給できない?







遺族年金のQ&A

遺族年金の所得制限は年収850万円以上だと聞きましたが、この金額を超えると受給できないのですか?

A.遺族年金の所得制限は年収850万円以上になります

遺族年金は確かに所得制限があります。厳密には、受給者の年収850万円以上(所得金額にすると655万5000円以上)である場合は受給することが出来ません。

この理由に、遺族年金は残された家族の生活支援という側面が強く年収850万円以上ある場合は支援が不要である。と考えられているためです。

ただし、5年以内に年収が850万円以下に下がることが確実である時は受給資格を得られる可能性が高まります。例えば、5年後は定年退職を迎え失業している状態になるので収入が大幅に下がる。などが該当するでしょう。

その他のケースでも該当する場合はあるでしょうから年金事務所に相談することをおすすめします。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。