債務整理は弁護士と司法書士のどちらが良い?双方の違いと選び方を解説







なかなか減らない借金問題の解決策として国が用意した制度の1つに債務整理がありますが、手続きは複雑であることから専門家に依頼することが一般的です。

さて、この専門家とは誰なのか?それは、弁護士もしくは司法書士となります。

では、債務整理における弁護士と司法書士の違いはご存知でしょうか?知らないと二度手間や思うように債務整理が進まないなどの問題もあることから、今回は弁護士と司法書士の違いと債務整理を任せられる専門家の選び方をお伝えします。

弁護士と司法書士の違いとは?

早速、債務整理における弁護士と司法書士の違いについて確認したいと思います。

弁護士は依頼人を守るために「代理人」として相手方と法律を武器に交渉することが許された職務の人です。一方で、司法書士は登記など法的な手続きを行える専門家である。という点が異なります。

そのため、債務整理においても弁護士は債務者に変わって貸金業社との交渉などを行なってくれるのに対して司法書士は書類を代理作成するまでしか権限がないのです。

ただし、任意整理においては司法書士も代理人になることが可能になりますが、借金が140万円以内である。という条件付きです。一方の弁護士は債権額がいくらあろうが対応することができるという点が異なります。

弁護士と司法書士の違い弁護士司法書士
自己破産代理人書類作成代理人
個人再生代理人書類作成代理人
任意整理代理人
(金額の上限はない)
代理人
(債権額140万円以内)

債務整理を弁護士に依頼するメリット

上記の通り、司法書士の方は担当できる業務に制限があることから一気通貫でお願いするならば弁護士に債務整理を依頼した方が良いと言えるでしょう。

では、実際に弁護士に債務整理を依頼するとどのようなメリットがあるのか確認したいと思います。

メリット1.申し立てから裁判まで対応が可能

弁護士は自己破産、個人再生、任意整理において全て債務者の代理人となる権限を有しています。そのため、債務者に変わって貸金業社との交渉から裁判所への申し立て、書類作成など様々な業務を担当することが可能になります。

従って、弁護士に相談するだけで、債務整理の全てを任せることができる。というのが最大のメリットと言えます。司法書士の場合は業務が細切れになってしまうので、債務者自らが担当する業務も増えてしまうでしょう。

メリット2.債務額に限度なく対応が可能

弁護士は、借金がいくらあろうが債務整理の対応が可能になりますが、司法書士の場合は任意整理でも140万円以上の借金を抱えてしまうと対応が出来ないので、せっかく司法書士事務所を訪れても引き返すしかありません。

事前にご自身の借金額を把握した上で相談する専門家を決めるようにしましょう。

メリット3.司法書士よりも早期に債務整理が完了しやすい

司法書士は「自己破産」や「個人再生」では書類作成の代理人しかできません。加えて、任意整理も140万円を超えた場合は対応が出来ないので、一気通貫で支援が難しいと言えます。

そして、司法書士の対応範囲外については、債務者が自ら裁判所に出向き手続きを行う必要があることから債務整理が完了するまでの期間が長期化しやすいと言えます。

一方、弁護士の場合は一気通貫での支援はもちろんのこと、裁判所に訴訟を提訴した場合に貸金業社も弁護士を用意する必要が出てしまうのです。従って、貸金業社も弁護士費用を支払うのが無駄になるので早く和解して費用を削減したい。という心理が働きます。

結果として、債務整理は弁護士に依頼した方が早期解決となると言えます。

債務整理におすすめな弁護士の選び方

とは言え、弁護士ならば誰でも債務整理を担当できると考えてしまうのは非常に危険です。弁護士にも得意とする専門分野が分かれております。

例えば、企業の顧問弁護士などで活躍される方に債務整理の相談をしたところで、「専門外だ。」と断られる場合もあるでしょう。仮に契約したとしても普段から債務整理において貸金業社と交渉していない弁護士が上手く交渉が進められるのか?という問題があります。

そのため、債務整理を依頼する場合は、債務整理を得意とする弁護士を探す必要があると言えます。そこで、債務整理に強い弁護士の選び方をお伝えします。

なぜ弁護士法人東京ロータス法律事務所がおすすめなの?

