年金の受給年齢はいつから?いくらもらえるの?年齢別の受給額を計算







年金の受給年齢と言えば60歳から65歳に変更になった。ことは誰もが知っている事実ですが、実は現在移行中であり65歳を前にして年金が受け取れる方もいます。

また、それとは別に繰り上げ受給と呼ばれる制度を活用すれば60歳からでも受給できますし、繰り下げ受給と呼ばれる制度を活用すれば70歳まで受け取りを伸ばすことも可能なのです。

では、一体いつから年金を受給するといくらの年金がもえるのか?今回は年金受給年齢の疑問を解説します。

年金受給年齢の推移

年金の受給年齢は段階的に引き上げがされており、昭和60年では女性の年金受給開始年齢が55歳だったものが12年かけて60歳に引き上げがされました。

このように年金受給年齢を引き上げるのは非常に時間がかかるため現在も、段階的に年金受給年齢を65歳に移行している途中となります。そのため人によっては65歳よりも前に年金を受給することができる人もいます。

これを「特別支給の老齢厚生年金」と呼びますが、ここでは該当する方の生年月日と性別の一覧表をお伝えします。また、「特別支給の老齢厚生年金」の詳しい解説は「特別支給の老齢厚生年金とは|制度を理解し上手に活用するための知識」をご参照ください。

年金受給年齢の繰り下げと繰り上げについて

上記の移行期間とは別に年金受給年齢を65歳よりも前に年金を受給する「繰り上げ受給」と65歳以降に年金を受け取る「繰り下げ受給」制度があります。

「繰り上げ受給」や「繰り下げ受給」を活用すると、本来65歳から受け取れる年金額から増減されて支給がなされます。加えて一度増減した年金額はその後、変更することはできず、生涯その年金額を受け取ることとなります

それぞれの増減額率を一覧表で確認してみましょう。

請求時の年齢増減額率
60歳30.0%
61歳24.0%
62歳18.0%
63歳12.0%
64歳6.0%
65歳0.0%
66歳108.4%
67歳116.8%
68歳125.2%
69歳133.6%
70歳142.0%

上記の通り、繰り上げ受給を行うと年金支給額は減少し、逆に繰り下げ受給をすることで年金受給額を増やすことが可能になります。

繰り上げ受給については「年金の受給年齢を60歳まで繰り上げると支給額が70%減額される」を、繰り下げ受給については「年金の受給年齢を70歳まで繰下げると140%増で受け取れる」にて詳しく解説をしておりますのでご参照ください。

平均寿命まで生きる場合は67歳からの受給が一番お得!?

それでは、年金受給開始年齢の起点を65歳とした時に年金の受給金額が一番お得になるのは何歳からの受給なのか計算を行なってみたいと思います。

まず、毎年の年金受給額について「2017年最新|年金支給額の平均は国民年金5.5万円・厚生年金14.7万円」より厚生年金の平均受給額である14万7000円としたいと思います。

次に、寿命の設定としては「平均寿命が過去最高の男性80.98歳・女性87.14歳に更新」より男性の平均寿命である81歳まで生きた場合でシミュレーションしたいと思います。

請求時の年齢支給率月額受給額受給期間生涯年金受給金額
60歳70.00%¥102,90021年¥25,930,800
61歳76.00%¥111,72020年¥26,812,800
62歳82.00%¥120,54019年¥27,483,120
63歳88.00%¥129,36018年¥27,941,760
64歳94.00%¥138,18017年¥28,188,720
65歳0.00%147,00016年¥28,224,000
66歳108.40%¥159,34815年¥28,682,640
67歳116.80%¥171,69614年¥28,844,928
68歳125.20%¥184,04413年¥28,710,864
69歳133.60%¥196,39212年¥28,280,448
70歳142.00%¥208,74011年¥27,553,680

81歳を寿命とした場合、もっと多く年金を受給できる年齢は67歳という結果になりました。

上記のシミュレーション通りならば65歳で定年退職したとしても、あと2年アルバイトでも収入を見込むことが出来れば受取額を最大化させることが可能です。

従って、「いつからいくらもえるのか?」とのお題に対しては、平均並みの年金受給額と寿命であれば67歳からの受け取りが一番おすすめと言えるでしょう。

年金受給年齢の損得基準

上記は平均寿命である81歳を基準にした場合のシミュレーションとなりますが、そこまで長生きことはないだろう。という方や81歳以上も長生きすると自信のある方まで様々かと思います。

平均寿命は年々伸びていますので、出来ることならば長生きしても問題ないように年金受給年齢を調整した方が良いと考えられます。

そこで、年金受給年齢の目安を知るために65歳を年金受給年齢の基準とした場合に60歳、67歳、70歳で損得の基準を示したいと思います。

  • 60歳を年金受給年齢とした場合は76歳の時に65歳から受給を開始した金額に追い越される
  • 67歳を年金受給年齢とした場合は78歳の時に65歳から受給を開始場合の金額を追い抜く
  • 70歳を年金受給年齢とした場合は81歳の時に65歳から受給を開始場合の金額を追い抜く

81歳を寿命とした場合は、67歳を年金受給年齢にすることがもっともお得であるとお伝えしましたが、83歳まで長生きすると70歳から受給した方がお得となります。

繰り上げ・繰り下げのシミュレーションは年金ネットで可能

上記の通り、細かな計算を行う必要がある「繰り上げ受給」と「繰り下げ受給」のシミュレーションですが、実は「年金ネット」を活用することで簡単にシミュレーションが可能になります。

年金ネットは50歳から活用ができますので、「老後資金の必要額|夫婦二人で5000万円の貯蓄が必要な理由」を参照頂き、老後資金の必要額を想定した上でシミュレーションを行なってみましょう。

年金ネットの利用方法は「年金ネットの使い方|登録・ログイン方法から見込額の試算までガイド」をご参照ください。

30年後は年金制度が崩壊しているので考えるだけ無駄?

30年後の年金制度は崩壊しているのでしょうか。

繰り上げ受給を行う理由には「いつ減額または年金制度が崩壊するか分からないのでなるべく早く受給する」という意見も多いようです。

これは決して間違った選択ではないでしょう。実際、高齢者の数はこれからさらに爆発的に増加し労働者人口は減少します。これによって収入と支出のバランスが保てなく年金制度が崩壊する。という可能性は0ではないからです。

しかしながら、年金制度を簡単に崩壊させる。というのも考えにくいものです。(そのような事態になっては国を揺るがす問題にもなります)

結局のところ、年金制度の崩壊有無については個人の考えに依存することとなりますので、どちらが良いかは自分自身で決めるしかないでしょう。

その際、適正な判断が出来るように、政策や年金関連のニュースには常にアンテナを張りながら「繰り上げ受給」、「繰り下げ受給」の判断を行うようにしましょう。

まとめ

年金の受給年齢はいつからなのか?いくらもらえるのか?について解説を行いました。

年金制度は「振替加算とは?600億の年金未払いが発覚した制度を徹底解説」のように支給漏れなどの問題が発生していることや、そもそも制度自体が非常に複雑で理解するだけで一苦労と言ったように受給者側にとっては改善をお願いしたい所も多いのが実態です。

それでも、老後の生活を支える重要な役割を果たすことから難しいながらも1つずつ理解を進め最適な選択を行えるようにしましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。