借金20万円は甘く見ると危険!返済にかかる期間と利息を算出







今あなたに借金20万円あったとしたら完済はできるでしょうか?

20万円くらい余裕だよ。」「月給に近い借金だけど時間をかければなんとか返済できそう」とまだまだ数百万円単位の借金に比べれば返済はできそうと考えている方は多いのではないでしょうか?

確かに、一定の収入があれば20万円の返済は可能ですが、毎月いくらを返済したらいつまでに完済し、その際いくらの利息を支払うのか。を計算し無事に20万円の借金を完済できるかシミュレーションしてみましょう。

借金20万円は雪だるま式に増えるきっかけとなる

まず、借金20万円は意外にも多くの方が抱えている状況であると言えます。「ちょっと今月は出費が多いのでクレジットカードのキャッシングを使って5万円を借入した」などが数ヶ月続けば借金は20万円程度まで簡単に増えてしまうことでしょう。

それでも、利息は毎月数千円程度なので、飲み会1回我慢すれば返済できると軽い気持ちからさらに借入してしまう。これが借金の恐ろしいところです。

実際、借金20万円から100万円程度まで増えてしまうのは「あっという間」である。と言われています。そこで2つのケーススタディーをご紹介しますのでご自身が該当していないかチェックしてください。

パチンコで借金20万円を抱えてしまった主婦

専業主婦のDさんは、子育てのストレスから解放されたいがために子供が学校に行っている間にパチンコに行くようになりました。最初は数千円だけで遊んでいたものの、徐々にエスカレートし1日で2万円近く負けてしまう日が出てきました。

日に万単位で負けが出てしまえば、家計の圧迫は避けては通れないのですが、それでもパチンコをやめては精神的に不安定になってしまうことから3万円だけ消費者金融から借入をしました。

まさに魔法の杖。お金が湧いて出てきたような感覚に取り憑かれたDさんは気がつけば借金が20万円まで膨れ上がりました。もちろん旦那様には内緒の借金であり打ち明けると離婚の危機もあり言い出せない状況。

当然、借金20万円も返済できる目処が立たない状態であり、さらにはパチンコもやめられない状態に鬱状態になってしまった。

クレジットカードのキャッシングで借金20万円を抱えた旦那

安月給のサラリーマンであるFさんは、毎日必死に営業をしておりますが、なかなか成果でない状態でした。精神的にも肉体的にも潰れてしまいそうな状態に自社の商品をクレジットカードのキャッシングで購入してしまいます。

営業の成果出ない人が「自己買い」という行為で営業成績を水増しする方法です。

最初は、ノルマに少し届かない時に買っていたものの、ノルマを達成し社内で賞賛されたことをきっかけに、その快感から自己買いが加速し気がつけば借金20万円を抱えてしまいました。

当然ながら返済が難しいだけでなく、毎月のノルマを達成するには自己買いは不可欠。会社を辞めても転職先が見つかるか分からず途方にくれてしまいます。

借金20万円はお金の魔法に取り憑かれるスタート時点

上記の通り、借金20万円は、借金をすれば簡単にお金が手に入る。という快楽を覚え癖づいてしまうスタート時点と言えます。借金をすれば魔法のようにお金が手に入る。一瞬でも自分が裕福になった感覚を味わえ、欲しいものがすぐに手に入る。

その感覚を味わってしまうとなかなか抜け出すことができません。

結果として、借金20万円は100万円程度まで「あっという間」に増えてしまう。という訳です。そのため、借金20万円まで徐々に増えてしまった人はここで思い留まり完済を目指すようにしましょう。

借金20万円の返済計画と利息を算出

それでは、借金20万円を返済しようとした場合に、いくらの返済額でいつまでに完済できるのか?その際いくらの利息を支払うのか算出したいと思います。

借入金利は上限の18%で計算をしたいと思います。

返済額返済期間支払い総額
1万円24ヶ月¥238,000
2万円11ヶ月¥218,000
3万円8ヶ月¥212,000

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

ご自身がいくら返済できるかによって返済期間と利息は変わりますが、当然ながら早く返済をした方が支払う利息は安くすることが可能になります。

毎月1万円の返済は可能でしょうか?

現在の収入と支出から毎月1万円の捻出が可能であれば、少々時間はかかりますが24ヶ月程度で完済することはできるでしょう。

ただし、思い返してください。

パチンコにハマってしまった主婦Dさん」、「自己買いで破産寸前の会社員Fさん」は毎月1万円の返済ができそうでしょうか?その1万円があったらパチンコに行ったり自社の商品を買ってしまうと想像できないでしょうか?

そうです、もはや借金20万円まで増えてしまった場合は、現段階で20万円しか借金がないという意味であり、数百万円の借金を抱える状態にあることは変わらないのです。

借金20万円でも債務整理をするべき

主婦Dさんや会社員Fさんが残された道は、自分の弱さに勝ち借金を完済するために日々節約をすることが必要になりますが、気合いだけで抜け出せるなら苦労もしないでしょう。

借金を抱えてしまう場合に、単純に借金だけ返済すれば解決する問題と精神面の解決が必要なケースもあります。その際、両方を一緒に解決することが至難の技と言えるでしょう。

実際に借金が増えてしまう人はこれができないケースに多いのです。

そこで、借金の問題だけでも早々に解決した方が良いと言えます。その方法が、借金の減額や免除をすることができる債務整理になります。債務整理は、任意整理、個人再生、自己破産などの種類がありますが、借金20万円であれば一番デメリットの低い任意整理が良いでしょう。

任意整理で借金を減額させる

任意整理は、債権者と債務者の代理人(司法書士や弁護士)が交渉によって将来利息のカットなどを行い借金を減額させる法的な手続きになります。

5年間の間、クレジットカードの契約が出来ないなどのデメリットもありますが、家族や職場にバレにくいなどがあるため、主婦や会社員でも比較的活用している方が多いのが実態です。

そのため、借金20万円の返済に苦労している方は、任意整理を検討するようにしましょう。任意整理の詳しい解説については以下の関連記事をご参照ください。

まとめ

借金20万円を完済するために毎月いくらの返済を何ヶ月続けるのか?その際の利息はいくらなのかについて解説を行いました。

借金20万円は数百万円の借金を抱えてしまうスタート地点と言えます。

そのため、返済が難しいと感じた場合は、すぐに弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。その際、任意整理の実績が豊富な専門家の費用を「任意整理を司法書士に依頼するメリット・デメリットとおすすめの事務所」にて比較しておりますのでご参照ください。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。