銀行のカードローンは過払い金請求できる?返済ができないと債務整理







過払い金請求はまとまったお金を取り戻すことができるため、過去に借金があった方から現在借金を抱えている方まで幅広く利用ができる手続きになります。

それでは、貸金業者よりも借入している人が多いであろう銀行のカードローンで借入している人は過払い金請求をすることができるのか?気になるポイントです。

そこで今回は、銀行のカードローンで借入している人が過払い金請求できるのか解説したいと思います。

過払い金請求ができるのはグレーゾーン金利のみ

本来、貸金業者やクレジットカードのキャッシングは利息制限法内での貸付が必要になります。ただし、2006年までは利息制限法を超える出資法に基づき最大利息29.2%で貸付をしていました。

当時は、この利息制限法を超える金利で貸付をしても特段罰則がなかったのです。これによって多くの貸金業者が出資法ギリギリまで貸付をしておりました。

このような状態を、黒でも白でもない金利として「グレーゾーン金利」と呼ばれる由縁です。

そして、2006年1月にグレーゾーン金利は無効であることを最高裁判所の判決によって決まったことから、利息制限法を超える払い過ぎた利息を取り戻すことができるようになったのです。

従って、過払い金請求ができるのは、利息制限法を超える部分ということになります。

銀行のカードローンは過払い金請求はできない

それでは、本題になりますが、銀行のカードローンは過払い金請求できるのか?という点ですが、答えは、過払い金請求できない。ということです。

そもそも銀行は、利息制限法を超える金利で貸付を行なっていませんので過払い金請求はできないのです。カードローンだけでなく、融資や住宅ローンなども当然ながら過払い金請求はできません。

銀行のカードローンは総量規制の適用外

総量規制とは、年収の1/3以上は貸付してはいけない。というルールになります。そのため、貸金業者やクレジットカードのキャッシングは総量規制によって借りられる上限が定められているのです。

しかしながら、銀行のカードローンは総量規制の対象外なのです。

最近は、銀行の経営も非常に苦労していることから収益を改善するために、総量規制を超えるカードローンの販売も積極的に強化している背景があります。債務者も銀行であれば安心だ。と思い、つい借り過ぎてしまうこともあるでしょう。

これによって、銀行からの借り入れも過払い金請求ができないかと考える方が増加しているようです。それでも、貸付金利は利息制限法を超えることはありませんので、過払い金請求は出来ないのです。

銀行のカードローンが返済できない場合は債務整理しかない

上記のように、銀行のカードローンによって借金が膨らみ返済することが難しい状況になった場合は債務整理をすることになります。

債務整理は、任意整理、個人再生、自己破産などの種類がありますが、それぞれのデメリットと借金総額、収入から適した債務整理を選択することになります。

債務整理の種類については「債務整理とは?メリット・デメリットを借金の減額方法別に解説」にて詳しく解説しておりますのでご参照頂ければと思いますが、その際、過払い金請求も債務整理も弁護士に相談することをおすすめします。

過払い金請求も債務整理も弁護士に相談すべき

過払い金請求も債務整理も複雑な手続きを経て、借金を減額または免除させることになりますが、個人で手続きを行うのは時間と手間ばかりかかりおすすめとは言えません。

そのため、専門家である弁護士に依頼することが望ましいと言えます。

その際、弁護士であれば誰でも良い。という訳ではなく、過払い金請求や債務整理の実績が豊富な弁護士を探す必要があります。中には「過払い金詐欺の被害・手口・特徴から回避するための方法を徹底解説」にて解説したように、詐欺を行う弁護士もおりますので十分に注意してください。

過払い金請求や債務整理に強い弁護士の選び方

過払い金請求と債務整理に強い弁護士の選び方をそれぞれお伝えしたいと思います。

過払い金請求は一度依頼すれば、自宅で待機しているだけでお金が返還されますので、ポイントは3つとなります。

過払い金請求における弁護士の選び方

  • 過払い金請求の対応件数が事務所全体で豊富にある
  • 過払い金請求の実績が豊富な弁護士が直接対応してくれる(事務所内の司法書士に任せない)
  • 過払い金請求の費用をしっかりと提示してくれる

債務整理の場合は、何度か弁護士と相談することもありますので、弁護士の選び方のポイントは6つになります。

債務整理における弁護士の選び方

  • 債務整理の実績を多数有している弁護士事務所である
  • 債務整理の実績が豊富な弁護士が多数在籍している
  • 債務整理の費用を事前に提示してくれる
  • 債務整理の相談は最低でも初回無料であること
  • 平日夜間・土日祝も営業している弁護士事務所である
  • 担当弁護士と相性がよく話しやすい

おすすめの弁護士事務所は弁護士法人東京ロータス法律事務所

過払い金請求や債務整理にはそれぞれ適した弁護士がおりますが、その中でも全ての項目を満たしているのが弁護士法人東京ロータス法律事務所です。

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、上記の項目を満たすだけでなく、初回の相談が何度でも無料であることや、着手金も報奨金も0円である非常に良心的な弁護士事務所となります。

そのため、過払い金請求を検討している人は、まず先に弁護士法人東京ロータス法律事務所に問い合わせを行うことを推奨します。

まとめ

銀行のカードローンは過払い金請求をすることができるのか?という疑問について解説を行いましたが、残念ながら銀行に対して過払い金請求は出来ません。

総量規制の対象外となる、銀行からの借り入れによって借金の返済が出来ない。という方は債務整理を検討しましょう。あなたがどの種類の債務整理を受けるかは弁護士と相談することをおすすめしますが、予備知識として以下の関連記事もご参照ください。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。