任意整理を司法書士に依頼するメリット・デメリットとおすすめの事務所







任意整理は司法書士と弁護士の両方が対応することができます。これはご存知の方も多いでしょう。では、実際に司法書士と弁護士の違いはどのようなところにあるのか?しっかりと理解しておりますでしょうか?

そこで今回は、司法書士に任意整理を依頼した場合のメリット・デメリットについて解説を行います。

また、弁護士と司法書士どちらに任意整理を依頼すべきかの比較は「債務整理は弁護士と司法書士のどちらが良い?双方の違いと選び方を解説」にて行なっておりますのでご参照ください。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

司法書士に任意整理を依頼するデメリット

それでは、先に任意整理の依頼を司法書士に任せる際のデメリットからお伝えしたいと思います。

なぜ先にデメリットをお伝えするかは、司法書士は業務範囲が限定的なため、対象外の人は、そもそも司法書士を検討するだけ時間が無駄である。という点があるからです。

そのため、対象外となった方は、弁護士を探す事になりますので「2019年版|任意整理はどこがいい?と悩む方におすすめな弁護士」の記事を参照しおすすめの弁護士を探しましょう。

では、任意整理を司法書士に依頼するデメリットをお伝えしたいと思います。

司法書士は140万円以上の借金には対応できない

司法書士は、140万円以上の借金を抱える方の任意整理を対応することは出来ません。そのため、140万円を超える借金を抱えている方は弁護士を探すことになります。

また、140万円以下の場合でも、司法書士ではなく認定司法書士でなければ任意整理を行うことは出来ません。従って、任意整理を近所の司法書士事務所に相談しても対応できない。とたらい回しになることもあります。

ちなみに、140万円以下の借金であれば、司法書士も法律相談、交渉、訴訟を行うことが可能になります。

司法書士に任意整理を依頼するメリット

デメリットを理解したところで、任意整理を司法書士に依頼する際のメリットについてお伝えしたいと思います。このメリットを享受できるのは、借金総額が140万円以下の方が対象になります。

弁護士よりも費用が安いことが多い

司法書士に任意整理を依頼する唯一のメリットは、弁護士事務所と比較すると費用が安いケースが多い。ということになります。そのため、借金が140万円以下の場合は、お得に任意整理ができるとも言えます。

ちなみに、司法書士は弁護士よりも実績が劣るか?という点では、決してそのようなことはありません。

司法書士事務所でも、多数の任意整理を対応している事務所があることから借金が140万円以下の方であれば検討する価値は十分にあるでしょう。

任意整理はどこがいい?弁護士費用を10社から比較

ただし、任意整理の専門家選びは弁護士同様に誰でも良いという訳ではありません。そこで、任意整理に強いおすすめの司法書士事務所を見つけるためにまずは費用面を比較したいと思います。

司法書士事務所着手金報奨金減額報酬
杉山事務所0円5万円20%
アヴァンス法務事務所3.98万円1万円0%
はたの法務事務所0円2万円10%
新大阪法務司法書士事務所0円2万円10%
おおぞら司法書士事務所0円3万円0%
アース司法書士事務所 0円2.7万円0%

着手金は0円〜4万円/社、報奨金は1円〜5万円/社、減額報酬が0%〜20%までと司法書士事務所によっても費用はバラつきがあることが分かります。

それでは、同条件で費用を比較した場合は、いくらの費用が発生するのか計算をしたいと思います。比較条件は、貸金業社2社から100万円の借り入れを行い、任意整理にて30万円の減額が出来た。と仮定したいと思います。

司法書士事務所着手金報奨金減額報酬任意整理総額
アース司法書士事務所0円5.4万円0円5.4万円
おおぞら司法書士事務所0円6万円0円6万円
はたの法務事務所0円4万円3万円7万円
新大阪法務司法書士事務所0円4万円3万円7万円
アヴァンス法務事務所7.96万円2万円0円9.96万円
杉山事務所0円10万円0円10万円

費用面では、アース司法書士事務所おおぞら司法書士事務所が優位に見えますが、そこまで大きな価格差がない。というのも事実でしょう。加えて、任意整理の司法書士選びは単純に費用だけでは比較できない側面もあります。

