任意整理とは?メリット・デメリット・料金・手続きの流れを徹底解説







「任意整理って何をしてくれるの?」「どこに依頼すれば良いの?」「本当に使うべきなの?メリットやデメリットは?」「相談する前に何か知っておくべきことはないの?」と不安に思っていませんか。

任意整理は、借金を減額させることが可能となり面倒な手続きは全て専門家が代行してくれます。そのため、任意整理を考えている方は弁護士や司法書士などに早々に相談すべきと断言できます。ただし、使い方や選び方を間違えてしまうといつまで経ってもに借金が減額されないという事態にもなりかねません。

このページでは、任意整理を行う上でのメリット・デメリット・料金・手続きの流れについて解説すると共におすすめの専門家をご紹介したいと思います。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

任意整理とは

任意整理とは、弁護士や司法書士などの専門家が債務者に代わって債権者と交渉を行い今よりも良い条件になるように借金の利息や残額を減らしてくれることを意味しております。

具体的には、債務整理の専門家である弁護士や司法書士が利息制限法を超える金利で貸付している消費者金融などと交渉し利息の引き直しや払い過ぎた利息を元本に充当し借金の減額をさせたり利息を適正な金額に変更をしてくれます。

このような全ての交渉を専門家が行ってくれることから、債務者の精神的なストレスを軽減させてくれる特徴があります。

債務整理と任意整理の違いとは?

債務整理は借金を減額または免除させる方法の総称となっており、任意整理はこの債務整理の1つとなっております。そのため、債務整理の中にはこの「任意整理」の他に「個人再生」、「特定調停」、「自己破産」の4つの方法があります。債務整理の詳しい解説は「債務整理とは?メリット・デメリットを借金の減額方法別に解説」をご参照ください。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理は一見すると専門家に任せてしまえば勝手に借金を減額してくれるありがたい存在ですが、メリット・デメリットをしっかりと理解した上で使わなければその後の生活に大きな悪影響を与えてしまう可能性もあります。

メリットとデメリットは下記の通りです。

任意整理のメリット

  • 借金の減額が可能
  • 専門家が債務者に代わって交渉してくれるので精神的負荷が軽い
  • 借金の種類問わず(ギャンブルなど)活用できる
  • 裁判所が介在しないので手続きが容易
  • 任意整理する債務としない債務を選択できる(住宅ローンは自分で支払うなど)
  • 保証人に迷惑がかからない(減額してもあくまで自力完済を行うため)
  • 勤務先などに秘密が漏れにくい
  • 専門家が介在した時から督促がされなくなる
任意整理は、借金の精神的な苦痛から解放してくれる制度となりますので、「今まさに借金で苦しんでいる」という方は使わない手はありません。

任意整理のデメリット

  • 任意整理をしても借金の返済は必要(あくまで減額)
  • 債権者との交渉次第で減額幅が決まる(専門家の腕次第と言えます)
  • 交渉には1年程度の時間がかかる場合がある
  • 事故情報が5年間残ってしまう
専門家の質はピンキリで、実績の少ない専門家に依頼してしまうと、交渉期間が長引くだけでなく期待するような借金の減額には至らない。ということもあります。

そのため、専門家の選び方次第で任意整理の成功確率、時間、満足度はまったく異なると言えますので慎重に選びたいところです。

専門家は司法書士と弁護士どちらに依頼すべき?

