ロボアドバイザーとは?1から理解し使いこなすための全知識







老後の生活に向けて老後資金の準備を考える40代や50代や少しでも収入を増やしたい若手会社員まで「資産運用」は大きなテーマになるでしょう。

投資初心者の方は「とりあえず株を購入しよう」と考える方や「投資信託に任せてしまおう」と考える方まで様々ですが、今回はロボアドバイザーと呼ばれる最新のテクノロジーを活用した投資運用ツールをご紹介したいと思います。

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは、投資信託のファンドマネージャーに代わって、人工知能(AI)が世界中の膨大なデータを分析し運用まで行ってくれるツールです。これによって、投資初心者でも分散投資を軸に投資商品の最適な選択および運用が出来てしまう画期的なツールなのです。

少々胡散臭いなー。と思う方も多いと思いますし、新しい技術(IT)に不安を感じることもあると思いますが、ファンドラップに比べると手数料が安いことや人間では到底処理出来ない膨大なデータを解析及び運用ができるなどメリットが非常にあります。

そのため、これから紹介するロボアドバイザーの魅力を確認頂いた上で活用の判断をして頂ければと思います。

ロボアドバイザーがしてくれる全てのこと

それでは、ロボアドバイザーは何が出来るのか?という点を少し深堀したいと思いますが、ロボアドバイザーには投資商品のアドバイスのみを行う「投資アドバイス型」と運用やリバランスなど投資に関する業務を全て行ってくれる「投資一任型」の2種類があります。

初めてロボアドバイザーを活用する方はまるっと任せられる「投資一任型」がおすすめと言えるでしょう。投資一任型ができることを詳しくご紹介します。

ロボアドバイザーが出来ること

  • 投資の学習:人工知能が過去から現在の市場動向を解析し学習している。
  • 投資商品の選定:学習結果から投資家の目標利回りや期間から投資先を選定
  • 資産配分:分散投資を軸に選定した金融商品からポートフォリオを組み立てる
  • 運用・リバランス:ポートフォリオの資産を再配分し最適な運用を行ってくれる

ロボアドバイザーとファンドラップの違い

ロボアドバイザーとファンドラップの大きな違いとしては「誰が運用しているのか?」という点でしょう。ロボアドバイザーはそのままロボットが運用しており、ファンドラップはファンドマネージャーが運用しています。

ファンドラップは人が介在しますので相談をすることが出来ますが、手数料は高めの設定です。ロボアドバイザーは相談こそできませんが、手数料がファンドラップよりも安く、かつ同様の運用が出来るという点でコストを抑えたい方はロボアドバイザーが向いていると言えます。

ロボアドバイザーとファンドラップの違い

項目ロボアドバイザーファンドラップ
投資金額1万から30万円以上300万以上
手数料(年率・信託報酬込み)1~1.5%前後2~3%前後
投資対象ETFが中心投資信託のみ

ロボアドバイザーのメリット

上記のように、これまでファンドマネージャーや個人が対応していた業務をロボアドバイザーが代わって対応できることから投資家は全くの手間いらずで資産運用が出来てしまうというのが最大の魅力です。

また、ファンドマネージャー分の人件費などが発生しない分、手数料も1%が相場となっており非常にお得であるとも言えます。

加えて、投資選定をロボットが行ってくれることから「中立である」という点も注目です。金融機関に金融商品の相談を行うと一部では、取り扱い手数料が良い商品などがオススメされてるケースがあります。また、全商品を比較したアドバイスではないケースなどもありますので、ロボットだからこそ中立な資産運用を行えると言えます。

ロボアドバイザーのデメリット

万能そうに見えるロボアドバイザーですが、デメリットもあります。まず、手数料の1%が先ほどは安いとお伝えしましたが、投資初心者の方や運用している時間がない。という方がファンドラップを活用するよりは手数料が安いと捉えるようにしてください。

そのため、ご自身でしっかりと投資の勉強を行い、運用する時間もある方であれば(要はファンドラップを購入しなくても自分で運用できるという方)はロボアドバイザーの手数料が高く感じることもあるでしょう。

また、人工知能(AI)を活用しているから損失は出ないのか?という点では、資産運用である以上、リスクが伴い元本が減ってしまうこともあります。多くのロボアドバイザーは「リスク許容度」を設定することができますので、リスクを極力下げ長期間運用することで損失を出しづらくすることが可能です。

ただ、その分リターンも少なくなりますので、やはり、リスクとリターンバランスとなるでしょう。

投資一任型のロボアドバイザーサービスを比較

投資一任型のロボアドバイザーのサービスを比較してみましょう。比較項目は投資対象、手数料、最低投資金額、自動積立機能、自動節税機能の5項目を調査したいと思います。

ロボアドバイザーのサービス比較一覧表

ロボアド投資対象運用管理手数料最低投資金額自動積立機能自動節税機能
(年率・最大値・税別)
Wealth Navi(ウェルスナビ)米国上場ETF1%10万円毎月1万円から
WealthNavi for SBI証券米国上場ETF1%30万円毎月1万円から
WealthNavi for 住信SBIネット銀行米国上場ETF1%30万円毎月1万円から
THEO(テオ)海外ETF1%10万円毎月1万円から
MSV LIFE東証上場ETF0.648%1万円毎月1000円から
8 Now!米国上場ETF0.880%1万円
クロエ東証上場ETF0.880%1万円

