借金60万円の返済期間と支払い利息を返済額別にシミュレーション







借金が60万円まで増えてくると月給の大半を借金返済に充てており、なかなか元金が減らない状態に悩まれている人も多いと想定できます。

事情は様々と想定できますが、実際に借金60万円を抱えた場合に、完済するまでの期間と支払う利息額を正確に把握した上で完済の目処は立っておりますでしょうか?

借金60万円であれば十分に自力返済の道が残されておりますが、油断をしていると借金は雪だるま式に増えていき取り返しがつかなくなる可能性があります。

そこで今回は、毎月いくらを返済したらいつまでに完済し、その際いくらの利息を支払うのか。を計算し無事に60万円の借金を完済できるかシミュレーションをしたいと思います。

借金60万円を抱えてしまう主な原因

借金60万円を抱えている人も、初めは数万円程度の借金だったのではないでしょうか?

日々の生活費や急な出費に必要となった資金を借入したが、最初の借金を完済する前に次の借金をしてしまった。」というケースに該当する方は借金の罠にハマっていると言えるかもしれません。

こうなると、借金の返済のために借金を重ねる多重債務状態になってしまう可能性が高いと言えます。この記事の読者の多くも「0万円の借金は中間地点であり、このまま生きていると借金は増えるばかり」という状況の方が多いのではないでしょうか。

そこで、毎月の支払いできる金額から完済期間と支払利息をお伝えしたいと思いますが、「どうにも借金を返済することが難しいという方は、債務整理で借金を減額させる方法をまずは考えてみてください。

以下より、借金がいくら減額できるのかシミュレーションすることが可能になりますのでご活用ください。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

借金60万円の返済期間と支払利息をシミュレーション

それでは、借金60万円の返済期間と支払い利息を毎月の返済額別にシミュレーションをしたいと思います。今回は5万円以下〜10万円でそれぞれ計算を行います。

また、金利は最高金利の18%としたいと思います。

借金60万円を毎月10万円返済した場合

借金60万円を毎月10万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は33,118円となり返済期間は7ヶ月間になります。

毎月10万円返済できる所得に対して利息が3.3万円程度であれば、そこまで大きな支出とは言えないでしょう。そのため、60万を7分割で返済する権利を3.3万円で買ったと考えれば必要な借金であったと言えるかもしれません。

ただし、10万円も返済できる人は、少数であると言えますので、毎月の返済額9万円、8万円、7万円、6万円、5万円以下の返済期間と利息もお伝えしたいと思います。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月8,877円508,877円
2ヶ月7,529円416,405円
3ヶ月6,161円322,566円
4ヶ月4,772円227,338円
5ヶ月3,363円130,701円
6ヶ月1,934円32,635円
7ヶ月483円0円

借金60万円を毎月9万円返済した場合

借金60万円を毎月9万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は36,396円となり返済期間は8ヶ月間になります。

毎月9万円返済した場合の利息は3.6万円と毎月10万円返済した場合の3.3万円と大きく差はないと言えます。そのような意味では、もう少しゆっくり返済したい。と考えている方であれば10万円ではなく9万円の返済でも良いと言えるでしょう。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月8,877円518,877円
2ヶ月7,677円436,553円
3ヶ月6,459円353,012円
4ヶ月5,223円268,234円
5ヶ月3,968円182,203円
6ヶ月2,696円94,898円
7ヶ月1,404円6,302円
8ヶ月93円0円

借金60万円を毎月8万円返済した場合

借金60万円を毎月8万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は40,673円となり返済期間は9ヶ月間になります。

毎月8万円の返済でもまだ利息は4万円程度になり、毎月10万円返済をした場合に比べても利息は7000円程度増えるだけになります。あまり大きな差がある訳でないと言えるでしょう。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月8,877円528,877円
2ヶ月7,824円456,701円
3ヶ月6,757円383,458円
4ヶ月5,673円309,131円
5ヶ月4,573円233,704円
6ヶ月3,458円157,162円
7ヶ月2,325円79,487円
8ヶ月1,176円663円
9ヶ月10円0円

借金60万円を毎月7万円返済した場合

借金60万円を毎月7万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は46,426円となり返済期間は10ヶ月間になります。