債務整理に強い弁護士の選び方の6つのポイントを網羅する弁護士法人東京ロータス法律事務所は非常におすすめの弁護士事務所となっております。

まず、契約するまでの相談は何度でも無料なので最初に相談を行い判断基準を設けた上で、他の弁護士法人とも話をします。その上で、再度相談しても無料なのでコスパが良いと言えます。(通常は初回の相談は無料ですが、2回目から30分5000円が相場になります。)

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、全国に無料で出張を行い相談に応じてくれる点や平日も土日も夜間まで営業しているなど債務者を全力でサポートする体制が整っていると言えます。

そのため、現在借金問題で悩まれている人は”今すぐ”弁護士法人東京ロータス法律事務所に相談するべきと言えるでしょう。

弁護士の選び方1.債務整理の実績

まず最初にお伝えしたいのが債務整理の実績です。公式サイトなどをチェックし債務整理に関するページがしっかりと作り込まれているかチェックしてみましょう。

そもそも債務整理のページが無い法律事務所やあまり丁寧に作られていない法律事務所は債務整理に力を入れていない可能性があります。ページが作り込まれているというのはデザインだけでなく、以下の情報が盛り込まれていることが理想です。

債務整理のページで記載があるかチェックしたい項目

  • 対応業務の内容(破産、民事再生、任意整理、過払金回収、ヤミ金問題など)
  • 相談から解決までの一連の流れ
  • 実績や解決事例(事例は実際の具体例が欲しい)
  • 報酬

弁護士の選び方2.弁護士の在籍数

弁護士事務所は弁護士1人のみで運営されているケースが多数あります。これ自体が問題である訳ではありませんが、複数の弁護士を抱える弁護士法人であれば、業務を分担しスピーディーに債務整理の解決に向けて動いてくれると言えます。

加えて、複数人の弁護士がいることで取り扱う件数自体が必然的に増加するので様々な実績が蓄積され交渉なども過去の事例に基づいて動けるので成功確率も高まると言えるでしょう。

弁護士の選び方3.契約までに見積もりを提示してくれる

債務整理の問題の1つに弁護士報酬が高額請求された。ということが多々発生しているのです。これは事前に見積もりを提示されずに依頼をしてしまう方によくあるトラブルになりますので、必ず契約前に見積もりを提示するように求めましょう。

弁護士法人東京ロータス法律事務所の任意整理の価格は、着手金1社2万円、報奨金1社2万円+債務削減額の10%を報酬規定としておりますが、このように明瞭会計であることは弁護士に依頼する際の必須事項だと考えましょう。

ちなみにこの価格は非常に低価格であり、さらには分割での支払いもできることから弁護士法人東京ロータス法律事務所は非常におすすめと言えます。

弁護士の選び方4.無料で相談できる

初回の相談は必ず無料である法律事務所を選ぶようにしましょう。この理由は法律事務所1箇所だけで契約を決められない場合があるからです。

複数の弁護士を比較したいと考えた時に都度相談料を支払っていてはお金がいくらあっても足りません。そのため、初回相談無料の弁護士事務所を探すことをおすすめします。

弁護士の選び方5.営業時間

弁護士に対面や電話で相談する時に土日がお休みの弁護士事務所だとそもそもアポイントや連絡が取れないという問題も発生します。そのため、土日営業をしている弁護士事務所を探すようにしましょう。

また、平日も17時や18時に事務所が閉まっていては仕事帰りに立ち寄ることも電話することも出来ないでしょう。そのため21時程度までは営業している法律事務所を選ぶことをおすすめします。

ロータスの営業時間

  • 平日:7時〜24時
    *土日も営業可能

弁護士の選び方6.相談のしやすさ

最後に、お金だけでなく自分自身の人生をその弁護士に相談することになるので、電話や対面で相談のしやすさは非常に重要と言えるでしょう。また、初回の問い合わせはできる限り匿名で相談したいというのが本音かと思います。

その際も、弁護士法人東京ロータス法律事務所は匿名相談ができる点も安心と言えます。

まとめ

債務整理の依頼を弁護士と司法書士どちらかにお願いする場合は、一気通貫の支援が可能な弁護士に依頼した方が良いと言えるでしょう。ただし、弁護士と言っても債務整理に実績が豊富な方に依頼する必要がありますので以下の6つのポイントを抑えているか確認しましょう。

債務整理に強い弁護士の選び方

  1. 債務整理の実績
  2. 弁護士の在籍数
  3. 契約前に見積もりを提示してくれる
  4. 無料相談
  5. 営業時間
  6. 相談のしやすさ

そして、上記を満たしている弁護法人として非常におすすめなのが弁護士法人東京ロータス法律事務所となりますので、借金問題に悩まれる方は一度チャットで気軽に相談してみることをおすすめします。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。