結論は、弁護士です。司法書士は担当できる金額に制限がある場合や、任意整理以外の債務整理は書類作成の代理人しか出来ないなどの制限があります。そのため、あなたの借金問題に対して最適なプランを提示し実行することが難しいと言えます。

一方、弁護士の場合は任意整理の借金額に上限がないことや債務整理全般の代理人ができることから一気通貫の支援が可能です。従って、任意整理は弁護士に依頼するようにしましょう。

弁護士と司法書士のできる事・出来ない事は以下の一覧を確認ください。

弁護士と司法書士の違い弁護士司法書士
自己破産代理人書類作成代理人
個人再生代理人書類作成代理人
任意整理代理人
(金額の上限はない)
代理人
(債権額140万円以内)

専門家選びには欠かせない6つのポイントを「債務整理は弁護士と司法書士のどちらが良い?双方の違いと選び方を解説」にて紹介していますので、任意整理をお願いする前に必ずチェックしましょう。

ここでは簡単に専門家(弁護士)選びの6つのポイントをお伝えします。

  1. 債務整理の実績:実績が乏しいと交渉に時間がかかり借金の減額幅も期待できない
  2. 弁護士の在籍数:複数の弁護士や行政書士でチームを組むことでスピーディーな対応が可能
  3. 契約前に見積もりを提示してくれる:事前に料金を確認しないと任意整理完了後に高額請求のトラブルに
  4. 無料相談:契約締結前の相談は無料の弁護士事務所を探すこと
  5. 営業時間:土日や夜間(21時くらいまで)対応が出来ないと電話や面談での相談がしづらい
  6. 相談のしやすさ:初回の相談は匿名OKなどなるべく秘密を保持できる方が安心

上記、専門家選びの6つのポイントを網羅した弁護士事務所が弁護士法人東京ロータス法律事務所 です。

一番おすすめな債務整理の弁護士事務所はココ!

債務整理に強い弁護士の選び方の6つのポイントを網羅する弁護士法人東京ロータス法律事務所は非常におすすめの弁護士事務所となっております。

弁護士事務所の場合は、契約前に必ず面談が必要になりますが、弁護士法人東京ロータス法律事務所は無料出張相談を行なっているので、近場まで弁護士が訪問してくれます。

加えて、平日も土日も夜間まで営業していることから仕事をしている人でも気軽に相談が可能になります。このように、サービス面が優れており実績と価格も申し分ない弁護士事務所は全国的にも少数といえますので必ず問い合わせはしておきましょう。

任意整理の料金相場 

任意整理の専門家に依頼した場合の料金相場をお伝えします。

任意整理の料金構成と料金相場

  1. 初回の相談料:初回の面談は基本的に無料が多い。2回目以降は30分5000円が相場
  2. 着手金:2万円〜5万円が相場
  3. 報奨金A:任意整理する債権者(貸金業者数)に応じて課金され、1社2万円〜5万円が相場
  4. 報奨金B:③の報奨金に加え、借金減額などによる債務者の利益に対して20%の成功報酬が発生

大きく上記の4つ構成によって任意整理の料金が決まってきますが、式にすると以下のように求めることが可能になります。

  • 相談料+着手金+報奨金A(単価 × 貸金業者)+報奨金B(減額による利益 × 20%)

任意整理の料金をシミュレーション

任意整理を実際に行った場合に専門家にいくらの費用を支払うのか計算をしてみたいと思います。計算条件は3社の貸金業者から借金をしており、総額100万円の削減に成功したとします。着手金3万円、報奨金A3万円、成功報酬20%として計算します。

任意整理の料金シミュレーション

  • 0円(相談料)+3万円(着手金)+(3万円×3社)+(100万円×20%)=32万円

今回の計算例の場合は、32万円を弁護士に支払うことになります。(裁判費用などは除きます)ちなみに、先ほどご紹介した弁護士法人東京ロータス法律事務所は以下のような料金体系となっております。

弁護士法人東京ロータス法律事務所の料金

  1. 初回の相談料:契約締結までは何度相談しても無料
  2. 着手金:2万円/社
  3. 報奨金A:2万円/社
  4. 報奨金B:債務者の利益に対して10%の成功報酬