借金60万円を毎月7万円の返済計画とすると支払利息4.6万円となり、返済額10万円〜8万円の上昇幅に比べると大きくなることが分かります。

この辺りから、返済期間も利息金額も上昇することになりますので、借金60万円を安定して完済する基準と言えます。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月8,877円538,877円
2ヶ月7,972円476,849円
3ヶ月7,055円413,904円
4ヶ月6,124円350,027円
5ヶ月5,178円285,206円
6ヶ月4,219円219,425円
7ヶ月3,246円152,672円
8ヶ月2,259円84,930円
9ヶ月1,257円16,187円
10ヶ月239円0円

借金60万円を毎月6万円返済した場合

借金60万円を毎月6万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は54,143円となり返済期間は11ヶ月間になります。

利息の支払額が5.4万円となりますので、借金に対して10%程度の利息を支払うことになります。

それでも、毎月6万円の返済ができれば11ヶ月後には完済することも可能になりますので注意は必要ですが、まだ債務整理などは必要ないと言えるでしょう。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月8,877円548,877円
2ヶ月8,120円496,997円
3ヶ月7,353円444,350円
4ヶ月6,574円390,924円
5ヶ月5,784円336,707円
6ヶ月4,981円281,689円
7ヶ月4,167円225,856円
8ヶ月3,341円169,198円
9ヶ月2,503円111,701円
10ヶ月1,653円53,353円
11ヶ月789円0円

借金60万円を毎月5万円返済した場合

借金60万円を毎月5万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は65,496円となり返済期間は14ヶ月間になります。

完済するまでに1年2ヶ月必要になり、利息の支払額も6.5万円と大きく上昇することが分かると思います。

この水準からは、さらに借金を重ねてしまい多重債務者になる可能性が非常に高くなりますので、早めの債務整理を検討しても良いと言えるでしょう。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月8,877円558,877円
2ヶ月8,268円517,145円
3ヶ月7,651円474,796円
4ヶ月7,024円431,820円
5ヶ月6,389円388,209円
6ヶ月5,743円343,952円
7ヶ月5,089円299,041円
8ヶ月4,424円253,465円
9ヶ月3,750円207,215円
10ヶ月3,066円160,281円
11ヶ月2,371円112,652円
12ヶ月1,667円64,318円
13ヶ月952円15,270円
14ヶ月226円0円

返済額が5万円以下の場合は弁護士や司法書士に相談

上記のシミュレーションをご覧になるとお分かりかと思いますが、借金60万円を安全に返済をするには毎月6万円〜7万円の返済をした方が良いと言えます。

ちなみに、毎月の返済額が4万円、3万円、2万円、1万円の場合の返済期間と利息は以下の通りです。

毎月の返済額返済期間支払利息
4万円18ヶ月83,451円
3万円24ヶ月116,659円
2万円40ヶ月198,980円
1万円149ヶ月888,707円

上記の通り、毎月の返済額が5万円以下になると返済期間も支払利息も極端に増えてしまうことが分かると思います。

そのため、現在60万円の借金を抱えており返済に苦労しているならば、「債務整理の1つである任意整理」によって借金を減額させる方法も検討するべきと言えます。

借金60万円でも任意整理で減額できる

任意整理は債権者と債務者の代理人である弁護士や司法書士が交渉によって借金を減額させる法的な手続きなります。

個人信用情報機関に事故情報(俗に言うブラックリスト)が3年〜5年の間登録されてしまいますので、クレジットカードの契約ができないことや住宅ローンが組めないなどのデメリットがあります。

一方、減額する借金を選ぶことができるので、車や住宅などの資産を守ることが可能になることや家族や職場にバレにくいというメリットもあります。

借金60万円であれば任意整理によって再建することも十分に可能になりますので検討を進めるべきと言えるでしょう。

働けない人は障害年金の受給も検討するべき

任意整理によって借金が減額できれば、再建に向けて歩み始めたいところですが、中には精神的、肉体的な病気によって就労することが難しい場合もあるでしょう。

このような場合は、障害年金の受給を考えてみましょう。

年金保険料を支払っている人であれば、病気などによって就労が難しい場合に障害年金を受給することが可能です。ただし、障害年金は手続きが複雑であり、審査が通過しない場合もありますので以下の記事を参考に手続きを進めてみましょう。

まとめ

借金60万円の返済期間と支払利息を毎月の返済額からシミュレーションを行いました。

自力返済が可能な金額である一方で、仕事が出来ない。など様々な事情で返済が難しい方も多いでしょう。そのような場合は、早々に任意整理を行いまずは借金の負担を軽くするようにしましょう。

その際は、自分自身がいくら借金を減額することが出来るのかを簡単にシミュレーションができる「借金減額シミュレーター」を活用してみてください。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。