個人年金保険とは?契約前に知っておきたいメリットとデメリット







現在、公的年金の不足分を補うおすすめの貯蓄方法は「iDeCo」と言えますが、それでも個人年金保険もまだまだ人気の商品と言えます。

契約している方も多い個人年金は、どのようなメリット・デメリットがあるのか。また、個人年金保険にはどのような種類があるのか解説を行いたいと思います。

個人年金保険とは

個人年金保険とは、60歳や65歳など一定の年齢になると年金として受給ができる貯蓄型の保険の1つになります。公的年金だけでは老後の生活が赤字になってしまう昨今の状況に年金型として所得を増やす役割を担っていることが特徴と言えるでしょう。

さて、この個人年金保険の仕組みを理解するにあたって、まずは「年金の受け取り期間」と「年金の運用方法」の2つを理解するようにしましょう。

個人年金保険の種類は受け取り期間と年金の運用方法で分類される

個人年金の種類は「受け取り期間」と「年金の運用方法」によって分類することができます。まずは、年金の受け取り期間について、大きく3つの種類をご紹介したいと思います。

年金受給期間による分類内容
確定年金5年、10年、15年など定められた期限の間、年金として受給ができる。年金受給期間中に亡くなった場合は、残存期間に応じて「死亡保険金」が支払いされる
終身年金亡くなるまで一生涯を通じて年金が支給がされる。受給開始年齢すぐに亡くなった場合は「保証期間付終身年金」として遺族に保証期間の残存期間に対応する年金または一時金が支給される
夫婦年金「夫婦連生終身年金」と呼ばれることもあるが、夫婦のどちらかが生きている間は年金を受け取ることができる個人年金保険。こちらも保証期間がついた商品もある

次に年金の運用方法ですが、こちらは契約時に受け取れる年金額が確定する「定額年金」と運用成果次第で受け取れる年金額が変わる「変額年金」の2つの種類に分類することができます。

運用方法の種類内容
定額年金定額年金は運用成果に関係なく将来受け取れる年金額が契約時に確定します。変額年金と比べると予定利率が低いことがあります。
変額年金変額年金は運用次第で受け取れる年金額が増加する場合もあれば減額する場合もあります。リスクも高まりますが、その分定額年金よりも受給額が増える場合があります。

個人年金保険の平均受給額

それでは、個人年金保険は、いくらの年金が受け取れるのか平成27年度生命保険に関する全国実態調査「個人年金保険の基本年金年額(全生保)」を参照すると年間108万円以上を受け取っている方が25%と最も多い割合となっております。

月額にすると9万円程度の収入となりますので公的年金の平均支給額を合わせれば20万円後半から30万円程度の年金を受け取れる方も出てくるでしょう。公的年金の平均支給額については「2017年最新|年金支給額の平均は国民年金5.5万円・厚生年金14.7万円」をご参照ください。

個人年金保険の基本年金年額

個人年金保険のメリット

個人年金保険が老後の貴重な収入源となることが分かりましたが、その他にもメリットがありますのでお伝えしたいと思います。

1.預貯金よりも貯蓄性が高い

まず1つ目のメリットですが、老後資金としてコツコツ銀行に預けるよりも個人年金保険に投資をした方が貯蓄性が高い点が挙げられます。

通常の銀行貯金の場合は、金利0.01%程度しかありませんので実質0円と思ってもよいでしょう。しかしながら、個人年金保険の場合は、保険返戻率が103%から106%と高いため銀行に預けるよりもお得と言えます。

また預貯金の場合は何かと引き落としをしてしまい、なかなか貯金が出来ない。というケースもありますのである程度拘束力のある個人年金保険の方がお金が貯まりやすいと言えます。

2.個人年金保険は所得控除扱いにになるので節税できる

2つ目のメリットとしては、保険料の支払いが控除対象となりますので住民税と所得税の節税効果があるのです。

その際、「個人年金保険料税制適格特約」を付加することで生命保険料控除とは別枠で所得控除を受けることが出来ますので、より節税効果が高まる点も魅力の1つでしょう。

個人年金保険料控除の詳しい解説は「個人年金保険料控除とは?節税効果・要件・手続きをまとめて公開」をご参照ください。

個人年金保険のデメリット

個人年金保険はメリットのみではありません。契約時はデメリットも十分に把握した上でよく比較してから契約を行いましょう。ここでは3つのデメリットをご紹介します。

1.保険会社の破綻リスク

1つ目のデメリットは保険商品全般に言えるリスクですが、加入している保険会社が破綻した場合に受け取れる年金額が元本割れをしてしまうリスクを指しています。

通常の保険商品は「生命保険契約者保護機構」により一定額の保証がされますので保険料の全額が戻らない。ということは避けることが出来ますが、それでも全額戻ってくる可能性は低いので注意が必要でしょう。

