借金は結婚するとバレる?隠せる?幸せになるために知っておくべきこと







現在、借金を抱えている人で結婚したい相手がいる場合、「借金をしている事実を相手に伝えるべきか否か」悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

正直に借金の事実を打ち明けて破断となってしまうようなことだけは絶対に避けたい。」と考えるのが本音でしょうが、「大切な人に嘘を付く。」ということも心苦しいものだと思います。

そこで今回は、借金をしている人が結婚する場合に、その事実がバレてしまうのか?隠せるのか?幸せな結婚生活を送るために事前に知っておきたいことをお伝えしたいと思います。

借金は結婚するとバレるのか?隠せるのか?

借金をしている事実を隠しながら結婚した場合に、その事実がバレてしまうのか?という点ですが、滞りなく返済していればバレる可能性は低いと言えます。

ただし、返済が滞り滞納してしまうと督促状が自宅に届きますので、配偶者にバレる可能性があると言えます。その他でも、お財布を一緒にしている場合は、どこにお金を使ったのか知られてしまうこともあるでしょう。

そのため、結婚前に一度同棲しお金の管理方法や2人で生活した場合の支出を把握し問題なく返済ができるのか?シミュレーションをしておく方が良いと言えます。

もし、その際に返済することが難しい。という結論に至った場合は、結婚を遅らせるか債務整理によって借金を減額させてしまうのも1つの手です。

その際は、以下の借金減額シミュレーターを活用することで債務整理によって減額できる借金額を計算できますのでトライしてみましょう。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

親に借金がある場合は結婚に影響するのか?

ご自身が借金を抱えていない場合でも親が借金を抱えている。というケースもあるでしょう。このような場合は、基本的に夫婦2人にはまったく影響はありません。

借金は夫婦間であっても親子でも債務者本人しか影響を与えることはありません。ただし、保証人や連帯保証人になっているケースは要注意です。

保証人になっている場合は、事実上は債務者に代わって借金を返済する義務を負っていることになりますので、親の借金を肩代わりするケースが出てきます。

借金を隠したまま結婚しても幸せになれるのか?

さて、自分自身の借金や親の保証人になっているなど言い出せない事実を隠し結婚しても幸せになることは出来るのでしょうか?本章では、借金を隠したまま結婚した場合の問題についてお伝えします。

借金を隠したまま結婚した場合の問題

  • 借金がバレる恐怖に常に怯え続けなければいけない
  • 嘘に嘘を重ねてしまい夫婦関係が悪化する
  • 借金を返済する必要があるので家計が苦しい
  • 住宅や車など大型の支出にローンが組めない可能性がある(収入、残額、返済状況による)
  • 万が一バレてしまうと離婚されてしまう可能性がある

上記のような問題を常に抱えながら生活をするのは非常に苦労も多いことでしょうし、幸せとはなかなか言えないかもしれません。

実際にちょっとしたことから借金がバレてしまうケースがあります。

例えば、住宅や車のローンを契約しようとすると現在抱えている借金総額も審査対象に加えられることから審査落ちをしてしまう可能性もあります。

収入も平均並みにあり就業年数も問題ない場合でも、どこの審査も通過しなければ不信感を募らせる配偶者がいてもおかしくないでしょう。

結局のところは、常に借金がバレる可能性に怯えながら日々生活することになりますし、バレてしまえば離婚の危機とも言えますので幸せな結婚生活を送ることは難しいと言えるかもしれません。

夫婦で貯めた貯金があれば財産分与で半額は渡す必要もあるでしょうから様々な面でデメリットが発生すると言えます。

借金をしていることは結婚前後でいつ伝えるべきか?

上記のように借金をしている事実をいづれは告げなければいけない。と考えている場合に「結婚する前に伝えるべきか?それとも後なのか?」頭を悩ませている人も多いことでしょう。

結論は、お二人の関係による。という点に尽きるのですが、「相手の気持ちを考えれば結婚前に知っておきたい。」という事実はあるでしょう。実際に、結婚後に住宅や車を購入する場合はローンを組むことになります。

ローンと言っても借金である事実は全く変わりませんし、その返済を夫婦で行なっていくことになります。

そのため、借金を抱えていない夫婦の方が少ないのです。破断になるリスクもありますが、二人でしっかりと返済できる関係を築くことも大切な考えと言えるかもしれません。

結婚前に借金を減らす方法は債務整理がおすすめ

ここまで、借金を隠した状態で結婚した場合のリスクをお伝えしましたが、皆、「スッキリした状態で結婚したい。」と思う気持ちは一緒でしょう。

このような場合、結婚前に債務整理をすることも1つの手として考えてみてください。

債務整理は、借金を減額する手続き「任意整理」「個人再生」と借金を免除する「自己破産」に分かれておりますが、弁護士や司法書士を介在させ法的に借金問題を解決する方法です。

債務整理を行うと5年〜10年間の間クレジットカードが作れない点やローンが組めないなどのデメリットもありますが、早々に借金を完済し貯金をすることは可能になりますので、いつまでの借金の恐怖に怯えているよりは債務整理を決断をした方が良い場合があります。

債務整理の方法によって減額できる借金額やデメリットも異なりますので詳しくは以下の関連記事をご参照ください。

また、借金がいくら減額できるのか知りたい方は、以下の借金減額シミュレーターから算出できるのでトライしてみましょう。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

債務整理は弁護士や司法書士に相談するのが良い

現在抱えている借金残額や収支によって選ぶべき債務整理の方法も異なります。そのため、債務整理の実績が豊富な弁護士や司法書士に相談をすることで最適な方法をアドバイスしてくれるでしょう。

大半の専門家は初回の相談を無料で行なっておりますので、まずは、相談だけでも行う方が良いと言えます。その際、債権者や裁判所とのやりとりを行うことになりますので、実績が豊富な専門家に依頼しなければ適切なアドバイスを受けられない可能性もあります。

そのため、以下の債務整理の種類別に実績が豊富な専門家の費用を比較した記事がありますのでご参照ください。

まとめ

借金を抱えた状態で結婚した場合に、借金はバレてしまうのか?隠すことができるのか?について解説を行いました。バレずに生活をすることは可能である一方で、バレた時のリスクを抱えながら生活することは非常に苦労があることでしょう。

そのため、できる限り結婚する前に借金を完済できるように債務整理を行うことも視野にいれるようにしましょう。最後に、任意整理と個人再生によって借金を減額させた体験談をまとめましたのでご参照ください。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。