サラリーマンの生涯賃金と学歴の関係|中卒・高卒・大卒の給与を比較







東洋経済が会社四季報をベースに上場企業のTOP500社の生涯賃金を先日公開をしておりましたが、最高で8億円を超える生涯賃金を得ることができる会社もあるようです。

一方、対象企業の平均では2億1803万円とのことで、上場企業に限定しても最高と平均では4倍近くの開きがあることが分かります。

さて、この生涯賃金ですが、勤めている企業によって大きな差が生まれることが分かりますが、学歴ではどのような違いがあるのか?今回はサラリーマンの生涯賃金と学歴の関係について「ユースフル労働統計2016」を参照し中卒・高卒・大卒の給与を比較したいと思います。

学歴別生涯賃金の一覧

早速、学歴別の生涯賃金を比較したいと思います。

学歴性別生涯賃金(百万)大学卒業との差
中学卒業男性1億8810万円-7820万円
女性1億3150万円-8660万円
高校卒業男性2億670万円-5960万円
女性1億4660万円-7150万円
高専・短大卒業男性2億1260万円-5370万円
女性1億7420万円-4390万円
大学・大学院卒業男性2億6630万円
女性2億1810万円

中学卒業の男性と大学卒業の男性を比較すると生涯賃金で7800万円もの差があることが分かります。また、高校卒業と比較しても5900万円もの差があります。学歴が異なるだけで住宅1軒分にも相当するほど生涯賃金に差が生まれることが分かります。

また、上記の金額は60歳で定年退職した場合の生涯賃金となっており、60歳以降の給与と退職金が含まれておりません。そこで生涯賃金に61歳からの給与と退職金を含めた金額も確認してみましょう。

学歴別生涯賃金(引退までの給与と退職金含む)の一覧

では、学歴別に引退までの給与と退職金を含めた生涯賃金を確認してみましょう。

学歴性別60歳までの生涯賃金(百万円)61歳以降の給与退職金
中学卒業男性1億8810万円2220万円1250万円
高校卒業男性2億670万円2400万円1420万円
高専・短大卒業男性2億1260万円2720万円1540万円
大学・大学院卒業男性2億6630万円3520万円1880万円

退職金や61歳以降の給与を含めると生涯賃金は以下のようになります。

  • 中学卒業:2億2280万円
  • 高校卒業:2億4490万円
  • 高専・専門卒業:2億5520万円
  • 大学・大学院卒業:3億203万円

上記のとおり、大学・大学院卒業卒者は生涯賃金3億円台になる一方で中学卒業者とは1億円近くも生涯賃金に差が生まれることになります。

同一企業で勤め続けた場合の生涯賃金

転職することが当たり前の時代にはなりましたが、生涯を1社に捧げる方もまだまだ多いのが実態でしょう。転職をすると一時期的にも年収が下がるケースがありますが、実際に同一企業で勤め続けた場合の生涯賃金を確認してみましょう。

学歴性別生涯賃金(百万円)転職なし
高校卒業男性2億5230万円
女性1億8540万円
高専・短大卒業男性2億4700万円
女性2億480万円
大学・大学院卒業男性2億8470万円
女性2億4350万円

高卒者で同一企業に働き続けた場合の生涯賃金は2億5230万円となり大卒者が2億8470万円になりますので差額が3240万円となります。先ほどの転職者を含めた場合の生涯賃金の差が6000万円でしたので、同一企業で働き続けた方が高卒者の場合は給与が高いと言えるでしょう。

では、「転職をした場合」と「転職しなかった場合」で学歴別に生涯賃金の差を比較してみましょう。

転職ありと転職なしの生涯賃金を比較

「転職をした場合」と「転職をしない場合」でどの程度生涯賃金が上がるのか比較します。

学歴性別生涯賃金(百万円)転職なし生涯賃金(百万円)転職あり差額
高校卒業男性2億5230万円2億670万円4560万円
女性1億8540万円1億4660万円3880万円
高専・短大卒業男性2億4700万円2億1260万円3440万円
女性2億480万円1億7420万円3060万円
大学・大学院卒業男性2億8470万円2億6630万円1840万円
女性2億4350万円2億1810万円2540万円

高校卒業者の場合は、男性で4560万円、女性で3880万円も生涯賃金に差があります。学歴が上がるほど差額は小さくなりますので、転職をしない方が生涯賃金が高くなる傾向があるようです。

とは言え、キャリアアップの転職もありますので、ケースバイケースと言えるでしょう。

学歴が高く同一企業で長く勤めるほど生涯賃金は高くなる

まとめになりますが、生涯賃金を高くするためには、学歴が高く同一企業で長く勤めるほど生涯賃金は高くなることが分かりました。高卒と大卒を比較するだけでも4000万円近くの差があります。

また、「平均年収を10代・20代・30代・40代・50代・60代別に調査」にて10代・20代・30代・40代・50代・60代の平均年収をご紹介しておりますので、ご自身の年収が現在どの程度に位置しているのかも合わせて確認してみましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。