自己破産をすると銀行口座が凍結?預金や給与は差し押さえされるの?







自己破産をする際に、銀行から借入をしている人は注意が必要です。

銀行の借金を自己破産してしまうと、対象の銀行口座が凍結されてしまいます。口座が凍結されると入金は出来ても出金は出来なくなりますのでお金が事実上使えなくなります。

そこで、今回は、自己破産した際に銀行口座が凍結されるケースとされないケースに加え、口座が凍結されてから解除されるまでの期間を解説したいと思います。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。

自己破産をすると銀行口座が凍結される

自己破産の手続きを開始すると借入をしている銀行に弁護士や司法書士から「介在通知書」を送付することになります。この介在通知書は債権者からの督促を停止させる素晴らしい効力があるのですが、銀行口座の話に限っては注意が必要です。

銀行に介在通知書が届くとその時点であなたの銀行口座は凍結されます。これによって発生する問題は3点です。

銀行口座の凍結で起きる問題

  1. 給与や年金の引き出しが出来ない
  2. 公共料金などの引き落としが出来ない
  3. 預金は借金の返済に充てられてしまう

銀行口座が凍結すると上記3点の問題が同時に発生することになりますので、日常生活を営むこと自体が難しくなると言えます。詳しく詳細を確認してみましょう。

給与や年金の引き出しが出来ない

給与や年金は基本的に銀行口座に振り込みがされると思いますが、銀行口座が凍結されると給与や年金の引き出し出来なくなります。そのため、日常生活すら営むことが出来なくなることから注意が必要です。

そこで、給与や年金の入金口座を借金を抱えた銀行とは別の銀行に変更する必要がありますが、企業によっては銀行口座が指定されている場合や変更までに2ヶ月〜3ヶ月程度時間がかかる場合などがあります。このような場合は、弁護士や司法書士と相談し介在通知の送付期日を調整するなど綿密に相談する必要があります。

自己破産は司法書士と弁護士にどちらに依頼すべき?業務の違いを解説」では、自己破産の実績が豊富な専門家を紹介しておりますので自分に合った専門家を見つけましょう。

公共料金などの引き落としが出来ない

公共料金の支払いなども注意してください。こちらも多くの方が口座引き落としを選択していると思いますが、銀行口座が凍結されれば引き落としも出来なくなります。

これによって、公共料金の支払いが出来ず、ガスや電気が止まってしまうなどの問題が発生します。そのため、こちらも介在通知が銀行に届く前に引き落とし口座を変更する必要があります。

ちなみに、自己破産すると特定の債権者のみに返済を行うことは「債権者平等の原則」に反する行為となり禁止されていますが、公共料金など生活する上でに必要な支出は支払いすることに制限はありませんので滞納しないようにしましょう。(年金や税金も同様です)

預金は借金の返済に充てられてしまう

自己破産をしても現金で99万円、預金口座で20万円までは保有することが可能になります。しかしながら、銀行口座が凍結されるとその時点で預けている預金が借金の返済に充てられてしまいます。

預金額と借金額の比率にもよりますが、預金全てが銀行の借金返済に利用されてしまい20万円の預金すら残せない。という問題が発生しないように、事前に自己破産すると銀行口座の預金額は全て引き出しを行い0円の状態にしておくべきです。

また、銀行は介在通知を受け取った以降に預金から借金の返済を行うことが出来ませんので、預金から借金の返済に充当されるのは1回のみとなります。

従って、介在通知を受け取った後に振り込みされた給料や年金に関しては借金の返済に充当されることはありません。

自己破産によって凍結された銀行口座はいつ解除される?

とは言え、すでに銀行口座が凍結されてしまいその凍結された銀行口座に給料や年金が入金されている。という方は、いつ銀行口座の凍結が解除されるのか期間を知りたいことでしょう。

基本的に銀行からの借金は全て保証会社が債務を保全しています。従って、あなたが自己破産をする場合は、保証会社があなたに代わって借金の立替えを行う行うことになり立替えが完了すれば銀行口座の凍結は解除されます。

おおよその期間としては、介在通知の送付から2ヶ月程度になり、銀行口座の凍結が解除されれば凍結期間中に振り込みされた給料や年金の引き出しを再開することが可能になります。

銀行口座の凍結に備えて行うべき3つ対策

銀行口座が凍結すると日常生活に大きな影響を与えることから事前の対策が重要になります。冒頭でも少しお伝えしましたが、改めて銀行口座の凍結に備えて行うべき対策をお伝えしたいと思います。

銀行口座の凍結に備えて行うべきこと

  1. 給与や年金などの入金口座を変更する
  2. 公共料金などの生活費の支払い口座を変更する
  3. 預金残高は0円にしておく

上記の3つの対策を行なっておけば、該当銀行の口座凍結自体はそこまで心配する必要はないでしょう。

ちなみに、自己破産手続き中などに新規で口座開設ができないのでは?と疑問に感じる人がいると思いますが、個人用の口座であれば借金をする訳ではないので自己破産手続き中でも問題なく銀行口座を新規開設することが可能になります。

自己破産において口座を隠すことは出来るのか?

最後に注意点をお伝えしたいと思います。自己破産をすると財産の多くは没収されてしまうことから財産を隠そうとする方が一定数存在しております。

このような場合に、お金を預けている口座を隠すことが出来るか?などの相談をよく聞きますが、ほぼ100%難しいと言えますので止めておく方が良いでしょう。

裁判所にバレてしまうと免責不許可となり借金が免除されなくなります。仮に財産を隠して自己破産が出来たとしても自己破産後にバレてしまうと破産詐欺罪として罰金や懲役に科せられることになります。

まとめ

自己破産をすると銀行口座は凍結されてしまいますので、事前に3つの対策を行うようにしてください。また、給与の振り込み口座の変更に時間がかかるような場合は、介在通知の送付日などを弁護士に相談する必要があります。

その際、実績が豊富な弁護士や司法書士であれば具体的なアドバイスが可能になりますので「自己破産は司法書士と弁護士にどちらに依頼すべき?業務の違いを解説」にて自分に合った専門家を見つけましょう。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。