同条件による計算例

  • 0円(相談料)+(2万円×3社)+(2万円×3社)+(100万円×10%)=22万円

弁護士法人東京ロータス法律事務所リーズナブルな価格と事前に金額を提示してくれる明瞭会計であることから信頼のおける弁護士法人と言えるでしょう。

任意整理の流れ

上記までで、あなたが使うべき弁護士、依頼する際のチェックポイントを理解できたと思います。

この章では、実際に弁護士に債務整理を依頼する場合のサービスの流れについて解説します。

特に準備は必要いらず気軽に身をゆだねれば良いのですが、弁護士を初めて使う方は不安も多いかと思いますので、任意整理の流れをざっくり把握しておきましょう。

Step1. 無料相談を行う

それぞれの公式サイトから問い合わせを行います。この時はどこに相談するか決め切る必要はないので、複数の弁護士事務所に相談しても良いでしょう。

とは言え、任意整理を得意にする法律事務所以外に問い合わせをしても時間を浪費するだけですので、価格と実績の両方が評価できる弁護士法人東京ロータス法律事務所は必ず問い合わせをしておきましょう。

Step2. 電話がかかってくる

登録すると、弁護士事務所から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 借金の総額はいくら?
  • 何社から借り入れした?
  • 現在の収入はどの程度?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、弁護士のアポイント調整を行います。(遠方の方は必要書類の郵送や電話などで対応をしてくれる弁護士事務所も多数あります。)

Step 3. 面談

あなたが弁護士事務所に訪問することもあれば、弁護士が近くまで来てくれることもあります。(都合が合わない場合や遠方の方は電話の場合もあります。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • 借金はどのようにして発生したか?(これまでの経緯を包み隠さず正直に話ましょう)
  • 借金の総額や毎月の返済額
  • 貸金業者別の金利の確認
  • 返済できるどうか

面談で気づくことも多く、なるべく多くの弁護士に意見をもらえば、考えがまとまっていき後悔ない任意整理をすることができるでしょう。

Step 4. 任意整理のプランが提示される

あなたの状況を理解した上で任意整理のプランが弁護士から提示されます。この時に、任意整理ではなく、個人再生、特定調停、自己破産など状況に応じたプランが提示される場合もあります。

提示されたプランをよく検討し依頼したい弁護士事務所を決定するようにしましょう。決して、1社に相談したからと言って、その弁護士事務所に依頼しなければならない訳ではないので複数のプランを比較することをおすすめします。

Step5.専門家が介在したことを債権者に知らせる

契約したい弁護士が見つかり契約を締結すると弁護士から債権者(貸金業者)に連絡を入れることになります。

「介入(受任)通知兼債務調査票」と呼ばれるものを弁護士から債権者(貸金業者)に発送することで専門家が介在したことを通知することができるのですが、これを郵送すると債権者(貸金業者)からの督促は停止します。

これまで、借金の取り立ててで日々悩まされていたと思いますが、この段階で督促の日々から解放されますので非常にメリットが高いと言えるでしょう。

Step6.債務額の確定・交渉・和解

弁護士から通知を送られた債権者(貸金業者)は現在の金利などを弁護士に伝えることになります。これによって法外な金利などは引き直しとなり、払い過ぎた利息は借金の減額として債務額を確定していきます。

そして、この債務額を元に弁護士が債権者と交渉を行い、最終的に任意整理の和解を求めることになります。

和解が成立すると適正な利息のもと残る借金について返済計画通りに債務者が返済を行うこととなります。

まとめ

任意整理のメリット・デメリット・料金・手続きの流れについて解説を行いました。専門家(弁護士)に依頼することでこれまでの借金問題が嘘のように解決する可能性があります。

また、弁護士は守秘義務がありますので、依頼者の情報を一切口外することもありませんし、郵送物も匿名にしてくれるなどの配慮もあります。そのため、職場や家族などにバレたくない借金がある方は任意整理を行うのが一番良いと言えるでしょう。

そして、お伝えしたようにこれらの手続きをスムーズに進めるには実績のある弁護士の力が不可欠です。そのため、実績・料金・対応の丁寧さで評判の良い弁護士法人東京ロータス法律事務所にまずは一度相談することをおすすめします。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。