個人再生の費用はいくら?弁護士費用が払えない時は分割ができる







個人再生とは、裁判所を介在させ借金を減額させる手続きとなります。減額できる金額は任意整理よりも大きく、比較的大きな金額の借金を抱えている方に向いていると言えるでしょう。

個人再生の詳しい解説は「個人再生とは?メリット・デメリット・費用・手続きの流れを徹底解説」をご参照ください。

大きく借金が減額できるならぜひお願いしたいと考える方も多いと思いますが、気になるのは費用の問題です。個人再生では、必ず発生する費用として裁判所への支払いと任意で発生する弁護士費用があります。加えて、住宅ローン特約を受ける場合は、その費用も加算されます。

では実際に個人再生はいくらの費用が発生するのか?今回は、項目別の費用についてお伝えします。

個人再生の費用1.裁判所の実費

個人再生で必ず発生する費用の1つに裁判所への支払いがあります。申し立てを行う際の手数料や郵便の切手代などの費用に加えて、自分自身が掲載される官報の公告費も負担しなくてはいけません。

個人再生における裁判所へ支払う費用項目は以下の通りです。

裁判所への実費

  • 申立て手数料(収入印紙):1万円
  • 官報公告費用の予納金:1.2万円
  • 予納郵券(連絡のための郵便切手代)4千円〜8千円

ちなみに、裁判所への支払いは管轄する地域によって費用が異なる場合がありますので、正式には裁判所に聞くようにしてください。

個人再生の費用2.個人再生委員への報酬

個人再生を行う場合、裁判所からの任命によって個人再生委員が選任されます。この個人再生委員は手続きのサポートや裁判所に変わって指導・監督する役割を担います。一般的には弁護士が選任されることになります。

そして、個人再生委員への報酬も債務者が支払うことになりますが、債務者が代理弁護士を手配しているか。していないか。によって費用が異なります。

個人再生委員の費用

  • 代理弁護士あり:15万円程度
  • 代理弁護士なし:25万円程度

代理弁護士(債務者が自ら依頼した弁護士)がいる場合は、個人再生委員の負担も軽減しますので、費用が安くなっています。

また、個人再生委員が選定されるか否かは裁判所によって異なるため、選任されないケースもあります。選任されない場合は当然ながら費用は発生しません。

個人再生の費用3.弁護士・司法書士への報酬

個人再生の手続きは非常に複雑であり、素人が簡単にできるものではありません。

そのため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することが一般的ですが、その際、弁護士と司法書士のどちらに依頼するかは重要な判断になります。

司法書士は書類作成の代理人までしか出来ないので、費用は安いのですが債務者の作業量が増加するのに対して、弁護士は全ての手続きを代理人として進めることが出来るので費用は高くなりますが、債務者の負担は軽い。という特徴があります。

また、司法書士は140万円以上の債務には対応ができませんので、個人再生は弁護士に依頼した方が良いと言えます。

弁護士・司法書士の費用

  • 弁護士:30万円〜50万円
  • 司法書士:20万円〜30万円

ただ、弁護士選びも費用だけで進めてはいけません。実績が伴わないと思うように手続きが進まないという問題が発生してしまうからです。

そのため、「債務整理は弁護士と司法書士のどちらが良い?双方の違いと選び方を解説」にて解説をしている弁護士選びの6つのポイントを網羅できる弁護士を探すようにしましょう。

個人再生の費用4.住宅ローン特約の利用

個人再生は債務整理の対象から住宅ローンを除外することが出来ます。これは住宅を手放さずに済むため個人再生のメリットの1つでもあります。

そして、個人再生から住宅ローンを除外する方法を「住宅ローンの特約」と呼びますが、手続きが非常に複雑であり弁護士や司法書士に依頼するのが一般的と言えます。

 住宅ローン特約の費用

  • 弁護士、司法書士:5万円〜10万円

費用は弁護士も司法書士もあまり変わりはなく5万円〜10万円となりますが、住宅ローン特約が利用できるかは要件を満たしている必要があるので専門家に相談するようにしましょう。

ただし、住宅ローンの特約を活用すると住宅ローンの元金自体が減額される訳ではありませんので、減額後の債務と合わせて住宅ローンの返済は続きます。双方合わせてしっかりと返済ができるのかを考える必要があるでしょう。

個人再生の費用の相場40万円〜60万円

個人再生の費用を「①裁判所」、「②個人再生委員」、「③弁護士」、「④住宅ローンの特約」とそれぞれ紹介しましたが、弁護士などの専門家に依頼せずに最も少ない金額で個人再生する場合でも30万円程度の費用が発生することになります。

専門家を介在させ、住宅ローンの特約も受ける場合だと80万円近くも費用が発生するケースがあります。もちろん、この金額は最も高いと想定される金額にて算出しておりますので、個人再生の費用相場としては50万円〜60万円程度を見ておくと良いでしょう。

