自己破産による家族への影響とは?借金は家族にバレるか解説







自己破産をすると家族にどのような影響があるのか。自己破産を前に非常に気になるポイントではないでしょうか。また、自己破産を他人に知られたくないと普通の人であれば思うことでしょう。

家族であれば尚更のことです。

では、実際に自己破産をした時の家族への影響や家族にバレてしまうのか。今回は、このような自己破産を前にした不安について解説をしたいと思います。

自己破産による家族への影響とは?迷惑をかけるのか?

自己破産をすると家族の共々、全ての財産を失い露頭に迷う。そのような印象をお持ちの方も多いと思いますが、実は、自己破産は債務者本人にしか適用されませんので家族への影響はないのです。

なんだ、家族は無事なのか」とホッと一息をついたところで、実際に配偶者や子供に本当に影響はないのかそれぞれ解説をしたいと思います。

また、保証人や連帯保証人に家族がなっている場合は、多大な影響や迷惑を与えてしまいますので、その点も合わせて確認しましょう。

配偶者の財産への影響

配偶者である妻名義の財産があったとすると、その所有者は破産者の夫ではなく妻の財産となります。そのため、夫が自己破産をしても妻の財産には影響がないのです。

ただし、自宅や車が夫名義である場合は、自己破産によって全ての財産を処分し借金の返済に充てる必要があるため、妻も家や車を失うことになります。

そのため、妻の財産には影響はないものの、家庭には多大な影響や迷惑を与えることになります。

子供への影響

子供への影響も、破産者本人ではないので、普通に学校に通うことなどは出来ます。ただし、家や車を失うことに加え、学費が払えなくなり退学するしかない。という状態に追い込まれる可能性があります。

従って、配偶者である妻同様に当人の財産には影響はないものの、生活は一変してしまうと言えます。ただし、子供の場合は、低所得者向けに学費の免除や奨学金などもありますので、学校に通うこと自体は可能と言えます。

自己破産をする場合は、配偶者や子供への影響を十分に考慮する必要があります。

連帯保証人には借金が請求される

一点、上記のケースは配偶者などの家族が保証人や連帯保証人ではない場合に限られます。

保証人や連帯保証人の場合、主たる債務者が自己破産するとその借金の返済義務を追うことになります。そのため、配偶者である妻が連帯保証人になっている場合は、妻が夫の借金を返済する必要があります。

そして、その妻が借金の返済が出来ない場合は、妻も自己破産をする必要があります。保証人と連帯保証人の違いについては「自己破産と保証人の関係性とは?求償権の適用要件と時効を解説」をご参照ください。

自己破産は家族にバレる?

上記の通り、家族には少なからず影響することから自己破産の事実は確実にバレてしまうと言えるでしょう。そのため、自己破産前には必ず家族に相談することが必要です。

また、今回は配偶者を例に保証人となる非常に迷惑をかけてしまう。とお伝えしましたが、保証人になっている人が配偶者以外の家族(両親や兄弟)や家族以外の方である場合にも必ず自己破産をすることを事前に相談するようにしましょう。

加えて、自己破産において家族への影響を最小限にするために弁護士に相談することを忘れてはいけません。その際は、以下の弁護士選びのチェック項目が全て該当する弁護士事務所を選択するようにしましょう。

弁護士選びのチェック項目

  1. 自己破産の実績が豊富
  2. 自己破産や債務整理の経験豊富な弁護士が多数在籍している
  3. 自己破産に関する費用を事前に明示してくれる
  4. 自己破産の相談を無料で行なってくれる
  5. 平日の夜間や土日対応をしてくれる
  6. 担当弁護士が話しやすく対応が良い

基本的には上記の6つのチェックポイント全てが「YES」となる弁護士事務所を選択することが望ましいと言えますが、いくつもある弁護士事務所を1つ1つ回るのは非常に大変でしょう。

そこで最初に問い合わせして欲しいのが弁護士法人東京ロータス法律事務所です。

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、全国に無料で出張を行い相談に応じてくれる点や平日も土日も夜間まで営業しているなど債務者を全力でサポートする体制が整っていると言えます。

そのため、現在借金問題で悩まれている人は”今すぐ”弁護士法人東京ロータス法律事務所に相談するべきと言えるでしょう。

家族と一緒に再建計画を立てる

上記の通り、自己破産をすると家族への影響や迷惑をかけることは避けては通れないでしょう。そのため、しっかりと家族と相談し一緒に再建するための計画を立てた方が有益と言えます。

また、自宅や車など資産をどうしても手放したくない。という方は、借金を大幅に減額できる個人再生という債務整理も残されています。借金は免除になりませんが、任意整理よりも借金を大きく減額できますし、自宅や車は残すことが可能です。

債務整理には自己破産以外にも複数の選択がありますので、そのあたりも合わせて弁護士に相談することで最適なアドバイスをもらえることでしょう。

一人で悩まず、まずは弁護士法人東京ロータス法律事務所に相談をしてみましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。