債務整理後にクレジットカードは作れる?審査の甘いカード会社はどこ?







債務整理後は基本的にはクレジットカードを作ることが出来ません。とは言え、常に現金を持ち歩き生活するのも非常に大変と言えるでしょう。

ただ、もう二度とクレジットカードを所有することが出来ないという訳ではありませんので、実際にいつからクレジットカードが作れるのか?そもそもクレジットカード会社はどのような審査基準で判断をしているのか?など債務整理後にクレジットカードが作れるまでの期間や方法についてお伝えします。

加えて、債務整理後にクレジットカードの審査が通りやすいカード会社もご紹介したいと思います。

債務整理後はクレジットカードが作れないのはなぜ?

債務整理後は基本的にクレジットカードを新規で作成することは難しいと思った方が良いでしょう。当然、キャッシングも利用することは出来ないと言えます。

なぜ、債務整理後にクレジットカードが作れないのか?その理由をお伝えしたいと思います。

個人信用情報機関に掲載されてしまう

債務整理を行うと個人信用情報機関にその事実が掲載されることになります。

そして、クレジットカード会社は審査や与信判断の際に個人信用情報機関を参照し、過去の債務状況や延滞状況など信頼できる人物なのか確認をしているのです。

その際、個人信用情報に「債務整理あり」と記載されては、過去にトラブルがあった人間であるとして審査が通らなくなるという訳です。

主要な個人信用情報機関

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • KSC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)

カード会社内の事故情報データベースに掲載されてしまう

債務整理の1つである個人再生や自己破産を行うと国が発行する官報に氏名と住所が掲載されてしまいます。そして、この官報を元にしてクレジットカード会社は独自のデータベースを構築、照合し審査を行なっている。と言われております。

実際に、クレジットカード会社の中で官報を審査の基準に加えていると公表しているのは以下のカード会社となります。

官報情報を利用して審査しているクレジットカード会社

エポスカードオリコクレディセゾンJCB
セディナ三井住友三菱東京UFJライフカード

そのため、過去に官報に掲載された記録が残っていると限りなくクレジットカードを新規で作成することは難しいと言えるでしょう。

任意整理は裁判所を介在させないので官報に掲載されることはありません。

クレジットカードが作れるまでの期間

それでは債務整理をしては、クレジットカードが作れないのでは?と疑問に感じる方も多いと思いますが、一定の期間を経過すると個人信用情報機関から金融事故の情報が抹消される事になります。

金融事故の情報が抹消されるまでの期間

個人信用情報機関延滞任意整理個人再生自己破産代位弁財
CIC5年5年5年5年
JICC1年5年5年
KSC5年5年10年10年5年

上記の期間を過ぎると個人信用情報機関からあなたの情報は抹消されることになりますので、クレジットカード会社から見るとあなたが過去に金融事故をした人なのか確認することが難しくなります。

万が一、抹消の期間を過ぎても記録が残っている場合は個人信用情報機関に問い合わせの上、完済が証明できる書類と時効の援用書を発送して情報を削除してもらうようにしましょう。

情報が抹消されてもクレジットカードの審査は通りづらい

ただし、上記の通り個人信用情報機関から情報が抹消されてもクレジットカードの審査が通りづらいという事実は変わりません。(もちろん、債務整理した事実が登録されているよりは良いのですが。)

個人信用情報機関に登録されてデータが無い。ということは、「①:これまで一度もクレジットカードを保有したことが無い人」か「②:債務整理をした人」に限られることになります。

この場合、①でも②でもクレジットカードの審査は通りづらいと言えます。その理由は、過去に一度も取引実績が無い。ということは、しっかり返済してくれる人なのかクレジットカード会社も判断することが出来なくなるからです。

そのため、比較的審査が甘いクレジットカード会社から申し込みを行うと良いでしょう。

審査の甘いクレジットカード会社はあるのか?

クレジットカード会社は審査項目や判断基準を明確に示している訳ではありません。そのため、「このクレジットカード会社なら必ず審査が通る」など断言することは出来ませんが、それでも一部審査が緩いと噂されているのが楽天カード です。

通常クレジットカードの審査は、氏名・生年月日・性別・職業・居住形態・住所・電話番号・家族構成など様々な項目で評価を行なっております。

そして、その中でも職業や雇用形態は非常に重要な審査項目となり信用度の格付けがされております。その格付けの下位に位置しているのが「アルバイト・パート>主婦>学生>無職」のように収入が低いまたは見込めないような方々です。

楽天カードでは上記に該当するような方でも審査が通ったということが噂されておりますので、債務整理後のクレジットカードの申し込みは楽天カードから行うと良いと言えるでしょう。

カード会社の審査が通過しない場合の対処方法

とは言え、楽天カードすら審査が通らない。というケースもあるかもしれません。そのような場合は、安定した収入が確保できる仕事に就く。ということを大前提にした上で以下のような対応をしてみましょう。

対処法1.信用実績を作る

先ほど、お伝えしたようにあなたがしっかりと滞納なくクレジットカードの返済を行なってくれるかを証明する必要があります。とは言え、クレジットカードは審査が通らないので、まずは、携帯電話の分割払いの審査を行なってみてください。

携帯電話の分割支払いは、クレジットカードよりも審査が甘いので通りやすいことに加え、情報機関に取引履歴を残すことが可能になります。

要は、携帯電話の分割代金を滞納なく支払っている事実を作ることができるため、多少でも信用実績を作ることが出来ると言えます。

対象法2.過去に申し込みをしたことが無いカード会社で申し込む

債務整理前に登録していたクレジットカード会社で金融事故を起こしている場合は、間違いなくそのクレジットカード会社では審査に通ることはありません。

しっかりとデータベースに記録されておりますので、弾かれてしまうでしょう。

そのため、これまで契約を行なった事がないクレジットカード会社であれば多少なりとも可能性が残されていると言えるでしょう。

対象法3.キャッシング枠は0円にする

クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠に分かれておりますが、ショッピング枠では問題ないもののキャッシング枠では審査に通らず、結果的に審査が通っていない。というケースも想定されます。

当然、「ショッピング枠のみの利用者」と「キャッシング枠も付帯した利用者」では後者の方がクレジットカード会社のリスクは高まりますので、信用実績が乏しい状態では少しでもリスクを下げる方が良いと言えます。

まとめ

債務整理後は基本的にクレジットカードは作れないと言えるでしょう。ただし、個人信用情報機関の情報が抹消後であれば少なからず可能性が残されています。

その際は、審査が甘いと言われる楽天カードから申し込みを行うことをお勧めします。また、楽天カードすら審査が通らない場合は、以下3点を行なってみましょう。

  1. 携帯電話の分割支払いで信用実績を残す
  2. 申し込みをした事が無いクレジットカード会社に申し込みをする
  3. キャッシング枠を0円にする

確実に審査を通りたいと考えている方は、楽天カードへ申し込みを行う前に実践しても良いと言えます。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。