借金500万円を100万円に減額し完済出来た個人再生の体験談







今回は、Hさんご家族が突如として出来てしまった借金500万円を個人再生し100万円に減額させた上で、その借金を1年で完済することが出来た体験談をお伝えします。

まずは、Hさんのプロフィールをご紹介します。

債務者Sさんプロフィール

  • 家族構成:夫(30歳)、妻(27歳)、長女(3歳)
  • 年収:500万円(夫)、妻(200万円)
  • 貯金:100万円
  • 住宅:賃貸で家賃12万円の支払い
  • 毎月の支出:37.5万円

共働き世帯で合計の年収は700万円と決して所得が低い訳ではないHさんご家族。これから住宅の購入を検討しようとしている背景もあり貯金を100万円貯めていました。

夫婦の間では「300万円まで貯金を増やし住宅の頭金として用意ができるようにしよう。」と計画を立てていたHさんご家族はなぜ借金500万円も抱えてしまったのか?

また、500万円もの借金をどのように完済したのか早速お伝えしたいと思います。

借金を抱える前のHさん家族の家計簿

それではまず、Hさんが借金を抱えてしまう前の家計簿を見てみましょう。

奥様のお話では、「なるべく節約を心がけ無駄使いをしないように生活しているが、彩りのない生活は送りたくない。」という理由から適度な節約生活を送っていたことが想像できます。

支出項目支出額
食料¥70,000
住居¥100,000
光熱・水道¥20,000
家具・家事用品¥5,000
被服及び履物¥20,000
保健医療¥5,000
交通・通信¥20,000
教育¥70,000
教養娯楽¥30,000
その他の消費支出¥35,000
支出合計¥375,000

Hさんご家族の手取り収入は夫婦合計で49万円程度になりますので、毎月11.5万円の黒字であります。

そのため、年間120万円程度の貯蓄は出来ますが、旅行などの費用も大切にしたいということで年間100万円の貯金が目標でした。また、長女はまだ3歳ではありますが、保育園代に加えて、幼児向けの英会話スクールに通っていることもあり教育費は7万円と少々高額と言えるかもしれません。

とは言え、30代で毎年100万円の貯金ができる生活を送っていれば大きな不安はない家庭であると言えます。

借金500万円ができてしまった原因は弟の連帯保証人

上記のように決してお金に困っている訳ではないHさんご家族ですが、なぜ500万円の借金を背負ってしまったのでしょうか?その原因は、旦那様が奥様の弟の連帯保証人になっていたことにあります。

奥様も旦那様も弟のことを大変可愛がっておりました。

その弟が事業を始めることになり、その際に500万円の借金の保証人に旦那様がなったのです。結果として、事業はうまくいかないばかりか弟が姿を消してしまう。という大きな問題に発展してしまったのです。

※完済後、興信所に依頼し捜索した結果、弟は無事に保護され少額ずつHさん夫婦に返済をしているようです。

Hさんご家族にとっては、弟のことも心配ですし急に出来てしまった借金500万円に本当に辛い時期となったことは言うまでもありません。

債権者から借金500万円の一括返済を要求される

問題はそれだけではありませんでした。債権者からの通知を確認すると借金500万円全額を一括返済しろ。ということが記載されていたのです。

これは「期限の利益の喪失」と呼ばれ、本来得られるはずだった債権者の利益が失われることから連帯保証人に一括返済を要求することが出来るのです。

これに驚いたHさんは夫婦は途方に暮れてしまいます。

とは言え、返済が待ってくれる訳ではないことから「借金減額」などインターネットであれやこれや徹底的に調べている中で「債務整理」の存在を知ります。

個人再生で借金500万円が100万円に減額できる

債務整理には、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の種類があることを知ります。

弁護士に債務整理を依頼すれば借金を減額できる」そう思ったHさんですが、1つ気になることがありました。それは、債務整理をすると5年近く住宅ローンの契約が出来ない。という点です。

家族のために住宅購入資金を貯めていたHさんからすると5年間住宅ローンが契約できないのは非常に悩ましい問題です。そのため、実際にどのくらい借金を減額できるのか?で判断することにします。

その際、借金減額シミュレーターで減額できる金額を診断し専門家に問い合わせを行いました。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

弁護士から言われたのは「個人再生を活用すれば借金500万円を100万円に減額させることが可能ですし分割の支払いもできる」という話でした。

借金100万円なら1年で完済できる。」

そう思えば、マイホームの購入時期は多少遅れるものの、ブラックリストに登録されている期間に頭金を貯めることもできると考えHさん夫婦は個人再生の手続きを依頼することにしました。

500万円の借金を1年で完済

個人再生を行なったHさんは予定通り借金500万円を100万円に減額することができ、無事に1年で完済することができました。

現在は、まだブラックリストに登録されていることから住宅の購入には至っておりませんが、将来のマイホーム購入に向けてコツコツと貯金を貯めているとのことです。

また、官報に掲載されるなどの個人再生のデメリットにおいては、特に職場にバレることも無かったようで従来通り仕事を続けている。とのことでした。

最後に弟さんも無事に保護され、現在は会社員として人生をリスタートしているのが一番の安心材料と語るHさんは素晴らしい人柄の夫婦でした。

まとめ

借金500万円を抱えたHさんが個人再生によって借金を100万円まで減額させ完済させた話をお伝えさせて頂きました。

個人再生はクレジットカードが5年間使えない、官報に掲載されるなどのデメリットもありますが、大切な家族を守るために必要な手続きであったと言えます。

Hさんは、借金減額シミュレーターで減額できる金額を診断し専門家を見つけましたが、「個人再生の費用はいくら?弁護士費用が払えない時は分割ができる」では個人再生の実績が豊富な弁護士の費用も比較しておりますのでご参照頂ければと思います。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。