個人再生後はクレジットカードが使えないって本当?審査も通らない?







個人再生をした場合に、今まで使っていたクレジットカードは利用することができないのか?もし、クレジットカードが利用できなくなったら、再発行し新しいクレジットカードを契約することはできるのか?など疑問に感じることも多いでしょう。

そこで今回は、個人再生後にクレジットカードが利用できないのか?いつから作れるようになるのか?を解説したいと思います。

個人再生の基礎知識については「個人再生とは?メリット・デメリット・費用・手続きの流れを徹底解説」にて解説をしておりますのでご参照ください。

個人再生後はクレジットカードの利用ができなくなる

個人再生をすると、現在所持しているクレジットカードは使えなくなります。クレジットカードは、実質借金をしていることと同じなため個人再生をすると使えなくなる。という訳です。

また、注意したいのは、個人再生をしたクレジットカード会社で二度と契約することは出来なくなります。

個人再生をした場合は、個人信用情報機関とクレジットカード会社双方に事故情報が登録されることになるのですが、個人信用情報機関は時間の経過と共に登録情報が削除されます。

一方で、クレジットカード会社のデータベースに残りる続けることになりますので契約は出来なくなるという訳です。

クレジットカードのショッピング利用も個人再生の対象になる

先ほど、クレジットカードは、実質借金と同じである。とお伝えしましたが、そもそもクレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。

「キャッシング枠」は字のごとく、借入扱いになりますので、借金と同じです。一方で「ショッピング枠」は、カード会社にお金を立替してもらっている状態になりますので立替金扱いになります。

ただし、個人再生においては「キャッシング枠」も「ショッピング枠」も共に減額の対象となりますので、どちらか一方だけ個人再生をするということが出来ません。

個人再生の手続き開始に伴いクレジットカードは弁護士に預ける

個人再生の手続きにおいて弁護士と契約すると、現在所持しているクレジットカードは弁護士に預けることになります。

弁護士は、これまでどのような借入と返済を行ったのか調査する必要がありますので、事前に渡せるようにしておきましょう。

個人再生の手続きは「個人再生の手続きと流れとは?11の手順と必要書類を徹底解説」にて解説をおこないましたが、非常に複雑であることから弁護士に相談をする方が良いでしょう。

クレジットカードの借金のみを除外することはできない

上記の通り、個人再生をするとクレジットカードが利用出来なくなることから、クレジットカードの借金だけを個人再生から除外したい。と考える方も多いことでしょうが、残念ながらそれは出来ません。

そのため、個人再生をするとクレジットカードは基本的に使えなくなりますので、クレジットカード払いで公共料金などを支払っている場合は、支払い方法を変更しておく必要があるでしょう。

ちなみに、個人再生でも住宅ローンに関しては、除外できる制度もありますので、詳しくは「個人再生の住宅ローン特別条項とは?再建後はローンは組めるのか解説」をご参照ください。

借入をしていないクレジットカードも利用できなくなる

クレジットカードは1枚だけ保有している。というケースも少ないのではないでしょうか?中には、作っただけでまったく利用していないカードもあると思います。

個人再生は、借金の減額を行う手続きなので、借入をしていないクレジットカードであれば継続的に利用できるのではないか?と考えてしまいますが、こちらも利用は出来なくなります。

個人再生をすると個人信用情報機関に事故情報が登録されることになりますので、借入をしていないクレジットカードも信用情報を参照されてしまうと事故情報がすぐにバレてしまいます。

結果として、借入をしていないクレジットカードも利用出来なくなるということです。

弁護士相談後はクレジットカードを利用してはいけない

個人再生には、「債権者平等の原則」という考えがあります。これは、ある特定の債権者のみの借金を返済する行為を禁止しているのですが、適用されるのは、弁護士と個人再生の契約を締結した時点からとなります。

それ以降に、特定の債務だけを返済してしまうと、「債権者平等の原則」に違反してしまうことになり、後々裁判所などに細かく指摘されることもありますので注意してください。

基本的には、弁護士との契約後に一切の借金を返済しなければ大丈夫とご理解ください。もちろん、公共料金などの生活に必要支出に関しての支払いは問題ありません。

個人再生後はクレジットカードの審査が5年〜10年通らない

さて、個人再生をするとクレジットカードが使えないことは十分にご理解頂けたと思います。では、個人再生後に、いつからクレジットカードの審査が通るのか?と言うと、5年〜10年は必要になると思ってください。

これは、先ほどお伝えした個人信用情報機関に事故情報が登録されてから削除されるまでの機関が5年〜10年必要になるからです。事故情報があると基本的にはクレジットカードの審査に通過することは出来ないので、まずは事故情報が消えるまで待つしかありません。

また、事故情報が削除された後も、信用情報は白紙の状態であり、あなたの信用は0と言えます。そのため、携帯の分割払いなどから信用情報を蓄積することをおすすめします。

個人再生後でもクレジットカードが作れる場合

個人再生後も3年程度でクレジットカードの審査が通るケースもあります。クレジットカード会社の立場としては、貸したお金をしっかりと返してくれる人であれば、過去に個人再生をしていても問題ない。という実態もあります。

そのため、収入が一定以上あり社会的に安定しいている公務員や大企業の役職者などは、個人再生後も比較的早くクレジットカードが作れる場合があります。

とは言え、必ず審査に通るという訳ではありませんので、ケースバイケースと考えておきましょう。

個人再生をしたクレジットカード会社では絶対に審査が通らない

クレジットカードは、個人信用情報機関の事故情報が削除されれば審査が可能である。とお伝えしましたが、個人整理の対象としたクレジットカード会社に再度申し込みをしても審査に通過することが絶対にない。と言えます。

これは、個人信用情報機関に登録される事故情報とは別に、クレジットカード会社が独自に管理する自社のデータベースに事故情報が残り続けるからです。

従って、クレジットカードの申し込みを行うと自社のデータベースを参照されてしまい事故情報がバレてしまうということになりますので、個人再生をしていないカード会社で審査を出すようにしましょう。

まとめ

個人再生をするとクレジットカードを使用することは出来なくなります。そして、個人再生後は5年〜10年程度は、新規発行の審査は通過しないと考えてください。

また、個人再生は非常に手続きが複雑なので法律の知識がない方では、手続きを行うのも難しいと言えますので、弁護士に相談することをおすすめします。その際、「個人再生の費用はいくら?弁護士費用が払えない時は分割ができる」にて弁護士費用を比較しておりますので、1つの目安としてご活用ください。

そして、上記の費用面や実績面でおすすめな弁護士は弁護士法人東京ロータス法律事務所です。

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、全国に無料で出張を行い相談に応じてくれる点や平日も土日も夜間まで営業しているなど債務者を全力でサポートする体制が整っていると言えます。

そのため、現在借金問題で悩まれている人は”今すぐ”弁護士法人東京ロータス法律事務所に相談するべきと言えるでしょう。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。