奨学金は個人再生できる?できない?保証人への影響を含め解説







奨学金は借入額が非常に高額であり返済に苦悩する人は後を絶ちません。学生時代に親の言われるがままに奨学金を受け取った人も少なくないでしょうが、実質、借金と同じですので必ず返済は必要になります。

とは言え、奨学金の返済に苦悩すると言っても毎月の返済額はおおよそ2万円〜3万円程度です。

毎月の返済額としては、決して返済が不能な額ではありませんが、そのような場合も個人再生をすることが出来るのか?また、個人再生した場合に保証人や連帯保証人にどのような影響を与えるのか?を解説したいと思います。

奨学金が個人再生できない場合

奨学金の返済に行き詰まり個人再生を検討している方でも、個人再生ができない場合があります。それは、奨学金以外の借金を抱えていない場合です。

個人再生は、返済不能となった債務者を救済する手続きになりますので、毎月2万円〜3万円程度の返済では個人再生が認められないケースがあります。

加えて、個人再生は安定した収入が確保出来ていないと手続きすることが出来ないため、収入が確保出来るならば2万円〜3万円程度の返済はできるだろう。ということになってしまうのです。

奨学金が個人再生できる場合

では、どのような場合に奨学金を個人再生できるのか?と言えば、奨学金以外にも借金を抱えている場合になります。

奨学金以外にも借金の返済が必要となり、安定した収入があったとしても返済することが出来ない。という方は個人再生をすることが可能になります。ただし、個人再生をしても返済が難しい場合や安定した収入が得られない方は個人再生することは出来ません。

このような場合は、自己破産をすることになってしまいますので、詳しくは「自己破産で奨学金の免除を受ける前に検討した3つのこと」をご参照ください。

奨学金を個人再生した場合の保証人や連帯保証人への影響

仮に、個人再生が出来るとしても保証人や連帯保証人への影響は注意が必要です。個人再生によって減額された借金は、保証人や連帯保証人へと請求されることになります。

保証人、連帯保証人への請求額は、「個人再生前の借金額ー個人再生後の主たる債務者の返済額=保証人や連帯保証人の返済額」によって算出することが可能ですが、以下で計算例を確認してみましょう。

保証人や連帯保証人の返済例

  • 個人再生前の借金額:300万円
  • 個人再生後の主たる債務者の返済額:100万円
  • 300万円ー100万円=200万円(保証人や連帯保証人の返済額)

上記の通り、個人再生する前の借金総額から主たる債務者が返済した額の残債を保証人や連帯保証人が支払うことになるです。

詳しくは「個人再生すると保証人や連帯保証人に迷惑がかかる?借金の支払いはいくら?」をご参照頂ければと思いますが、一括返済が必要など様々な影響を保証人与えてしまいます。

人的保証と機関保証の関係性

上記のように個人再生をすると保証人に迷惑がかかりますが、親や親族を保証人に設定する場合を人的保証と呼びます。人的保証の場合は家族に奨学金の請求がされてしまいますが、それを回避する方法が機関保証になります。

機関保証とは、人的保証の代わりに保証会社があなたの借金の保証人になってくれる制度です。

そのため、機関保証を選択された方が個人再生をした場合は、保証会社に借金の請求がされますので、家族に迷惑を掛けることなく個人再生をすることが可能になります。

奨学金の多くは保証人1名と連帯保証人1名が必要

ただし、一度人的保証で奨学金の借入をしてしまうと保証人が亡くなるまで保証人を変えることはできません。そして、多くの方は人的保証で奨学金の借入しているのが実態です。

その理由に、奨学金を借入する場合の多くは「日本学生機構」から借入することが多いことが挙げられます。日本学生機構の場合は、父または母から連帯保証人を1名、叔父や叔母から保証人を1名選任する必要があります。

保証人と言えば両親や親族がなるもの。という先入観や返済出来ないというリスクを軽く考えてしまい両親や親族が保証人なっているのです。

そのため、あなたが個人再生をしてしまうと両親だけでなく親戚まで迷惑をかけてしまうことになります。もちろん、自己破産も同様に親や親戚に迷惑をかけてしまいます。

それは困る…」という方は、奨学金以外に借金を抱えていることが前提にはなりますが任意整理するという方法もあります。

個人再生前に任意整理も検討すべき

任意整理とは、払い過ぎた金利の払い戻しや金利の引き直しによって借金の総額を減額させる手続きになります。

個人再生や自己破産とは異なり、裁判所が介在しないため手続きが用意であり国が発行する官報にも掲載されないなどデメリットが他の債務整理に比べ少ないという特徴があります。

任意整理の詳しい解説は「任意整理とは?メリット・デメリット・料金・手続きの流れを徹底解説」をご参照頂ければと思いますが重要なポイントは弁護士選びです。

任意整理は弁護士と債権者が交渉によって減額幅を決めることになりますので、実績豊富な弁護士に依頼しなければ借金が期待したよりも減額されない。という問題があります。

そのため、以下の弁護士選びのチェック項目を必ず満たしている弁護士に依頼するようにしましょう。

弁護士選びのチェック項目

  1. 任意整理の実績が豊富である
  2. 任意整理の経験を積んだ弁護士が多数在籍している
  3. 任意整理に関する費用が明確である
  4. 任意整理の相談が無料である
  5. 平日夜間や土日対応をしてくれる
  6. 担当弁護士と相性がよく話しやすい

上記の項目は、任意整理だけでなく個人再生や自己破産にも同様のことが言えますが、その際におすすめな弁護士事務所が弁護士法人東京ロータス法律事務所です。

上記の6つの項目を満たしていることはもちろんですが、弁護士法人東京ロータス法律事務所は、全国に無料で出張を行い相談に応じてくれる点や平日も土日も夜間まで営業しているなど債務者を全力でサポートする体制が整っていると言えます。

そのため、現在借金問題で悩まれている人は”今すぐ”弁護士法人東京ロータス法律事務所に相談するべきと言えるでしょう。

まとめ

奨学金を個人再生「できる場合」と「できない場合」について解説を行いました。

奨学金のみの場合は、個人再生ができないケースも多いことから返済が難しい場合は、減額や猶予制度を活用しても良いでしょう。

また、奨学金以外にも借金を多く抱えてしまった場合は、個人再生だけでなく自己破産すべきなのか?任意整理で済ますことができるのか?弁護士に相談することをおすすめします。

その場合は、債務整理の実績が豊富な弁護士法人東京ロータス法律事務所に相談してみましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。