傷病手当金申請書の記入例や書き方から申請手順について解説







傷病手当金は業務外で起きた病気や怪我などによって就労不能な状態となった場合に健康保険から生活支援を目的に給付されるお金になります。

ただし、傷病手当金を受給するためには申請をしなければいけないため「どのように手続きをすれば良いのか?」「申請書はどのように記入したら良いのか?」など受給しようにも不明点が多く困っている人も多いでしょう。

そこで今回は、傷病手当金申請書の記入例や書き方から申請手順について解説を行いたいと思います。

※本記事での傷病手当金申請書は全国健康保険協会に加入していることを前提に解説をしております。従って会社独自の健康保険組合に加入している場合は個別に組合に確認するようにしましょう。

傷病手当金申請書とは?

傷病手当金の申請書は4枚構成になっております。

引用:協会けんぽ

傷病手当金申請書の構成

  • 1枚目:氏名や住所から健康保険番号などの基礎情報を記入する
  • 2枚目:休業の期間などの基本情報を記入する
  • 3枚目:事業主が給与を支払っていないことを証明する
  • 4枚目:医師が就労不能な状態を証明する

上記の通り、1枚目と2枚目は申請者本人が記入し、3枚目はお勤めの会社が記入し、4枚目は医師が記入することになります。

傷病手当金申請書の記入例や書き方

傷病手当金申請書の記入例や書き方について、申請者本人の記入が必要な1枚目と2枚目について解説をしたいと思います。

傷病手当金の書き方や記入例

  1. 記号と番号は保険証に記載されておりますので書き写す
  2. 被保険者が亡くなり相続人が申請される場合は申請者の情報を記載する
  3. ゆうちょ銀行の場合は専用の振込用紙に記入を行う
  4. マイナンバーは被保険者証の記号番号を記入した場合は不要*
  5. 申請期間は事業主や医師の意見の元記載する
  6. 仕事は事務員など抽象的な記入ではなく具体的に記載する

傷病手当金の申請手順

それでは、傷病手当金の申請手順について解説を行います。

傷病手当金の申請手順

  1. 医師の診断を受ける
  2. 勤め先に報告し待機期間を完了させる
  3. 申請時に必要な添付書類を用意する
  4. 医師に証明してもらう
  5. 会社に証明してもらう
  6. 申請書を提出する

手順1.医師の診断を受ける

病気や怪我で仕事が出来ない状態である。ということは個人の判断ではなく医師に診断をしてもらってからとなります。そのため、まずは病院に行き診断を受けるようにしましょう。

その際、現在の仕事の話をして「就労できるのか?」「いつまで休業が必要なのか?」についても判断を貰うようにしてください。合わせて、傷病手当金の申請に必要な証明書類の発行が可能かも確認しておきましょう。

手順2.勤め先に報告し待機期間を完了させる

医師から就労が出来ないと診断された場合は、当然ながら勤めている会社に報告が必要になります。その際、会社によっては病気や怪我などで就労が出来ない社員に対して有給休暇の取得や休業補償を支給することもあります。

傷病手当金を受給するためには会社から給料の支払いが受けられない状態でなければならないため、有給や休業補償などで会社からお金がもらえる場合は傷病手当金は申請が出来ないか減額となる場合があります。

ただし、待機期間の3日間については有給取得が認められております。

引用:協会けんぽ

手順3.申請時に必要な添付書類を用意する

傷病手当金の申請に必要な添付書類は以下の通りです。

傷病手当金の申請に必要な添付書類

  • 傷病手当申請書(申請書類はこちらからダウンロード可能)
  • 事業主の証明
  • 医師からの証明
  • 年金証書のコピー(該当者のみ)
  • 年金額確定通知書のコピー(該当者のみ)
  • 休業補償給付支給決定通知書のコピー(該当者のみ)
  • 本人確認書類*

また、病気や怪我の原因によって以下の添付書類も合わせて準備を行いましょう。

病気や怪我の種類添付書類
外傷の場合負傷原因届
交通事故等第3者行為の場合第3者の行為による傷病届
被保険者死亡の場合(除籍)戸籍謄本又は戸籍抄本

*本人確認書類でマイナンバーカードを提出する場合は表面と裏面のコピーが必要になります。
*マイナンバーカードを持っていない場合は以下のいずれかを提出する

マイナンバーカードを持っていない場合の本人確認書類

  • 住民表、住民票記載事項証明書のどちらか1つ(共にマイナンバーの記載があるもの)
  • 運転免許証やパスポートなどの身元確認書類

手順4.医師に証明してもらう

待機期間の3日間を経過しても就労することが出来ない場合は、その証明として医師に「意見書」を記入してもらいます。

意見書は就労不能であることを証明する非常に重要な書類になりますが、完成するまでに2週間程度の時間が必要になる病院もあります。

そのため、事前にスケジュールは余裕を持っておきましょう。

手順5.会社に証明してもらう

医師の意見書と合わせて会社にも傷病手当金支給申請書の「事業主記入欄」の作成を依頼しましょう。事業主記入欄の目的は、休業期間に給料の支払いが発生していないことを証明することになります。

事業者側は書類の記入にあたって断る必要もないことから作成には協力的であると言えます。

万が一、書類の記入を行ってくれない場合は、全国健康保険協会の都道府県支部や厚生労働省の地方支分部局である厚生局に相談しましょう。

手順6.申請書を提出する

手順①〜⑤までを完了したら必要書類と合わせて全国健康保険協会に提出を行います。その際、会社から提出することが一般的ですが、申請者本人が提出することも可能です。

申請は郵送での対応も可能です。

傷病手当金の申請をしてから審査が開始されますので、傷病手当金が支給されるまでには1ヶ月程度の時間が必要になります。もちろん、申請が不承認となる場合もありますので注意してください。

まとめ

傷病手当金申請書の記入例や書き方から申請の手順について解説を行いました。

申請書の記入ミスや提出遅れは傷病手当金の受給開始日が遅れることになってしまいますので、少しでも早く受給したい人はミスが無いようにしっかりと準備を進めましょう。

もし、傷病手当金の申請時に不明点があれば、協会けんぽまたは会社が加入している健康保険組合の窓口に相談することで丁寧に教えてもらえるでしょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。