50代から学ぶ「定年後設計スクール」が老後の不安を解消させる理由







50代になると老後の生活を如実に意識する年齢になります。

例えば、老後は不自由なく生活できるのか。年金はどの程度受給できるのか。老後の住まいは介護などを見据えてリフォームすべきなのか。補助金はどのような種類があるのか?親や家族が介護になった時にどのくらいの支出が発生するのか。など人生の最後に向けて備えなければいけない不安が含まれるでしょう。

ではなぜ、不安だと感じてしまうのか。それは「不安の原因や解決策を知らない」という理由が大きいと言えます。年金1つとっても制度は非常に複雑であり、知らないことが多いのが実態です。

そこで、老後に必要な知識を身につけるためにおすすめしたいのがファイナンシャルアカデミーが運営する「定年後設計スクール」です。全24回の受講が必要になりますが、受講内容が非常に充実していることから受講内容の特徴をお伝えします。

定年後設計スクールとは?

定年後設計スクールとは、平均寿命が伸び20年から30年と非常に長い老後の人生を「豊かに生きがいをもって生活」できるように必要な知識を学ぶことを目的にしたスクールです。

運営はお金の知識を学ぶことを目的にした日本最大級のファイナンシャルアカデミーが運営していることから魅力的な講師陣を揃えた実践的な内容が中心となっております。

主なカリキュラムは、「定年後の生活設計、保険の見直し、公的年金の仕組みと増やし方、生きがい、医療費、介護問題、相続問題、終活」と老後に誰しもが考えなくてはならないお金に関する全てを学ぶことができます。

定年後設計スクールを受講した方が良い方

とはいえ、お金の勉強と言われると日本人にはあまり馴染みがないのが実態でしょう。

しかしながら、60歳以上の生活保護受給率が50%を超え、年金制度も不安定。さらには、年金カット法案や医療費の自己負担増額から介護保険の見直しなど毎年のように変わる社会保障に対してしっかりと知識を身につけなければ老後破産のリスクが高まります。自分の老後は自分で守る。と考え、50代から準備することは必要不可欠な時代になったと言えるでしょう。

そのため、以下に該当する方は受講を検討することをおすすめします。

老後の生活詳細

老後の不安をなくしたい

  • 定年後の生活設計を明確にしたい方
  • 自分、家族、親の医療や介護に関するお金が用意できるか心配な方
老後は豊かに暮らしたい
  • 定年後も仕事や趣味など意欲的に充実した生活を送りたい方
  • 穏やかで豊かな生活を老後は送りたい方
お金の知識を身につけたい
  • 年金・保険・税金・資産運用など正しい知識を身につけ損をしたくない方
  • 定年後に知っておくべきお金の知識を網羅的に学びたい方

定年後設計スクール3つの特徴

それでは、「定年後設計スクール」にはどのような特徴があるのか。3つの特徴をお伝えしたいと思います。

定年後設計スクールの3つの特徴

  1. 老後のお金の不安が和らいだ。と受講者の90%が感じる満足度
  2. 50代限定のため超実践的なカリキュラム
  3. お金の知識がなくとも3ヶ月で必要な知識を身につく充実の講師陣

1.老後のお金の不安が和らいだ。と受講者の90%が感じる満足度

老後の主な収入源は年金となるでしょう。この年金1つでも「何歳で受給するか」で受け取れる金額が大きく変わります。一生涯の年金受給額を考えると数百万円単位で受取額が変わることから正しい知識を身につけることが必要です。

また、年金の給付制度である遺族年金や障害年金の受給は申請をしなければ受け取ることが出来ません。では、どのような状態になると受給資格を満たすのか。どのように申請するのか。など年金と言っても知らないことは多いはずです。

その他にも、老後では過剰な保障が付いてしまった保険の見直しから介護や医療費はどのくらい発生するのかなど、老後に備えて身につけなければならない知識を網羅的に学ぶことができます。

結果として、受講者の90%以上が老後のお金に関する不安が和らいだと回答するほど満足度の高いスクールとなっています。

受講者の満足度調査

2.50代限定のため超実践的なカリキュラム

「定年後設計スクール」は50代の方限定で受講できるカリキュラムとなっております。50代に限定することでカリキュラムにブレがなくなり、より実践的な講義が可能となっているのが特徴です。

なぜ50代か?

