国民年金は会社員も加入してる?給与から天引きされているのは何?







会社員の人は毎月の給与から「厚生年金保険料」の名目で天引きがされていることだと思います。

一方、20歳から60歳までの人が必ず加入する必要がある「国民年金」は給与から天引きされていないことにも気がつくと思います。

あれ、強制加入なのに国民年金保険料を支払わなくて大丈夫なの?もしかして滞納してる?」と不安に感じる人に向けて会社員の人が加入する年金制度について解説を行いたいと思います。

日本の年金制度

日本国内に在住する20歳以上60歳未満のすべての人は年金に強制加入することになります。

そして、この年金には「国民年金」と「厚生年金」の2種類があり、被保険者(年金加入者)を第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者に分けて管理をしているのです。

名称加入する年金対象の方
第1号被保険者国民年金学生、フリーター、無職の人、自営業などの方
第2号被保険者厚生年金会社員や公務員など厚生年金に加入している方
第3号被保険者国民年金第2号被保険者の配偶者であり、扶養家族の方

上記の通り、いずれかに分類され管理していることになりますが、会社員の人は厚生年金に加入していることがお分かり頂けると思います。

ただ、冒頭でもお伝えしたように、「国民年金は全員が加入する年金ではないのか?」と疑問に感じる人も多いと思いますので、実際に会社員が加入している年金について詳しくお伝えしたいと思います。

会社員は2つの年金に加入している

日本の公的年金制度は2階建と言われております。

これは、20歳以上の全ての人が加入する国民年金を1階部分と呼び、会社員や公務員の人が国民年金に加えて加入する厚生年金が2階部分に例えられているためです。

そのため、会社員の人は国民年金と厚生年金の両方に加入していることが分かると思います。「でも年金保険料を支払っていない…」という方もご安心ください。

会社員の給与天引きには国民年金保険料も含まれている

毎月の給与から「厚生年金保険料」の名目で徴収されている保険料は、国民年金保険料も含まれた金額が徴収されているのです。

そのため、厚生年金に加入し保険料を納付している人は、同時に国民年金にも加入し保険料を支払っていることになりますので滞納扱いにはならないのです。

加えて、厚生年金保険料は、勤め先の企業と保険料を折半しているため、実際に納付している金額の倍を納めていることになります。詳しくは「厚生年金保険料の仕組みとは?31等級別の保険料と計算式を解説」をご参照ください。

会社員の人は将来国民年金と厚生年金の両方を受給できる

国民年金保険料も厚生年金保険料も同時に支払っている会社員は、当然ながら、老齢基礎年金と老齢厚生年金の両方を受給することが可能になります。

実際、「2018年最新|年金支給額の平均は国民年金5.5万円・厚生年金14.7万円」にて解説したように、国民年金のみに加入している人の年金受給額は平均5.5万円なのに対して厚生年金加入者の年金受給額は平均14.7万円と3倍近くの差があります。

国民年金の受給額は加入月数に比例しますが、厚生年金は現役時代の所得によって将来受け取れる老齢厚生年金の受給額がかわりますので、詳しくは「【給与金額別】厚生年金受給額の計算方法と早見表で支給額をチェック」をご参照ください。

まとめ

会社員が加入する年金制度について解説を行いました。

結論、会社員の人は厚生年金に加入しており、国民年金は厚生年金の中に含まれています。そのため、毎月給与から天引きされる保険料も国民年金分が含まれておりますので別で支払いが発生することはありません。

また、厚生年金加入者が家族の国民年金保険料を支払った場合は、納付額分を所得控除することが可能になりますので、詳しくは「国民年金は年末調整で控除可能!厚生年金加入者も対象になるって本当?」をご参照ください。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。