個人再生をすると口座が凍結されるので注意!解除までの期間を解説







個人再生をする際に、銀行から借入をしている人は注意が必要です。

銀行の借金を個人再生してしまうと、対象の銀行口座が凍結されてしまいます。口座が凍結されると入金は出来ても出金は出来なくなりますのでお金が事実上使えなくなります。

そこで、今回は、個人再生した際に銀行口座が凍結されるケースとされないケースに加え、口座が凍結されてから解除されるまでの期間を解説したいと思います。

個人再生で銀行口座が凍結されるケース

個人再生は任意整理とは異なり借入先を選択することが出来ません。そのため、銀行からの借入を除外して個人再生することが出来ないので借金をしている口座は間違いなく凍結されてしまいます。

では、実際にどのようなケースで銀行口座が凍結されてしまうのか?2つのケースをご紹介します。

借入している銀行は同じだが複数の支店に口座を保有している場合

給与の振り込みや生活費の支払いなど日常的に使う口座と銀行から借入している口座を分けて管理している場合も、個人再生を行うと両方の口座が凍結されてしまいます。

銀行口座は名義単位で管理をしていることから、1つの口座でも個人再生を行えば全ての口座が凍結されてしまいます。

銀行からカードローン・住宅ローン・自動車ローンなどを借入している場合

銀行は貸金業社に比べれば金利も低いので、カードローンだけでなく住宅ローンや自動車ローンなどを利用している人も多いことでしょう。当然ながらカードローンだけでなく、住宅ローンや自動車ローンも個人再生するならば口座は凍結されてしまいます。

ご自身が契約している銀行ごとに異なる場合もありますので約款を確認することをおすすめします。

個人再生で銀行口座が凍結されないケース

それでは、個人再生をしても銀行口座が凍結されない場合はどのようなケースなのかも合わせて確認してみましょう。銀行から借入しており、個人再生を検討している方は十分に理解しておきたいポイントです。

借入している銀行口座とは別の銀行口座の場合

カードローンなど借金をしている口座とは別の銀行で、給与の振り込み口座や生活費の引き落としに使っている銀行がある場合は、個人再生をしても口座が凍結されることはありません。

ただし、個人再生をすると事故情報が個人信用情報機関に登録されることになりますので、全ての金融機関は個人再生をした事実は把握していると思ってください。

銀行のグループ会社である消費者金融から借入をしている場合

銀行にはグループ会社で貸金業社を経営しているケースが多々あります。このような場合に、銀行自体からは借金がないものの、銀行のグループ会社の消費者金融からの借金を個人再生することがあるでしょうが、このような場合は、銀行口座が凍結されることはありません。

確かに、銀行のグループ会社であることは事実ですが、あくまで別会社扱いになりますので、勝手に銀行口座を凍結することは出来ないのです。

銀行口座の凍結から解除までの期間

「銀行口座が凍結されてしまった。凍結はいつ解除されるの?」と頭を抱えている人に向けて、銀行口座の凍結が解除されるまでの期間をお伝えしたいと思います。

銀行の借金には基本的に保証会社が付いているのですが、あなたが個人再生を行なった場合は、保証会社があなたに代わって返済を行うことになります。これを代位弁済と呼びます。

個人再生によって凍結された銀行口座は、この代位弁済によって借金が返済されたタイミングになります。期間としては、おおよそ1ヶ月〜3ヶ月程度凍結されることになります。

そのため、凍結期間中は給与が引き出させないだけでなく生活費の支払いも出来ませんので十分に注意が必要です。

銀行口座が凍結される前に準備しておく2つのこと

上記の通り、銀行口座が凍結されると日常生活に多大な影響を与えますので、銀行口座が凍結される前に準備しておくべき2つのことをお伝えします。

銀行口座が凍結される前に準備しておく2つのこと

  1. 凍結される銀行口座の残高を全て引き出しておく
  2. 給与の入金や生活費の支払いを個人再生の対象にならない口座に移管させる

上記の2つの準備を行なうことで、口座が凍結されても大きな影響を与えずに済むことでしょう。銀行口座が凍結されるタイミングは、弁護士と個人再生の契約を行い、受任通知を銀行が受け取った時になりますので、それまでに上記の対応を行うようにしましょう。

まとめ

銀行から借入している人が個人再生を行うと銀行口座は凍結されてしまいます。一度、口座が凍結されてしまうと入金は出来ますが、出金が出来なくなるので事前に入出金の移管と残高を全て引き出すようにしましょう。

また、口座凍結が解除されるまでの期間は、保証会社が代位弁済する1ヶ月〜3ヶ月程度必要になります。

個人再生は上記のように、細かな法的な決まりがありますし、手続きが複雑なので独自の判断で手続きを進めるのではなく弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士選びは重要なポイント

その際、個人再生に強い弁護士を選ぶ必要がありますが、ポイントである「実績」・「弁護士数」・「明瞭会計」・「相談無料」・「営業時間」を網羅的に比較した結果、弁護士法人東京ロータス法律事務所が最もおすすめの弁護士事務所であると言えます。

参照:個人再生の費用はいくら?弁護士費用が払えない時は分割ができる

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、全国に無料で出張を行い相談に応じてくれる点や平日も土日も夜間まで営業しているなど債務者を全力でサポートする体制が整っていると言えます。

そのため、現在借金問題で悩まれている人は”今すぐ”弁護士法人東京ロータス法律事務所に相談するべきと言えるでしょう。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。