任意整理の返済期間は3年?5年?7年返済が認められた事例も公開







任意整理の手続きが完了すると減額された借金を返済することになりますが、どの程度の返済期間を設けることができるのか?疑問に感じる方も多いでしょう。

一般的には3年が任意整理の返済期間とされること多いのですが、最大5年まで認められるケースもあります。

また、一部例外的に7年の返済期間が認められた事例もあるように任意整理の返済期間は、債務者と債権者の状況によって変動すると言えます。そこで今回は、任意整理の返済期間についてどのようなケースがあるのか解説をしたいと思います。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

任意整理の返済期間は原則3年〜5年

任意整理の返済期間は原則3年〜5年となります。基本的には3年で交渉を進めることが多いのですが、債務者が返済することが難しい場合は最大で5年の返済期間が認められる場合があります。

この背景には、任意整理が債務者と債権者による任意の交渉によって成立することが挙げられます。法的に拘束力がない任意整理は言うならば双方の合意させあれば3年でも5年でも返済期間を調整することが可能なのです。

債権者側も無理な交渉状況を押し付けて債務者が自己破産してはせっかく貸付した元金すら回収が出来ず、損失を出してしまう原因になりかねないことから柔軟に対応をしてくれることが一般的です。

任意整理の返済期間が3年となる場合

柔軟に対応をしてくれる。と言っても3年以上の返済期間を設けることが出来ない借金もあります。

例えば、携帯料金やプロバイダ料金で任意整理をする場合は、3年以上の返済期間を設定することはまず難しいと言えるでしょう。このように借金の内容によって任意整理の期間も変動することから、専門家である弁護士によく相談する方が良いと言えます。

任意整理の返済期間が5年となる場合

一方で、信販会社は長期分割返済を認めてくれるところが多いので、5年以内の返済であれば交渉に応じてくれるケースが多くなります。中には5年以上の返済期間を認めてもらえる場合もあります。

だからと言って、10年、20年と返済期間を伸ばしてくれ。というのは流石に無理がありますが、実際に7年の返済期間で和解した事例があるのでご紹介したいと思います。

任意整理の返済期間が7年で認められた事例

ご紹介したい事例は、債務者が「どうしても自力返済をしたい」という強い思いがあり、7年の返済を希望した事例です。債務者は7社から借り入れをしており、借金の総額は400万円、毎月の返済は16万円と途方も無い返済を長年続けていました

このような状態であったために、交渉が決裂した場合は自己破産をするしかない。という状況でしたが、それでも専門家は交渉に動くことにしたそうです。

結果として、で全ての債権者が7年の返済期間に合意したのです。毎月の返済金額は16万円から5.5万円に減額することが出来たのです。

最大でも5年と言われる任意整理の期間が7年に延長できたのはなぜか?その理由についても解説を行います。

5年以上の返済が認められるケースと認められないケース

今回の7年返済が認められた背景には、債務者が長年遅延なく返済を続けていたことが挙げられます。要は、債権者にとっても債務者は上顧客であり一定の信頼があった人物だったという特徴が挙げられます。

長年、借金の返済を続けていると言うことは債権者側も利息収入で非常に儲けることができた。という訳です。

その点が交渉を有利に進める要因となり各社が7年返済を認めてくれた訳です。そのため、数回しか返済していないような債務者である場合は、債権者が認めることは絶対にないでしょう。

更に言えば「任意整理ができないケースとは?債務者と債権者別に原因を解説」にて解説したように返済を数回しかしていないような債務者は任意整理すら出来ない可能性が高いと言えます。

任意整理後に繰り上げ返済はする必要なし

上記のように債権者側の善意によって借金の返済期間を延長することできた場合、少なからず恩義を感じることもあるでしょう、そこで、少しでも早く返済してあげようと繰り上げ返済を考える方もいるかもしれません。

もちろん、任意整理後に繰り上げ返済することは可能ですが、任意整理の交渉時に将来利息のカットが盛り込まれることが一般的ですので、繰り上げ返済をしても借金総額は変わりません。

そのため、無理に繰り上げ返済する必要はなく、余程の余裕が生まれた場合に検討するようにしましょう。

過払金請求で経営難の消費者金融が増加

ご紹介した事例は極めて稀なケースではありますが、5年以上の返済も債務者と債権者の交渉によって十分にあり得ると言えます。しかしながら、最近は過払金請求が一般化しており、消費者金融から払い過ぎた利息を取り戻す動きが活発化しております。

これによって、消費者金融の経営状態が悪化し倒産する会社が増えているのです。

このように、消費者金融自体の財務状況次第では、長期の返済に耐えられる体力がなく認められない場合も出てきます。特に規模が小さな消費者金融は経営も楽な状態ではありませんので認められないケースが多いと言えます。

まとめ

任意整理の返済期間は原則3年で長くても5年になります。

一方で、債務者が長年借金の返済を行なっており、債務者の善意が合わされば5年以上の返済期間を設定することも可能になります。このように任意整理は債務者と債権者の関係性が非常に重要であると言えます。

ただし、素人が債権者と交渉すると話が拗れる原因になりますので弁護士に依頼しましょう。その際、複数の弁護士に相談した方が良いのですが、まずは、弁護士法人東京ロータス法律事務所に問い合わせを行うことをおすすめします。

なぜ弁護士法人東京ロータス法律事務所がおすすめなの?

債務整理に強い弁護士の選び方の6つのポイントを網羅する弁護士法人東京ロータス法律事務所は非常におすすめの弁護士事務所となっております。

まず、契約するまでの相談は何度でも無料なので最初に相談を行い判断基準を設けた上で、他の弁護士法人とも話をします。その上で、再度相談しても無料なのでコスパが良いと言えます。(通常は初回の相談は無料ですが、2回目から30分5000円が相場になります。)

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、全国に無料で出張を行い相談に応じてくれる点や平日も土日も夜間まで営業しているなど債務者を全力でサポートする体制が整っていると言えます。

そのため、現在借金問題で悩まれている人は”今すぐ”弁護士法人東京ロータス法律事務所に相談するべきと言えるでしょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。