借金70万円の返済期間と支払い利息を返済額別にシミュレーション







借金が70万円まで増えてしまうと返済の厳しさを非常に感じていることではないでしょうか。

毎月頑張って返済はしているのに元金が一向に減らない。むしろ、突発的な支出に対応出来ないことからさらに借金を重ねてしまうリスクが高い」と悩みを抱えている人も多いと想定できます。

このような場合は、毎月返済できる金額を引き上げるか債務整理をするかの対応が必要になります。その際、現実的に毎月いくら返済ができ、利息をいくら支払うと完済できるのかしっかりと計画を立てる必要があります。

そこで今回は、毎月いくら返済したらいつまでに完済し、その際いくらの利息を支払うのか。を計算し無事に70万円の借金を完済できるかシミュレーションをしたいと思います。

借金70万円を抱えてしまう主な原因

借金70万円を抱えている人も、初めは数万円程度の借金だったのではないでしょうか?

借金を抱えてしまう主な原因

  • パチンコなどのギャンブルが辞められず数万円の借金が増えてしまった
  • 生活が厳しく、突発的な支出に対応する内に借金が増えてしまった
  • 肉体的、精神的な病気で仕事が出来ず生活費として借金を増やしてしまった
  • 離婚をきっかけに生活が苦しくなり借金を増やしてしまった
  • 浪費癖を改善出来ずカード破産状態になってしまった

など、借金を抱える理由は人それぞれですが、徐々に借金が増えている。という方は、借金の返済のために借金を重ねてしまう多重債務の状況と言えるかもしれません。

こうなっては完済の道は非常に厳しいことから債務整理が必要になります。

債務整理は、借金を減額できる法的な手続きになりますが、返済の目処が立たない場合は少しでも早く弁護士や司法書士に債務整理の相談をするべきと言えます。

その際、「債務整理でいくら借金が減るの?」と疑問に感じる方も多いでしょうから、以下の借金減額シミュレーターで減額できる金額を算出することをおすすめします。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

借金70万円の返済期間と支払利息をシミュレーション

それでは、借金70万円の返済期間と支払い利息を毎月の返済額別にシミュレーションをしたいと思います。今回は、毎月の返済額を3万円、4万円、5万円、6万円、7万円で返済した場合で計算を行います。

また、金利は最高金利の18%としたいと思います。

借金70万円を毎月7万円返済した場合

借金70万円を毎月7万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は63,167円となり返済期間は11ヶ月間になります。

毎月7万円を返済しても支払利息は6.3万円程度になりますので、少々負担は重たいと言えるでしょう。それでも、11ヶ月を目処に完済することが可能になりますので、十分に自力完済することができる水準と言えます。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月10,356円640,356円
2ヶ月9,474円579,830円
3ヶ月8,578円518,408円
4ヶ月7,670円456,078円
5ヶ月6,747円392,825円
6ヶ月5,812円328,637円
7ヶ月4,862円263,499円
8ヶ月3,898円197,397円
9ヶ月2,920円130,318円
10ヶ月1,928円62,246円
11ヶ月921円0円

借金70万円を毎月6万円返済した場合

借金70万円を毎月6万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は74,117円となり返済期間は13ヶ月間になります。

返済期間が13ヶ月を過ぎると大きな出費が借金の返済に重なる可能性が高まります。例えば、家賃の更新料や冠婚葬祭などが該当することでしょう。

それでも、毎月6万円を返済すれば完済することはできますので、まだまだ自力返済は可能と言えるでしょう。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月10,356円650,356円
2ヶ月9,622円599,978円
3ヶ月8,876円548,854円
4ヶ月8,120円496,974円
5ヶ月7,352円444,327円
6ヶ月6,574円390,900円
7ヶ月5,783円336,684円
8ヶ月4,981円281,665円
9ヶ月4,167円225,832円
10ヶ月3,341円169,173円
11ヶ月2,503円111,676円
12ヶ月1,652円53,328円
13ヶ月789円0円

借金70万円を毎月5万円返済した場合

借金70万円を毎月5万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は90,216円となり返済期間は16ヶ月間になります。

70万円の借金に対して9万円の利息は少々高いと言えるでしょう。

16ヶ月で完済は可能になりますので、自力返済も可能になりますが、新規の借入が発生してしまう可能性があるならば債務整理も視野に入れる水準となります。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月10,356円660,356円
2ヶ月9,770円620,126円
3ヶ月9,174円579,300円
4ヶ月8,570円537,871円
5ヶ月7,958円495,828円
6ヶ月7,336円453,164円
7ヶ月6,704円409,868円
8ヶ月6,064円365,932円
9ヶ月5,414円321,346円
10ヶ月4,754円276,100円
11ヶ月4,085円230,185円
12ヶ月3,405円183,590円
13ヶ月2,716円136,306円
14ヶ月2,017円88,323円
15ヶ月1,307円39,630円
16ヶ月586円0円

