失業保険の不正受給は密告や聞き取り調査で必ずバレるって本当?







失業保険だけでは前職の収入から大幅に所得が減額されてしまうことから「アルバイトなどで追加の収入が欲しい」という人も少なくないでしょう。

ただし、アルバイトをすると失業保険が減額される場合や支給停止となる場合もあることから、結局はゆとりのある生活を送るのは難しいと言えます。

その際、「失業保険の減額や支給停止を回避するためにアルバイトの収入を申告しない」という考えが頭を過ってしまいますが、これは不正受給に該当してしまいます。

そこで今回は、失業保険を不正受給するとバレるのか?また、バレた場合にどのような罰則があるのかを解説したいと思います。

失業保険の不正受給に該当する例

失業保険の不正受給は、悪意がある場合もない場合も該当してしまうと罰則の対象となってしまいます。そのため、「不正受給するつもりはなかった」と後々言ったところで罪を逃れることは出来ませんので注意してください。

それでは、失業保険の不正受給に該当する例を確認してみましょう。

失業保険の不正受給に該当する例

  • 求職活動を行なっていないにも関わらず虚偽の申告をした
  • 就労したにも関わらず申告しなかったり虚偽の申告をした
  • 就職日を偽って申告をした
  • 起業をしたにも関わらず申告をしなかった
  • 内職や手伝いなどの仕事をしたが申告しなかったり虚偽の申告をした

上記の通り、最も多い不正受給の原因は「仕事をして収入を得たにも関わらず申告をしなかったケース」が最も多いと言えます。

この際、「少額だから申告する必要はなかった」などが該当しますが、1円でも収入を得たり収入が無くても仕事をしたら申告が必要になります。

失業保険を不正受給した場合の罰則

自分自身が失業保険の不正受給を行なってしまった場合にどのような罰則を受けるのかも合わせて確認してみましょう。

罰則の種類詳細
失業保険の支給停止不正受給を行なった日から失業保険を受け取る一切の権利が剥奪され以降は支給停止となります
不正受給分の返還命令不正受給で得た失業保険は全額返還する必要がある
納付命令不正受給発覚後に給付を受けた金額の2倍を納付する必要がある。返還分と合わせると3倍の納付が必要になる

上記の罰則命令に従わず返還を行わない場合は財産の強制執行の対象となりますので十分に注意が必要になります。

失業保険の不正受給がバレる理由

失業保険の厳しい罰則をお伝えしましたが「なぜ失業保険の不正受給がバレてしまうのか?」も合わせてお伝えさせて頂きます。

失業保険の不正受給がバレる理由

  1. 聞き取り調査や家庭訪問による発覚
  2. 雇用先で加入する雇用保険から発覚
  3. 密告や告発による発覚

バレる理由1.聞き取り調査や家庭訪問による発覚

ハローワーク職員が不定期に家庭訪問や聞き取り調査などを実施することから、その際、アルバイトをしている姿などを目撃されると不正受給が発覚してしまう可能性があります。

その他にも、無作為に追跡調査を実施する場合があります。

バレる理由2.雇用先で加入する雇用保険から発覚

週20時間以上アルバイトをしていると雇用主は従業員を雇用保険に加入させる義務を負うことになります。そのため、アルバイトの所得をハローワークに隠している場合も雇用主の申告によってバレてしまうことがあります。

一方で、アルバイト先の給料からハローワークにバレる可能性は低いと言えます。収入の管轄は税務署であり国税庁ですが、ハローワークは厚生労働省となりますので、縦割り行政において情報が共有される可能性は極めて低いのです。

ただし、今後はマイナンバーの導入によって情報が網羅的に管理されることにより発覚する可能性があると言えます。

バレる理由3.密告や告発による発覚

最後に、最も失業保険の不正受給がバレる理由に「密告や告発」があります。

自分はそんなに嫌われていない」「密告されるような人間ではない」と考えている人も多いと思いますが、前職の人からの密告や告発が多い傾向にあります。

最近はSNSなどによって不正受給がバレ密告される場合もあります。自分自身が感じているよりも周囲の人はあなたを見ている。ということを認識しておくべきでしょう。

失業保険の不正受給に関するQ&A

失業保険の不正受給に関してよくある疑問を一問一答でお伝えしたいと思います。

Q1.入社前研修に参加したが給料が支給されない場合は申告は不要ですか?

入社前研修で給料が発生しない場合でも仕事をした場合は必ず申告が必要になります。

Q2.株やFXで一時的に利益が出たが申告は必要ですか?

株やFXなど生業としていない場合に一時的に利益が出るだけであれば申告は不要です。一方で定期的に利益が出ている場合は申告が必要です。

Q3.無償のボランティアに参加しましたが申告は必要ですか?

無償のボラティアも仕事扱いになりますので申告が必要です。同様に友人の引っ越しを手伝うなども申告対象になりますので注意しましょう。

まとめ

失業保険の不正受給について解説を行いました。

不正受給をしてもバレないだろうと考えていると密告や告発などによってハローワークにバレてしまう可能性が高いと言えますので、厳しい罰則を避けるためにも不正受給は絶対に避けるべきです。

それよりも、1日でも早く再就職した方が収入も安定することからおすすめと言えます。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。