2.インフレリスクに弱い

2つの目のデメリットはインフレリスクです。

運用利率が確定型の場合は、契約時に将来受け取れる年金額が確定します。そのため、契約時と年金受け取り時の貨幣価値が下落した場合は実質受け取れる年金額が減少するというリスクがあります。

3.途中解約は元本割れのリスクがある

3つ目のデメリットは途中解約です。個人年金保険も途中で解約することが出来ますが、解約した時の加入期間によっては元本割れを起こしてしまうリスクがあります。

特に加入してから2年から3年程度での解約は著しく返戻金が減少してしまいますので十分に注意が必要です。また、途中解約の場合でも返還率が100%を超えた場合は税金が発生します。

個人年金は雑所得扱いのため税金が発生する

税金の話が出ましたので、個人年金を受け取る際にどのような税金が課税されるのかお伝えしたいと思います。個人年金は公的年金同様に「雑所得」扱いになり所得税と住民税が徴収されます。

雑所得の計算式

雑所得の金額=(Ⅰ)総収入金額-(Ⅱ)必要経費

上記の計算式によって雑所得が算出され住民税と所得税が徴収されると覚えておきましょう。

おすすめの個人年金保険をランキング

ここまで個人年金保険のメリット・デメリットの紹介や税金面についてお伝えしてきましたが、実際どのような個人年金保険がおすすめなのか気になるところです。

そこで、複数の商品を比較した上でおすすめの個人年金保険TOP3をご紹介したいと思います。

1位.住友生命「たのしみワンダフル」

返戻率が108.1%程度(20歳での加入時)と高いことに加え、年金の受け取り期間を長引かせることでさらに受給額を増やせることができます。また、年間の受け取り回数を1回から12回まで選べることから自身の都合に合わせて調整できることも魅力です。

基本情報
契約可能年齢0歳~75歳
払込回数月払・半年払・年払
払込方法口座振替・カード払
保障内容5年・10年・15年確定年金 払込期間中に死亡した場合、死亡給付金(払込保険料相当額)
おもな特約保険料払込免除、指定代理請求特約など

2位.明治安田生命「年金かけはし」

明治安田生命も106.3%程度(20歳での加入時)と高い返戻率を誇る保険商品ですが、年齢が若い内に加入することができれば返戻率が120%程度まで増やることが出来る点も魅力です。

住友生命の「たのしみワンダフル」同様に受け取り開始年齢を遅くすることで受給額を増やすことが可能になります。また、告知や検査なく加入できる簡易性もメリットと言えるでしょう。

基本情報
契約可能年齢0歳~70歳
払込回数月払・年払
払込方法口座振替
保障内容5年・10年確定年金 +運用実績により増額年金あり 払込期間中に死亡した場合、死亡給付金(払込保険料相当額)
おもな特約

3位.ソニー生命「個人年金保険」

ソニー生命の個人年金保険は確定年金と終身年金のいずれかを選べ、振込期間、受け取り開始年齢も調整ができる柔軟性が魅力です。また、障害状態になった場合は保険料の払い込みが不要になる点もメリットと言えるでしょう。

基本情報
契約可能年齢20歳~55歳
払込回数月払・半年払・年払
払込方法口座振替・カード払
保障内容
  • 5年・10年・15年確定年金
  • 5年保障期間つき終身年金
  • 10年保障期間つき終身年金 +運用実績により増額年金あり

※払込期間中に死亡した場合、死亡給付金(払込保険料相当額)

おもな特約

個人年金保険のまとめ

個人年金保険の種類やメリット・デメリットについて解説を行いました。

老後の収入を増やすという点では、月額9万円程度の受給が期待できることや所得控除扱いになることから節税対策にもなる個人年金保険は非常にメリットの高い保険商品と言えるでしょう。

注意点としては、インフレリスクや途中解約での元本割れリスクが挙げられますので、契約は慎重に検討するようにしましょう。また、現在は「iDeCo」での所得が全額非課税となり節税対策では個人年金以上と言えますので、こちらも合わせて検討したいところです。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。