老後の資産運用に失敗。退職金3000万円を5年で使い切った飲料関連企業部長の後悔







某飲料関連企業に50歳でヘッドハンティングされ中途入社した中村智。62歳まで部長職として活躍した。彼が手にした退職金は3000万円。老後資金は貯蓄と退職金を合わせて5500万円。十分な老後資金を手にした中村が5年間で3000万円の退職金を溶かした原因は「資産運用の失敗」だ。
今回は、中村がなぜ資産運用に失敗したのかについて紹介しよう。

大手飲料関連企業の部長

名前:中村智
年齢:70歳(現在)
年収:1200万円(現役時代)
貯金:2500万円(62歳時点※退職金を含まず)
職業:大手飲料関連企業のマーケティング部長
住まい:埼玉県浦和市(戸建)
家族構成:妻:65歳、長男:35歳、次男:33歳

順調だったサラリーマン時代

中村は慶應義塾大学をストレートで入学し卒業した。卒業後は、非上場ながら売上高1兆円を超える大手企業の飲料メーカーに入社した。新卒時代は営業畑で活躍し35歳の時に課長に昇進した。その後、40歳の時に「マーケティング部マーケティング課」の課長職として異動する。

 「マーケティング部門の意味も分からない。そんな状態ではありましたが、世はバブル時代。我々の仕事はいかにマス広告の“枠”を抑えるか?芸能人などを起用できるか?というのが最重要任務でした。予算も潤沢でしたし、私は元々営業で「交渉力や接待」には非常に自信がありました。」

実際、中村は競合他社よりも優先的な広告枠を獲得し、自社製品は飛ぶように売れた。
しかし、44歳の時、バブルは崩壊し景気は低迷。予算も削減されるが、「水や酒」などを提供している会社だからこそ、厳しいながらも会社は存続していた。

50歳の時に部長職でヘッドハンティング

バブル崩壊後も課長として第一線で活躍していた中村だが、そろそろ「部長」になりたい。という気持ちが芽生えていた。一部早い人間だと部長昇格のニュースが流れるような環境だった。

 「少し焦りはありました。バブルの影響で予算は削減され、バブルの時なような輝きは薄れていました。それでも施策はあたる機会も多かったのですが、地力がある営業部隊の方が組織的には重宝されていました。」

「ヘッドハンティング会社」からの連絡

その時は突然きた。49歳の時だった。新作発表のレセプションパーティーを大々的に開いており、そこに出席した帰りヘッドハンティング会社から声を掛けられた。

 「こんなことってあるものなのか?という疑いしかありませんでした。誰かの仕込みなのか?と。これまでそのような経験はなかったし、自分自身転職する気は全くありませんでした。」

年収1000万円・部長待遇として迎えたい

当時中村の年収は750万円。実に250万円のアップ。加えて、念願の部長だ。これが事実なら断る理由はなかった。条件面に非常に惹かれた中村はその後、何度かハンターと接触し50歳の時競合へと移籍した。

 「退職の旨を伝える時は、やはり後ろ髪を引かれる思いでした。ただ、先の見えた会社よりも新天地に賭けてみようと思いました。」

新天地でも順調だった15年間

新天地では部長として、年収は1000万円。約束通りの条件で雇用された。ただ持ち前の企画力と実行力で60歳の時には、1200万円まで年収を上げていた。

 「このまま役員への昇格もあるかもしれない。と一瞬頭をよぎりました。ただ、そこまでうまく行きませんでした。役員は規定の路線とパイプが必要で私はそれには該当しません。このまま定年まで勤めるならそろそろ引退してもいいかな。そんなことを考えるようになりました。」

定年退職、退職金は3000万円

中村は62歳の時、定年の65歳よりも3年早く退職した。退職金は3000万円だ。中途入社で12年しか務めていない会社で3000万円はかなり高い金額であろう。
一方で、素直に喜べないニュースも入る。

 「退職金に満足していたら、前職の同期が取締役になった。というニュースを見ました。加えて、非上場だった会社が上場しました。同期が上場会社の役員。自分は3000万円の退職金で満足している。急に惨めになりました。