借金70万円を毎月4万円返済した場合

借金70万円を毎月4万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は116,146円となり返済期間は21ヶ月間になります。

借金の返済期間が21ヶ月にもなると、突発的な支出が発生しない。と考える方が不自然と言えるかもしれません。

過去の支出を振り返っていただき、日常の生活費とは別にいくらの支出が生まれているか?それを生活費の中で吸収できるのか?それとも借金が必要なのか?によって自力返済か債務整理か検討することになります。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月10,356円670,356円
2ヶ月9,918円640,274円
3ヶ月9,473円609,746円
4ヶ月9,021円578,767円
5ヶ月8,563円547,330円
6ヶ月8,097円515,427円
7ヶ月7,625円483,053円
8ヶ月7,147円450,199円
9ヶ月6,660円416,860円
10ヶ月6,167円383,027円
11ヶ月5,667円348,694円
12ヶ月5,159円313,852円
13ヶ月4,643円278,496円
14ヶ月4,120円242,616円
15ヶ月3,589円206,205円
16ヶ月3,051円169,256円
17ヶ月2,504円131,760円
18ヶ月1,949円93,709円
19ヶ月1,386円55,096円
20ヶ月815円15,911円
21ヶ月235円0円

借金70万円を毎月3万円返済した場合

借金70万円を毎月3万円返済した場合の返済期間と支払利息を計算すると、支配利息の合計は164,996円となり返済期間は29ヶ月間になります。

毎月3万円の返済額になると利息も返済期間も大きくなりますので、自力完済は難しい水準と言えるかもしれません。借金の返済が滞るようであればすぐに弁護士や司法書士に債務整理の相談を行いましょう。

返済期間支払利息借金残額
1ヶ月10,356円680,356円
2ヶ月10,066円660,422円
3ヶ月9,771円640,192円
4ヶ月9,471円619,664円
5ヶ月9,168円598,831円
6ヶ月8,859円577,691円
7ヶ月8,547円556,237円
8ヶ月8,229円534,467円
9ヶ月7,907円512,374円
10ヶ月7,580円489,954円
11ヶ月7,249円467,203円
12ヶ月6,912円444,115円
13ヶ月6,570円420,685円
14ヶ月6,224円396,909円
15ヶ月5,872円372,781円
16ヶ月5,515円348,296円
17ヶ月5,153円323,449円
18ヶ月4,785円298,234円
19ヶ月4,412円272,647円
20ヶ月4,034円246,680円
21ヶ月3,650円220,330円
22ヶ月3,260円193,590円
23ヶ月2,864円166,454円
24ヶ月2,463円138,916円
25ヶ月2,055円110,971円
26ヶ月1,642円82,613円
27ヶ月1,222円53,835円
28ヶ月796円24,632円
29ヶ月364円0円

返済が難しい場合は弁護士や司法書士に相談

上記のシミュレーションをご覧になるとお分かりかと思いますが、借金70万円を安全に返済をするには毎月6万円〜7万円の返済をした方が良いと言えます。

もし、6万円〜7万円の返済が難しい場合は、債務整理の中でも一番デメリットの少ない任意整理がおすすめと言えます。任意整理は債権者と債務者の代理人として弁護士や司法書士が交渉によって借金を減額させる手続きなります。

減額方法は、将来利息をカットする方法や過払い金の返還請求を行うことが一般的です。また、減額する借金を選ぶことができるので、車や住宅などの資産を守ることも可能になります。

一方で、個人信用情報機関に事故情報(俗に言うブラックリスト)が3年〜5年の間登録されてしまいますので、クレジットカードの契約ができないことや住宅ローンが組めないなどのデメリットがあります。

メリット、デメリットをよく検討することは必要ですが、借金70万円であれば任意整理によって再建することも十分に可能になりますので検討は進めるべきと言えるでしょう。

まとめ

借金70万円の返済期間と支払利息を毎月の返済額からシミュレーションを行いました。

自力返済が可能な金額である一方で、仕事が出来ない。など様々な事情で返済が難しい方も多いでしょう。そのような場合は、早々に任意整理を行いまずは借金の負担を軽くするようにしましょう。

その際は、自分自身がいくら借金を減額することが出来るのかを簡単にシミュレーションができる「借金減額シミュレーター」を活用してみてください。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。