そのため、任意整理の司法書士選びに必要な5項目から上記の6社を比較したいと思います。

任意整理におすすめな司法書士事務所

任意整理を任せても安心な弁護士を見つけるには、「実績」・「弁護士数」・「明瞭会計」・「相談無料」・「営業時間」を軸に比較することが必要になります。

それでは、上記6社で5つの比較軸に照らし合わせてみたいと思います。

司法書士事務所実績司法書士数明瞭会計相談無料営業時間
アース司法書士事務所×
サイトに記載なし
無料9時〜18時30分
土日営業
おおぞら司法書士事務所2名無料9時30分〜21時
土日営業
はたの法務事務所3名無料7時〜24時
土日営業
新大阪法務司法書士事務所×
サイトに記載なし
無料サイトに記載なし
受付は24時間対応
アヴァンス法務事務所9名無料9時30分〜21時
※19時まで土日営業
杉山事務所多数無料9時〜19時
※土日営業

2018年決定版|任意整理に強いおすすめな司法書士事務所【安定面】

アヴァンス法務事務所は認定司法書が9名も在籍しており、任意整理の相談も迅速に対応ができる体制が整っていると言えます。その点で安定性は抜群と言えるでしょう。営業時間も平日は21時、土日も営業しているので忙しい方にもおすすめと言えます。

料金がやや高めの傾向にありますので、もう少し費用を抑えたいという方は以下をご覧ください。

2018年決定版|任意整理に強いおすすめな司法書士事務所【費用面】

おおぞら司法書士事務所は、費用面での優位性が際立っていると言えます。着手金も減額報酬も発生しないので、借入先が少ないほど費用を抑えられる傾向にあります。

また、料金面ではアース司法書士事務所の方が低価格ではありますが、おおぞら司法書士事務所は、営業時間が平日は21時30分、土日も営業している点がアース司法書士事務所よりもおすすめなポイントと言えます。

そのため、時間に余裕がある方は、アース司法書士事務所も選択肢に入れても良いでしょう。

2018年決定版|任意整理に強いおすすめな司法書士事務所【評判面】

最後にご紹介したいのは、実績豊富な司法書士事務所である新大阪法務司法書士事務所です。月間100件以上の債務整理の相談を受ける新大阪法務司法書士事務所は、口コミや評判も非常に良いと言えます。

営業時間がサイトには記載ありませんが、24時間受付を行なっていることや全国対応もしておりますので、借金に悩まれている方で、少しでも多く借金を減額したいと考えている方は新大阪法務司法書士事務所に相談をしてみましょう。

まとめ

任意整理を司法書士に依頼するメリットとデメリットに加え、おすすめの司法書士事務所をご紹介させて頂きました。司法書士選びは1社だけの話を聞き依頼するのではなく、複数の司法書士を比較し決めた方が良いでしょう。

そのため、上記で紹介している司法書士へは一通り問い合わせをすることをおすすめします。また、借金額140万円以下の場合でも弁護士に相談をした方が、任意整理が上手くいくケースもあります。

そのため、最後におすすめの司法書士と弁護士の問い合わせリスト作成しましたので連絡を行なってみましょう。

事務所名保有資格着手金報奨金減額報酬
アヴァンス法務事務所司法書士3.98万円1万円0%
おおぞら司法書士事務所司法書士0円3万円0%
アース司法書士事務所司法書士0円2.7万円0%
はたの法務事務所司法書士0円2万円10%
新大阪法務司法書士事務所司法書士0円2万円10%
杉山事務所司法書士0円5万円20%
弁護士法人アドバンス弁護士2万円2万円10%
おしなり法律事務所弁護士0円5.4万円0%
イストワール法律事務所弁護士3万円1.6万円9.50%
北法律事務所弁護士2万円2万円0%
弁護士法人東京ロータス法律事務所弁護士2万円2万円10%
板垣法律事務所弁護士2万円2万円10%
東京みなと総合法律事務所弁護士2万円2万円10%
しろき法律事務所弁護士2.1万円2.1万円10.50%
リブラ総合法律事務所弁護士3.98万円1.98万円10%
弁護士法人サンク総合法律事務所弁護士4.98万円1.98万円10%








全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。