惨めを脱却したくて始めた資産運用

中村は、この惨めな気持ちを払拭したく「資産運用」を行うことにした。もちろん、資産運用の経験はなく、多少の知見がある「株式投資」の勉強を始めた。

 「資産運用にリスクがあることは十分に分かっていましたが、私は、これまで大企業の出世競争でも勝ち残り、要領も良い方だと思っていました。株式投資経験はありませんが、市場を見る力もある。そう思い必ず上手く行く。失敗しない。という自信がありました。」

ビギナーズラック

早速、複数の銘柄を購入した。まずは、200万円を株式投投資資金に当ててスタートをした。

 「損はしたくなかったのでPCの前にずっといました。少しでもプラスになればすぐに売却。また買う。みたいな形で確実に利益が出る運用を徹底したことで200万円がすぐに250万円まで増えました。やはり失敗しないためにはコツコツやるのが良いなと思いました。」

退職金3000万円を全額投資に入れる

中村は自分の投資テクニックを過信していた。貯金は資産運用とは別に2500万円あったことから、退職金の3000万円を全額「株式投資」に投下することを決める。

 「銘柄を複数に分けることでリスクは分散し失敗しないようにできると思っていました。どこかの業界に悪いニュースがあったとしても全業界で落ちることもまれだろうと。加えてリーマンショックの後だったので、同規模の経済事件は逆に起きづらいと踏んでいました。」

一瞬で3000万円が吹き飛んだ株式投資の失敗

東日本大震災。震災直後はそこまで大きな株価への影響は無かったものの市場の低迷で数週間のうちに大きく株価は下落した。

 「今売ったら大きく損をする。私は3000万円も投資しているのだ。この気持ちで売りに売れず。結局3000万円のほとんどがなくなりました。完全に誤算ですし、予期せぬ事態に備えなかったことや結局、株式投資しかしていなかったことが失敗の原因です。」

資産運用は分散型投資を行い、リスクを分散させることが鉄板だが、株式投資のビギナーズラックの影響と別の資産運用方法を勉強する手間を惜しんだ結果、株式投資で大きな損害を出してしまった。

退職金を運用するなら「退職金の運用で失敗しないおすすめプラン5種を徹底比較」をご確認ください。

これからの老後生活をどう暮らしていくか

絶望の果てにいる中村。残りの資産は2500万円の貯金だけだ。幸いあと2年で年金が支給されるのですぐに老後破産になる。などの問題はない。ただ、5500万円の預貯金が2500万円まで減ったショックは大きかった。

 「2500万円でも生活はできます。ただ、妻と計画していた旅行など大きく見直しをする必要もあります。本当に後悔しています。手間を惜しまず分散型投資をする。そもそも欲張らず5500万円で充実した老後の生活を営む。など振り返ってもきりがありません。

親友がリバースモーゲージを契約

65歳を迎えたある日。投資の傷も少しずつ癒え古い親友と飲みに行く機会があった。親友は銀行マンとして定年まで働いてきたが、同じように株で大損したようだ。

 「親友も同じ境遇でした。ただ、幾分私に比べると余裕がある感じでその理由を聞いたのですが、“リバースモーゲージ”という制度活用しているとのことでした。薄っすら聞いたことがありますが、詳しく聞くと、住宅を担保に老後資金を得られるとのことでこれなら失敗などせずに資金を増やすことができたのか。と思いました。リスクがありますが、それは結局株式投資も同じだったので。」

資産運用の失敗を乗り越えられたリバースモーゲージ

中村は現在、70歳だ。年金収入もあり、生活自体が困窮しているわけではない。貯金もまだ1200万円ある。

 「リバースモーゲージについては、まだ決めかねてはいますが、息子たちはそれぞれ結婚し住宅を購入しました。そのため、住宅を相続させる必要も無くなったことや最近妻の体調が優れないことから住宅のリフォーム費用としてリバースモーゲージを活用しようかと考えています。

老後資金の計画を立てたが84歳で老後破産の危機が。老後破産の対策にリバースモーゲージを選択した背景は続編をご覧ください。

リバースモーゲージを契約|退職金の資産運用失敗から学ぶ堅実な選択

2017.05.29








全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。