ETFとは

ETF(上場投資信託)とは、Exchange Traded Fundの略語で証券取引所を通じて誰でも自由に売買ができる投資信託です。そのため、証券取引所が開いている時間であれば通常の株式と同様に売買できる手軽さが魅力と言えるでしょう。

また、ETF取引で発生するコストは、「信託報酬」と「売買手数料」に加えて海外のETFを取引をする場合は「為替手数料」も発生しますが、比較的手数料が安いというメリットもあります。

ロボアドバイザーの自動積立機能とは

ロボアドバイザーの一部には自動積立機能が備わっています。

この自動積立機能は、先行きが不安な昨今の状況に備え、毎月少額ずつ自動で積立を行ってくれる機能です。この自動積立機能のメリットは、リーマンショックなどの経済危機の時も定額を自動積立しておくことで回復時に大きな収益をもたらしてくれるというメリットがあります。

Wealth Navi(ウェルスナビ)の調査データを参照すると、リーマンショックの少し前から毎月500ドルの積立を行っていた場合2011年には23.5%の利回りを得ることができた。と発表している通り、毎月少額でも積立投資を行うことはメリットがありそうです。

自動節税機能とは

自動節税機能とは、資産運用において利益が出た時に課税されますが、その際に利益と損失を相殺することで過剰な税収を防止する機能のことです。WealthNavi(ウェルスナビ)のみが提供している機能で投資活動における節税対策まで考慮されている点は素晴らしいと言えるでしょう。

ロボアドバイザーはWealthNavi(ウェルスナビ)一択

上記のことからロボアドバイザーを初めて活用する場合は、WealthNavi(ウェルスナビ)の1択と考えても良いでしょう。他のロボアドバイザーは機能面でまだまだです。

ただ、WealthNavi(ウェルスナビ)のライバル企業でもあるTHEO(テオ)もロボアドバイザー領域の人気を二分する存在です。THEO(テオ)は自動節税機能はありませんが、米国だけでない海外のETFに投資ができますので提案できるポートフォリオが非常にたくさんあるという点が魅力です。

そこでWealthNaviとTHEOの運用実績を比較してみましょう。

WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)の運用実績

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績

まずは、WealthNavi(ウェルスナビ)で2016年1月から2017年7月の運用実績として100万円の預け入れ、毎月3万円の自動積立を行った場合でドル建ての運用実績はこちらですが、徐々に成果をあげていきリスク許容度の最大である「5」の場合23%も成長する結果となっています。

参照:Wealth Navi(ウェルスナビ)

THEO(テオ)の運用実績

一方、THEO(テオ)で2016年に100万円をロボアドバイザーに預け入れした50代の方は、2017年には13.4%のトータルリターンを得ることができています。この時期は日銀のマイナス金利政策やトランプ大統領の就任など市場に影響が受けるような出来事が短期間で集中した期間でもあります。それでも着実に運用益を積み増しできるのは、長期間運用を前提にしたポートフォリオで資産形成されている点があるでしょう。

参照:THEO(テオ)

WealthNavi(ウェルスナビ)もTHEO(テオ)も長期運用を基本としていますので継続して資産運用を続けることで着実にリターンが得られるようです。この点からまずは、機能が充実しているWealthNavi(ウェルスナビ)を契約し米国ETFに投資を行いながら、慣れてきたタイミングでTHEO(テオ)を契約するという順番でもよいかもしれません。

資産運用未経験者向けはTHEO(テオ)

THEO(テオ)を契約した方の約半数が投資未経験者であるようです。10万円から気軽に資産運用ができる点から未経験の方が集中したと考えられます。

一方で、WealthNavi(ウェルスナビ)を契約した方は何かしらの投資経験がある方が9割となっています。これは、サービス立ち上げ時の最低投資金額が100万円であったことにより、初心者の方では簡単に手が出せなかった。という背景もあるでしょう。

現在は最低投資額が10万円に引き下げられましたので初心者の方でも始めやすい設計になっています。

ロボアドバイザー契約の流れ

さて、ロボアドバイザーに興味を持って頂いた方に契約の流れをお伝えしたいと思います。今回は、一番おすすめのWealthNavi(ウェルスナビ)を元に契約手順をお伝えしますが、基本的にはどこも同じような流れとなります。

WealthNavi(ウェルスナビ)契約までの5つのSTEP

  • STEP1:WealthNavi(ウェスルナビ)にアクセス
  • STEP2:全6門の無料診断で自分に合った投資方法を決める
  • STEP3:メールアドレスを登録すると認証コードがメールで送られる
  • STEP4:認証コードとパスワード(任意)を入力しユーザー登録を行う
  • STEP5:本人確認(マイナンバーカードもしくは個人番号通知カード+運転免許証(パスポートも可)の提出が必要

まとめ

ロボアドバイザーについて解説を行いました。各社機能のアップデートが続いていますが、2018年2月時点では、WealthNavi(ウェルスナビ)をまず先に契約することが望ましいと考えられます。

銀行口座にお金を眠らせている方は、ロボアドバイザーに資産運用を任せるだけで、着実に資金が増えているということも期待できますので、まずは契約だけで済ませてみても良いかもしれません。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。