任意整理後はクレジットカードが使えない?いつから作れるようになる?







任意整理をした場合に、これまで使っていたクレジットカードは使えなくなるのか?もし、クレジットカードが使えなくなったらいつから新しいクレジットカードが作れるようになるのか?など疑問に感じることも多いでしょう。

そこで今回は、任意整理後にクレジットカードが使えないのか?いつから作れるようになるのか?を解説したいと思います。

任意整理の基礎知識については「任意整理とは?メリット・デメリット・料金・手続きの流れを徹底解説」にて解説をしておりますのでご参照ください。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

任意整理後は所有しているクレジットカードが使えなくなる

任意整理をすると、現在所有しているクレジットカードは使えなくなります。クレジットカードは、実質借金をしていることと同じなため任意整理をすると使えなくなる。という訳です。

また、注意したいのは、任意整理をしたクレジットカード会社で二度と契約することは出来なくなります。

任意整理をした場合は、個人信用情報機関とクレジットカード会社双方に事故情報が登録されることになるのですが、個人信用情報機関は時間の経過と共に登録情報が削除されます。

一方で、クレジットカード会社のデータベースに残りる続けることになりますので契約は出来なくなるという訳です。

借入をしていないクレジットカードはいつまで使える?

クレジットカードは契約だけして使っていないカードも何枚かあるのではないでしょうか?当然ながら使っていないクレジットカードになりますので、任意整理の対象にはなりません。

従って、任意整理していない訳なので継続的に利用できるのではないか?と考える人もいるでしょう。

このような場合、確かに一時的に利用することは可能です。しかしながら、それも時間の問題で使っていないクレジットカードも使えなくなります。

任意整理をすると先ほどお伝えしたように個人信用情報機関に事故情報が登録されます。通称、ブラックリストですが、使用していないクレジットカード会社も定期的にこの信用情報を見て個人の信用度を確かめています。

そのため、使用していないクレジットカード会社もあなたの事故情報を確認した段階で使用出来なくなる。という訳です。

任意整理後にいつからクレジットカードが作れるのか?

結論、任意整理をするとクレジットカードは利用できなくなることはお分かり頂けと思います。

それでは、いつからクレジットカードが作れるようになるのか?という点ですが、個人信用情報機関から事故情報の登録が削除されれば可能になります。

個人信用情報機関は、CIC、JICC、KSCの3つの組織がありますが、任意整理をすると事故情報が5年間(完済から)登録されることになりますので、情報が削除されてからしか契約することはできません。

任意整理をしたクレジットカード会社への申し込みはしてはいけない

また、先ほどお伝えしたように、同じクレジットカード会社では、二度とクレジットカードの契約をすることは出来ませんので注意しましょう。

その際、もしかしたら審査が通るかもしれない」という淡い期待から審査を出すことは、絶対に避けるべきであると言えます。

その理由に、審査落ちした情報も個人信用情報機関に登録されることになりますので、他のクレジットカード会社がその情報を見ると良い印象を与えない可能性が高いと言えます。

クレジットカードが使えない場合の対策

上記の通り、5年間もクレジットカードが使えないと日常生活も非常に不便を強いられることになるでしょう。そこで、クレジットカードが使えない場合の対策をお伝えしたいと思います。

デビットカードを契約する

デビットカードは、クレジットカードのようにカードで決済が出来るのですが、口座から直接引き落としがされますので、過去に任意整理をしている人でも利用することは可能になります。

契約のは審査もありませんので、事故情報があったとしても問題がない。というのが特徴です。

ただし、一部店舗では利用が出来ない場合や分割払いが出来ないなどのデメリットもありますので、クレジットカードよりは利便性が劣ると言えます。

カード更新期間までなら家族カードが使える可能性あり

クレジットカードは、主たる契約者の家族が利用できる「家族カード」があります。これは、任意整理をする前に行なっておくべき対策ですが、任意整理後も家族カードであれば引き続き利用ができる可能性が高いのです。

この理由には、家族カードの契約者は、任意整理をする本人ではないことから直接的な影響がないためです。

ただし、クレジットカードの更新時期には契約者の与信判断を行います。その際、家族カード利用者に任意整理の過去があることがバレてしまうと家族カードが利用出来なくなる場合もあります。

任意整理後に家族カードを申し込みすることは可能か?

任意整理後に家族カードの申し込みができるのか?という点については、審査に通る場合もあれば通らない場合もある。という事しか言えないのが現状です。

これは、家族カードを申し込む際に、家族の与信判断を行うクレジットカード会社と行わないクレジットカード会社があるのです。

与信判断を行わないカード会社であれば家族カードの審査が通る場合があります。

事故情報削除後に行うべきこと

任意整理から5年が経過し、ようやくクレジットカードの契約ができる状態になった方でも注意事項があります。

まず、本当に事故情報が削除されているのか?先ほど紹介した個人信用情報機関に開示請求を行い情報がしっかりと削除されているか確認しましょう。

事故情報が削除されるとあなたの信用情報はまったく何もない白紙の状態になっています。そのため、あなたが信用できる人物なのか判断することは出来ない。という状態です。

信用がない人に高額のお金は誰も貸してはくれないことは、よくお分かりだと思いますので、携帯電話の分割支払いなど少額決済からクレジットヒストリーを作っていきましょう。

事故情報削除後は審査の甘いクレジットカード会社に申し込む

そうして、ある程度の信用情報が担保出来てからクレジットカードの申し込みを行うことをおすすめします。その際、審査の甘いクレジットカードから申し込みを行い審査に通過することを優先するのが得策です。

一般的に、審査が通過しやすいと言われるクレジットカード会社は「楽天カード」です。契約者数も非常に多く、主婦でも審査が通るなどの噂があるほどです。

そのため、任意整理後は「楽天カード」から審査を行うようにしましょう。

まとめ

任意整理後はクレジットカードは使えなくなります。そして、改めてクレジットカードが契約できるまでの期間は5年間必要になります。

とは言え、債務整理の中では、最もデメリットが少ない債務整理なので、クレジットカードが使えなくなるリスクも多少は我慢できる。という方も多いでしょう。

そのため、借金で悩まれている方は、任意整理から検討することをおすすめします。その際、任意整理は、弁護士と債権者の交渉によって減額される金額が決まりますので、腕利きの弁護士に依頼することが必要です。

実際に任意整理でいくら借金が減額できるか疑問に感じている方は「任意整理の体験談|250万円の借金が100万円減額できたケース」をご参照頂ければと思います。

また、体験談でお伝えしている弁護士事務所は、弁護士法人アドバンスになり匿名チャットで気軽に相談することが可能です。

弁護士法人アドバンスの詳しい解説は「弁護士法人アドバンスの債務整理はどう?特徴・料金・評判を解説」をご参照ください。









ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。