とは言え、個人再生する。ということは手持ち資金も非常に枯渇している状態だと思います。そのため、個人再生の費用が払えない場合の対処法をお伝えします。

個人再生の弁護士費用が払えない場合は分割できる

まず、あなたが依頼する弁護士や司法書士の費用は基本的に分割での支払いが可能になります。

そして、個人再生の費用に加え、個人再生後に毎月返済する金額を算出した上で無理のない返済計画を立ててくれるでしょう。

さらに弁護士・司法書士の費用と個人再生後の金額が重なって返済する事態を避けるために、先に弁護士費用を支払い終えてから個人再生後の返済ができるように返済計画を調整してくれるのです。

そのため、「弁護士・司法書士の費用」と「個人再生後の返済」が合わさることは基本的にないと言えます。

350万円の借金を3年で返済する場合

仮に350万円の借金を3年で返済する場合は、毎月9万7000円の支払いになります。

そこに個人再生の弁護士費用である30万円を6ヶ月払いとして毎月5万円が加算されると、返済額は14.7万円/月になってしまいます。

これでは、再び返済が滞ることになるので、先に弁護士費用の5万円を返済してから元金を返済できるように弁護士が返済計画を立ててくれるという訳です。(分割代金は毎月の返済額に合わせるケースが一般的です)

法テラスに個人再生の弁護士費用を立替えてもらうのは相性が悪い

法テラスで債務整理の弁護士費用を立替えするのは正直おすすめが出来るとは言えません。と言うのも法テラスは収入が一定額以下の方しか弁護士費用の立替に応じてもらえないのです。

立替ができるかの基準は【収入基準】と【資産基準】によって決まりますが以下のような基準となります。

さて、この金額以下に該当する方であれば個人再生の弁護費用を法テラスに立替えをしてもらっても良いかもしれませんが、上記を超える場合は立替えを依頼することができません。

ここで問題になるのが、個人再生は一定の収入が無ければ手続きを進めることが出来ない。という点です。

法テラスは低収入の方しか利用できず、個人再生は一定の収入が見込めなければ利用できない。と双方矛盾の関係にあることから相性が悪いと言えます。

そのため、個人再生の弁護士費用は法テラスを活用するのではなく弁護士事務所に分割払いの申請を行った方が良いと言えるでしょう。

個人再生の弁護費用を比較

では、実際に個人再生を弁護士に依頼した場合にいくらの費用が発生するのか8の弁護士事務所で比較をしたいと思います。

事務所名個人再生着手金個人再生報酬金合計分割払い
弁護士法人アドバンス40万円〜0円40万円〜可能
弁護士法人ひばり法律事務所30万円〜20万円〜50万円〜可能
弁護士法人東京ロータス法律事務所30万円〜30万円〜60万円〜可能
イストワール法律事務所20万円〜20万円〜40万円〜可能
弁護士法人サンク総合法律事務所40万円〜10万円〜50万円〜可能

上記の弁護士事務所は実績も豊富なので、どこに依頼してもしっかりと相談に乗ってくれることでしょうが、その中でも、弁護士法人東京ロータス法律事務所は一見価格は高く見えますが、個人再生の実績が豊富な点と全国に無料出張対応を行なってくれることから非常におすすめと言えます。

 弁護士法人東京ロータス法律事務所のおすすめポイント

  1. 個人再生を含めて債務整理の実績にある
  2. 全国に無料で出張相談を行なってくれる
  3. 個人再生の相談は契約まで何度でも無料で対応してくれる
  4. 平日24時土日も営業している
  5. 匿名の相談も受付している

以上がおすすめ理由になりますが、個人再生の相談が何度でも無料なので最初に問い合わせを行えば比較基準を作ることができます。全国に無料で出張しあなたの借金問題について弁護士が相談に乗ってくれることから非常に頼もしい存在になるでしょう。

現在、借金の返済が出来ずに悩まれているならば早速、弁護士法人東京ロータス法律事務所に相談することをおすすめします。

まとめ

個人再生の費用は最安値で40万円程度の費用が発生し、専門家である弁護士や司法書士を介在させる場合は最大で80万円程度まで費用が膨らむ場合があります。

とは言え、弁護士がいなければ非常に複雑な手続きを誰にも相談できず1人で行うしかないので、ぜひ依頼したいところです。そのため、専門家の費用は分割払いにしてもらい無理のない返済計画を立ててもらいましょう。

また、個人再生の業務に精通した人でなければこのような手続きを迅速に行うことが出来ないので弁護士選びは非常に重要になります。そこでおすすめしたいのが弁護士法人東京ロータス法律事務所です。

弁護士法人東京ロータス法律事務所がおすすめな訳

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、契約するまで何度でも相談が無料の弁護士法人です。そのため、最初に、弁護士法人東京ロータス法律事務所に問い合わせを行い、その後、複数の弁護士に話を聞いてから再度相談しても無料なので基準を作るの適していると言えます。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。