それは、40代ではまだまだ、子供が巣立っていない方も多く老後の準備の仕方が変わることや、60代ではまた異なる悩みを持っているなど年代によって老後の知りたい情報は変わります。

そのため、50代に絞り「今後想定しなければならない老後の問題」に対して、超現実的なカリキュラムを用意することで受講者全員に役立つスクールを運営していることがポイントです。

カリキュラム内容

3.お金の知識がなくとも3ヶ月で必要な知識を身につく充実の講師陣

これまで「お金」に関してあまり深く考えて来なかった。という方も不安に思う必要はありません。「定年後設計スクール」は充実した講師陣が丁寧に指導をしてくれる専門家(税理士やファイナンシャルプランナー)ばかりですので、知識が全くなくても3ヶ月の受講で必要知識を身につけることが可能です。

充実した講師陣

80%以上の方が貯蓄が増えたと語る驚異の実績

充実したカリキュラムに講師陣が揃ったとしても、やはり貯蓄額が増えなければ意味がありません。

その点、お金の教養スクールを受講した80%の方が貯蓄額がアップするという結果が出ています。やはり、正しい知識を身につけ、きちんと老後の設計を行うだけでも貯蓄額を増やすことができることから非常に魅力があるスクールと言えます。この実績を担保するポイントは以下の3つです。

ポイント詳細
速効性の高いカリキュラム短期間で成果を上げることを目的に開発されたカリキュラムと最新データを活用した実践的な講義は日々の生活ですぐに活用できることが非常に魅力的であると言えます。
成果を得られるアクションリスト「STAGE フレームワーク」を応用した5段階のチェックリストを活用することで、知識の定着と次のアクションを明確にします。これによって効率的に成果を上げるためのステップを見える化することが可能になります。
安心の返品制度ファイナンシャルアカデミーのスクールは30日以内であれば受講料が全額返品できる制度がありますので、安心して受講が可能です。加えて、休学や復学制度もありますので様々な事情に対応が可能です。

受講者は6,000名超え|メディアにも多数取り上げられる

この「定年後設計スクール」はメディアでも数多く取り上げられたこともあり2017年7月時点で受講者数が6,000名を突破するなど非常に人気となっております。

主な掲載メディア

やっぱり費用は高い?そんな時に無料体験学習会を活用すべし

ここまで充実したスクールですので費用も高いのでは?と思うことでしょう。まずは料金体系を確認してみましょう。

コース金額
web受講コース158,000円 (税別)
WEB+教室受講コース238,000円 (税別)

分割での支払いも可能ですが、決して安い金額ではありませんね。ただし、このスクールを受講することで毎月1万円の節約が出来たと考えれば2年程度で元が取れてしまうことになります。

老後の生活は20年から30年と非常に長いことから1万円でも得をすることができればこの受講料は決して高いとは言えないでしょう。

ただし、スクールやカリキュラムが自分に合うかは別問題ですので、まずは「無料体験学習会」に参加することをオススメします。相性が合えば申し込みをしても良し(30日間の返品制度もあります)。無料体験だけ受講するのももちろんありです。

無料体験学習会は自分自身の学びになるかを見定め、検討することが出来ますので、まずは「無料体験学習会」で一歩踏み出すことをおすすめします

まとめ

「定年後設計スクール」について解説を行いました。非常に魅力的なスクールであることは間違いないでしょう。無料体験学習会や返品制度など受講者が安心して受講できる制度が整えられている点も魅力の1つです。

老後の不安は行動しなければ何も解決することは出来ません。

そのため、このようなスクールを通じて老後の不安を解消する方法を学び、豊かで充実した老後の生活を送ることをおすすめします。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。