国民年金の加入手続きはどこで行う?必要なものは何?







20歳になると誰でも加入する必要がある国民年金ですが、実際にどのような手続きが必要になるかご存知でしょうか?

国民年金の加入手続きが必要な人は、端的言えば、厚生年金に加入していない20歳から60歳までの日本国民全員になります。従って、学生でも主婦でも自営業者でも厚生年金に加入していない人は国民年金に加入する必要があります。

そこで今回は、国民年金の加入手続きについて解説を行いたいと思います。

国民年金の加入手続きが必要な人

国民年金に加入する必要がある人は、20歳以上60歳未満で厚生年金に加入していない人が対象になります。従って、加入手続きが必要な人は以下に該当する人です。

国民年金の加入手続きが必要な人

  • 20歳になった人(第1号被保険者に該当)
  • 転職などにより厚生年金の資格を喪失した人(第1号被保険者に該当)
  • 結婚などにより厚生年金加入者の扶養となる場合(第3号被保険者に該当)

20歳になった人で既に厚生年金に加入している人は、国民年金の加入手続きは不要になります。また、学生の場合で「学生納付特例制度」を申請する人は保険料が猶予されることになります。詳しくは「学生の年金保険料が猶予される「学生納付特例制度」について徹底解説」をご参照ください。

第3号被保険者に該当する場合は、加入手続きを行えば国民年金保険料を納付せずとも国民年金に加入していることになりますのでしっかりと手続きを行いたいところです。詳しくは「第3号被保険者とは?条件・年金受給額・手続き・資格喪失など疑問を解説」をご参照ください。

上記の通り、国民年金の加入手続きとは、厳密に「第1号被保険者の加入手続き」と「第3号被保険者の加入手続き」になりますので、それぞれ詳しく解説を行いたいと思います。

第1号被保険者の加入手続き|申請先・必要書類・期限

まず、第1号被保険者の加入手続きから「申請先・必要書類・申請期限」についてお伝えしたいと思います。

項目詳細
期限退職日の翌日から14日以内
申請先居住地を管轄する市区役所または町村役場
必要書類年金手帳または基礎年金番号通知書

上記の通り、退職などによって厚生年金の資格を喪失した場合は、年金手帳または基礎年金番号通知書を持参し14日以内に居住地を管轄する市区町村役場にて手続きを行うことになります。

第3号被保険者の加入手続き|申請先・必要書類・期限

次に、第3号被保険者の加入手続きについても「申請先・必要書類・申請期限」をお伝えしたいと思います。

項目詳細
期限事実発生から5日以内
申請先第2号被保険者の勤務先
必要書類
  • 年金手帳
  • 健康保険被扶養者(異動)届
  • 収入要件確認書類
  • 退職証明証
  • 夫婦であることを証明する書類

結婚などによって第2号被保険者の扶養になる場合は、上記の必要書類を準備し5日以内に扶養者の勤務先に書類を提出することになります。その後、扶養者の勤め先を通じて日本年金機構に書類が提出されます。

国民年金の加入手続きが遅れた場合や忘れていた場合

国民年金の加入手続きには、「第1号被保険者・第3号被保険者」共に期限が設定されておりますが、万が一期限に遅れてしまった場合や手続きを忘れていた場合は罰則など発生してしまうのか?気になるところです。

実は、国民年金の加入手続きが遅れてしまった場合も大きな罰則などはないのですが、加入手続きが出来ていないと日本年金機構から「国民年金加入の届書」が送付されてきます。

国民年金加入の届書とは、年金記録が確認できない場合に送られてくる物になりますが、郵送されてくるまでには時間が掛かります。そして、国民年金加入の届書を受け取ったら、速やかに未納になっている年金保険料を一括で納める必要があるのです。

大きなデメリットとしては、納付出来ていなかった保険料をまとめて支払う必要がある。という点になりますので大きな支出となってしまうでしょう。

もし、経済的に国民年金保険料を納付することが難しい場合は「国民年金が免除になる年収の基準とは?世帯別に目安所得を解説」にて解説したように、保険料の免除や猶予の申請を行うようにしましょう。

国民年金の加入手続きは郵送でも申請可能

忙しくて国民年金の加入手続きを行う時間がない。」という人は、郵送でも対応をしてもらえます。そのため、必要書類を準備し申請を行うようにしましょう。

ただし、郵送先(部署等)を間違ってしまうと手続きに遅れが生じてしまう可能性もありますので、郵送前に管轄する市区町村役場に連絡を入れて送付先を確認するようにしましょう。

まとめ

国民年金の加入手続きについて解説を行いました。

第1号被保険者になる人は最寄りの市区町村役場にて加入手続きを行い、第3号被保険者になる人は扶養者の勤務先にて手続きを行うことになります。

手続きが遅れると未納になっている保険料をまとめて納付する必要がありますので、大きな支出とならないようにしっかりと加入手続きを行うようにしましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。